ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

タルタルソースがかかったチキン南蛮の元祖はここ!「味のおぐらチェーン おぐら本店・瀬頭店」

2023年4月11日更新

「チキン南蛮」といえば、今では宮崎県を代表する料理として全国に知られる存在です。そのチキン南蛮の始まりは、延岡市の洋食店「ロンドン」で作られた賄い料理「鶏から揚げ甘酢漬け」だと言われています。今では、チキン南蛮はタルタルソースがかかったものというイメージがありますが、当時の賄いは甘酢ダレのみで味付けされていました。今も、宮崎県内には、タルタルソースを使わずにチキン南蛮を提供するお店があります。



チキン南蛮にタルタルソースを合わせることを考案したのは、宮崎市にあるファミリーレストラン「味のおぐらチェーン」の創業者・甲斐義光さんです。甲斐さんは、チキン南蛮発祥店とされる「ロンドン」で働いた経験の持ち主。そこで知った、鶏から揚げの甘酢漬けをベースに新しいメニューを開発しようと試行錯誤した結果、タルタルソースのアイデアを思いつき、1959(昭和34)年、自身の店で今のスタイルのチキン南蛮の提供を始めました。

「味のおぐらチェーン」の創業者・甲斐義光さん



 

おぐら本店



現在、宮崎市内では「味のおぐらチェーン おぐら本店」と「おぐら瀬頭(せがしら)店」の2店が営業しています。

おぐら本店は宮崎市街にあり、宮崎駅(西口)から徒歩で15分ほどの路地に「昭和の洋食屋さん」のたたずまいで営業しています。

クルマで出かけて利用しやすいのは、駐車場のある瀬頭店でしょう。

おぐら瀬頭店

おぐら瀬頭店



両店の看板メニューは、もちろん、「おぐらのチキン南蛮」(ライス付、1200円、税込、以下同様)。揚げた鶏のむね肉に甘酢が絡められ、そこにタルタルソースがたっぷり掛かっています。自家製甘酢は、酢にタマネギやショウガ、ニンニクを加え、さらに砂糖を加えた濃い味が特徴。タルタルソースも、独自の製法で毎日手作りしています。



「おぐら本店」「おぐら瀬頭店」とも、チキン南蛮のほか、カレーライスやトンカツなどメニューは豊富。それぞれの店の限定メニューとしては、瀬頭店にはチキン南蛮・エビフライ・ハンバーグがセットになった「ランチ」(ライス付、1500円 ※名称は「ランチ」でも昼・夜問わず提供)や隠れた人気メニュー「チャンポン」(900円)、本店にはチキン南蛮とハンバーグが半分ずつ味わえる「ビジネスセット」(1200円)があります。

ランチ



ちゃんぽん



宮崎に旅したならば、タルタルソースがかかったあのチキン南蛮のルーツのお店を訪ね、元祖の味を堪能しようではありませんか!

詳細情報

名称 おぐら本店
住所 宮崎県宮崎市橘通東3丁目4-24
電話 0985-22-2296
営業時間 〈昼の部〉午前11時~午後3時(LO:午後2時30分)、〈夜の部〉午後5時~午後8時30分(LO:午後7時50分) ※食材が無くなり次第終了
休店日 12/31、1/1
駐車場 なし(近隣の有料駐車場を利用)
アクセス 宮崎道宮崎ICから約15分
ホームページ (両店共通)https://www.ogurachain.com/index.html 
(twitter)@ogura_nanban お知らせ等はこちらで発信しています
(facebook)https://ja-jp.facebook.com/nanban1ogura/
名称 おぐら瀬頭店
住所 宮崎県宮崎市瀬頭2丁目2-23
電話 0985-23-5301
営業時間 午前11時~午後9時(LO:午後8時) ※材料が無くなり次第終了
休店日 不定休
駐車場 35台
アクセス 宮崎道宮崎ICから約12~13分
駐車場 35台
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 多くの温泉ファンを集める霧島温泉郷をドライブするなら、物産販売所・食事処・観光案内所と足湯までもがあるここが便利!『霧島温泉市場』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    多くの温泉ファンを集める霧島温泉郷をドラ…

    鹿児島県霧島連峰に点在する、大小9つの温泉からなる霧島温泉郷。豊富な湯量と多種多様な泉質が、温泉好きの旅行客に人気です。この霧島温泉郷を訪ねるにあたって、旅の…

    2019.10.10更新

  • リニューアルして大型遊具や水遊び場などを備え、特産品加工直売センター にはトロピカルフルーツや手づくりジャムなどが並ぶ、沖縄本島の東海岸唯一の道の駅…『道の駅「ぎのざ」』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    リニューアルして大型遊具や水遊び場などを…

    沖縄本島の東海岸に位置する唯一の道の駅が、『道の駅「ぎのざ」』です。2018(平成30)年4月に大規模なリニューアルが行われ、より楽しめる場所になりました。リ…

    2019.02.26更新

  • 世界にひとつ! オリジナルの琉球ガラスアイテムが作れる体験工房もある『琉球ガラス村』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    世界にひとつ! オリジナルの琉球ガラスア…

    無数の気泡が入った肉厚なフォルムと、色とりどりのカラーリングが魅力の琉球ガラス。工業製品のガラス器とはまた違った不思議な存在感があります。沖縄での吹きガラス製…

    2016.11.14更新

  • 江戸時代初期から続く有田焼『柿右衛門』の歴史を間近に見ることができる『柿右衛門古陶磁参考館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    江戸時代初期から続く有田焼『柿右衛門』の…

    佐賀県有田町は、『有田焼』の産地として知られています。生産が始まったのは、17世紀初期。朝鮮出身の陶工、李参平(りさんぺい)が有田の泉山(いずみやま、現在は史跡…

    2020.06.23更新

  • 沖縄・今帰仁村(なきじんそん)のビーチに建つ、全席オーシャンビューのカフェ。ランチはカジュアルながら満足度は高く、ディナーは星空の下でさざ波の音を聞きながら琉球モダンフレンチに舌鼓!『On the Beach CAFE(オン ザ ビーチ カフェ)』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    沖縄・今帰仁村(なきじんそん)のビーチに…

    沖縄にはたくさんの魅力がありますが、やはり一番に思い浮かぶのは、青く美しい海。沖縄を訪れたら、できるだけ海を近くで感じ、浸りたいと思う人も多いのではないでしょう…

    2019.06.11更新

  • 今や全国標準となった大分の郷土料理『とり天』。その発祥の店で本家とり天を食べよう!『レストラン東洋軒』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    今や全国標準となった大分の郷土料理『とり…

    大分の郷土料理といえば『とり天』。今や、「大分の…」ということを忘れてしまうくらい全国に広まり、すっかり日本の味として食されています。『とり天』は、下味をつけた…

    2018.07.13更新

< 前のページへ戻る