ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

辛子明太子の漬け込み体験ができる!「博多はねや総本家」

2022年1月27日更新

「博多はねや総本家」は、博多の魅力がたっぷり詰まった観光施設です。福岡の特産品をそろえる売店や、地元の味を楽しめるレストランがあるほか、辛子明太子づくりの体験もできます。博多はねや総本家は、長く「福岡観光会館はかた」として親しまれていましたが、2015(平成27)年に、福岡空港や博多駅に程近い現在の場所に移転。名称も変えてリニューアルオープンし、現在は観光客の立ち寄り場所として定着しています。



福岡と言えば、辛子明太子。博多はねや総本家には、辛子明太子工房が併設されていて、そこで作られた商品を売店で直売しています。しかも工房では、製造工程を一部公開。訪れた人は、職人が手際よく辛子明太子や炙り明太子などを作っていく様子をガラス越しに見ることができます。



製造工程を見るだけではなく、辛子明太子を自分好みの味付けをする「辛子明太子道場」では、味の決め手となる漬け込み作業を体験(要予約)することができます。体験時間は30~40分。まず、師範から辛子明太子の歴史について教わった後、師範の説明にそって調合・配合していきます。2種類の唐辛子やアルコール類、柚子や昆布などを加えていきます。最後に漬け汁をそそぎ容器に入れ、ラベルを貼って完成です。ただ作ってからすぐ食べられるわけではなく、持ち帰った後、冷蔵庫で5日間熟成させる必要があるとのこと。料金は、135グラムのコースで一人2200円(20名以上の場合は1980円)です。オリジナル味の辛子明太子は、自分用の良いお土産になるでしょう!



売店には、さまざまな福岡名物が並んでいます。20種類を超える辛子明太子をはじめ、“ご飯の友”として知られる「梅の香ひじき」、とんこつ味の「八ちゃんラーメン」、地元の銘菓「博多の女」や博多人形など充実の品揃えを誇っています。





レストラン「旬菜あしき野」では、黒毛和牛を使ったメニューを中心に提供しています(完全予約制です)。

黒毛和牛陶板焼御膳



花かご膳



地元の名物が勢ぞろいしている「博多はねや総本店」。特に辛子明太子が好きな人に、オススメしたいスポットです。

詳細情報

名称 博多はねや総本家
住所 福岡県福岡市博多区月隈6丁目23番7号
電話 092-576-9010
営業時間 売店:午前10時~午後6時、旬菜あしき野(完全予約制):午前10時~午後8時30分
休館日 年中無休
駐車場 約40台
アクセス 九州自動車道大宰府ICから約15分
ホームページ http://hakatahaneya.com/index.html
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 不知火海の、海の幸料理をいただくならここ!オススメは、ぷりぷりの大きな足赤えびが2尾乗った『足赤えび天丼』か『足赤えびフライ重』。あなたはどっち派!?『芦北うたせ直売食堂 えび庵』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    不知火海の、海の幸料理をいただくならここ…

    九州西部の内海、不知火海(八代海)に面した熊本県芦北(あしきた)町。漁業が盛んで、300年の歴史を誇る伝統漁法『打瀬網漁(うたせあみりょう)』を行う「うたせ船」…

    2019.10.24更新

  • 古くて新しい!長崎の夏の風物。バラの花びらのような『ちりんちりんあいす』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    古くて新しい!長崎の夏の風物。バラの花び…

    長崎の観光スポットである「眼鏡橋」や「グラバー邸」などの近くで、移動販売車(屋台)を停めて販売している『ちりんちりんあいす』。口コミで伝わり、修学旅行生や観光客…

    2016.07.15更新

  • 天孫降臨(てんそんこうりん)の舞台を実体験!神秘的な峡谷をボートでたどり、天水の降り注ぐ様を見る『真名井(まない)の滝』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    天孫降臨(てんそんこうりん)の舞台を実体…

    宮崎県の北部に位置する高千穂町。大分県と熊本県の県境にある、この山深い町は、古事記・日本書紀にも記載されている天孫降臨(てんそんこうりん)の舞台としても知られ、…

    2018.06.12更新

  • 地元の野菜と有明海の海産物が購入できるほか、干潟で泥まみれになってガタ体験までできる!『道の駅 鹿島』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    地元の野菜と有明海の海産物が購入できるほ…

    潮の満ち引きの大きな有明海は、大潮の際の干潮時には約8,600ヘクタールにもおよぶ干潟が出現することで知られています。『道の駅鹿島』は、この日本最大の干潟(地…

    2017.04.12更新

  • 佐賀名物!外側はシャリシャリで中はしっとり柔らかい『小城羊羹』の伝統と技術を守り続ける『村岡総本舗』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    佐賀名物!外側はシャリシャリで中はしっと…

    江戸時代の鎖国中、唯一、海外に開かれていた長崎県の出島。そこから国内に入った砂糖は、佐賀県を経由して福岡県小倉市へ続く全長約220kmの『長崎街道』を通って運ば…

    2019.05.15更新

  • 小説『沈黙』の舞台の一つである長崎市外海地区に建ち、遠藤周作氏の生涯とその文学作品について世界に発信し続ける『長崎市 遠藤周作文学館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    小説『沈黙』の舞台の一つである長崎市外海…

    1955年半ばに発表した小説『白い人』で芥川賞を受賞し、文壇で脚光をあびた遠藤周作氏[1923年(大正12)年3月27日~1996年(平成8)年9月29日]。作…

    2018.04.13更新

< 前のページへ戻る