ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

八千代座(やちよざ)

2016年4月3日更新

八千代座は、明治43年に建築された、江戸時代から伝わる芝居小屋の様式を今に伝える貴重な建物・空間です。当時、1株30円の株を募り、「旦那衆」と呼ばれた山鹿地域の実業家たちがこれに応えて建築資金としました。工事監督をしたのは、回船問屋の主人で灯籠師でもあった木村亀太郎で、建築には素人でしたが、東京の歌舞伎座や各地の芝居小屋を見学、上海で洋式工法の長所も取り入れ、八千代座を完成させました。江戸時代の古典的様式の中にドイツ製のレールを使った廻り舞台を実現させるなど、和洋・新旧が折衷した充実した芝居小屋となり、明治後期から大正・昭和にかけて、多くの芝居役者・芸人がその舞台に上がりました。

しかし、昭和40年代になり、娯楽の多様化とともに八千代座は人気を失い、閉鎖状態となってしまいましが、その華やかだった過去を知るお年寄りたちが発起し、老人会が「瓦一枚運動」で募金を募り、屋根瓦を修復。それに地域の人たちが刺激されて復興運動を行い修復されると、1988(昭和63)年に国指定重要文化財となりました。1990(平成2)年から市民の手づくりで行われた「坂東玉三郎舞踊公演」は、明治の風情を宿す芝居小屋で、当代の人気役者が舞う華麗な舞台が話題となり、八千代座の名を全国に広めることになりました。1996(平成8)年より平成の大修復・復原が始まり、2001(平成13)年に完了しました。

八千代座管理資料館『夢小蔵(ゆめこぐら)』
八千代座の斜め向かいに、白壁土蔵造りの資料館があります。元々は住宅兼倉庫として明治20年に建てられたものを再利用し、二階建ての建物の中に、切れない刀や槍、鉄砲、履き物、お面など、八千代座の歴史を物語る資料やユニークな小道具を展示しています。

 

外観正面西から

DSC_5515

内観舞台から2.74M

詳細情報

名称 八千代座(やちよざ)
住所 熊本県山鹿市山鹿1499
電話番号 0968-44-4004
開館時間 午前9時~午後6時
※最終入館受付は午後5時30分
※八千代座公演中で、見学できない場合があります。事前にお問い合わせください。
休館日 毎月第2水曜日、12月29日~1月1日
見学料金 八千代座及び夢小蔵資料館見学料
一般1人520円、小学生・中学生260円
一般団体(15人以上) 420円、小学生・中学生団体(15人以上)210円
※料金はすべて税込
※一般=小学生中学生以外で、満15歳以上の者
ホームページ http://www.yachiyoza.com/
その他 アクセス 菊水ICから約15分

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • とにかく新鮮!絶品!「呼子(よぶこ)のイカ」

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    とにかく新鮮!絶品!「呼子(よぶこ)のイ…

    九州の北西部、東松浦半島の先に位置する港町が呼子(よぶこ)です。沖に位置する加部島(かべしま)が玄界灘の荒波から港を守り、以前から天然の良港として栄えてきました…

    2016.06.14更新

  • 今や全国標準となった大分の郷土料理『とり天』。その発祥の店で本家とり天を食べよう!『レストラン東洋軒』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    今や全国標準となった大分の郷土料理『とり…

    大分の郷土料理といえば『とり天』。今や、「大分の…」ということを忘れてしまうくらい全国に広まり、すっかり日本の味として食されています。『とり天』は、下味をつけた…

    2018.07.13更新

  • 不知火海の、海の幸料理をいただくならここ!オススメは、ぷりぷりの大きな足赤えびが2尾乗った『足赤えび天丼』か『足赤えびフライ重』。あなたはどっち派!?『芦北うたせ直売食堂 えび庵』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    不知火海の、海の幸料理をいただくならここ…

    九州西部の内海、不知火海(八代海)に面した熊本県芦北(あしきた)町。漁業が盛んで、300年の歴史を誇る伝統漁法『打瀬網漁(うたせあみりょう)』を行う「うたせ船」…

    2019.10.24更新

  • 誰もが小さな鉄道マニアの気持ちになれる!『人吉鉄道ミュージアムMOZOCAステーション868』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    誰もが小さな鉄道マニアの気持ちになれる!…

    熊本県人吉市は、熊本市から南に約70kmの距離にあり、熊本県の最南部になります。九州山地に囲まれた人吉盆地で、球磨川沿いの温泉と川下りが有名です。市内の中心部に…

    2017.09.12更新

  • 江戸時代初期から続く有田焼『柿右衛門』の歴史を間近に見ることができる『柿右衛門古陶磁参考館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    江戸時代初期から続く有田焼『柿右衛門』の…

    佐賀県有田町は、『有田焼』の産地として知られています。生産が始まったのは、17世紀初期。朝鮮出身の陶工、李参平(りさんぺい)が有田の泉山(いずみやま、現在は史跡…

    2020.06.23更新

  • 宮崎県に行くなら寄ってみよう!カツオ、マグロ、イセエビ、そしてブランド魚『めいつ美々鯵(びびあじ)』など絶品の魚を味わい、購入できる!『港の駅めいつ』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    宮崎県に行くなら寄ってみよう!カツオ、マ…

    漁師町として古い歴史を持つ、宮崎県の目井津(めいつ)。西暦1500年代にカツオ漁を始め、現在も一年を通して目井津港に味の良い多種類の魚類が水揚げされています。…

    2020.04.23更新

< 前のページへ戻る