ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

長崎が誇る2大料理と言えばちゃんぽんと皿うどん。食べるなら元祖の味がオススメ!『中華料理 四海樓』

2019年12月19日更新

長崎県の名物料理と言えば、ちゃんぽんと皿うどん。長崎市内には、ちゃんぽんなどを提供する飲食店が1000件以上あると言われています。

ちゃんぽんには、小麦粉に『唐灰汁(とうあく)』(※かん水の一つ。主成分は炭酸ナトリウム)を加えて捏ねた長崎特有の太麺を使用。イカなどの魚介類やかまぼこ・豚肉、野菜具材をラードで炒めたものを、豚骨と鶏ガラのスープで太麺とともに煮込んで作ります。皿うどんは、油で揚げてパリパリにした細麺、あるいはちゃんぽん同様の太麺を使用。麺の上に、ちゃんぽん同様の具材を少量のスープで調理してかけます。

四海楼「ちゃんぽん」



長崎を代表する、この2大料理の発祥店は、1899年(明治32年)創業の『中華料理 四海樓(しかいろう)』。創業者である中国出身の陳平順(ちんへいじゅん)氏が、支那饂飩(しなうどん)をアレンジしてちゃんぽんを生み出しました。中国から長崎にわたり、苦労している華僑や留学生の食生活を支えたいとの思いが考案のきっかけでしたが、安くておいしく栄養のあるちゃんぽんは、様々な人から支持され、広く知られるように。その後、ちゃんぽんのバリエーションの一つとして皿うどんも考案。『四海樓』は、多くの著名人が遠方から訪れる名店に成長していきました。

陳平順(ちんへいじゅん)



(明治・大正期)



長崎の名所・グラバー園の近くにある『四海樓』は、5階建て。創業100年となる2000年(平成12年)に新築され、威風堂々とした外観が目を引きます。



1階は、名店街。ちゃんぽん、皿うどんをはじめ、お土産にぴったりな長崎の特産品や銘菓などを販売しています。営業時間は、午前10時~午後6時です。

2階は、『ちゃんぽんミュージアム』。様々な展示品が、『四海樓』の歴史を伝えています。見学は無料。公開時間は、午前11時30分~午後8時です。

ちゃんぽんミュージアム



3階・4階は、予約専用の部屋。約8名~90名で利用できます。

5階は、人気の『展望レストラン』。ガラス張りの店内から長崎湾や遊佐山を眺めつつ、ちゃんぽんなどを味わえます。

5F レストラン



『四海樓』の“元祖”ちゃんぽん……彩りに錦糸卵が載った姿はなんとも上品。食べてみると、シコシコした麺に、たっぷりの野菜・エビやイカの魚介類・そして豚肉を、上品でまろやかなスープが包んだ滋味あふれる逸品です。

そして、もう一つの“元祖”皿うどん。『四海樓』では太麺を使用。ちゃんぽん同様の具材と麺は、濃厚なスープで味付けされており、間違いなくクセになる味です。さらにパンチを効かせたい人は、卓上に用意されたウスターソースをかけていただくのが長崎流です。

皿うどん(太麺)



ちなみに、パリパリした細麺にとろみをつけた餡をかけた料理は炒麺(チャーメン)としてメニューにあります。こちらはこちらで美味しいので、食べ比べてはいかがでしょう。

皿うどん(細麺)



人気店の上、展望レストランは予約不可なため、特に観光シーズンは行列ができることを覚悟の上で、時間に余裕を持って訪れることをお勧めします。

詳細情報

名称 中華料理 四海樓
住所 長崎県長崎市松が枝町4-5
電話 095-822-1296
営業時間 【レストラン】午前11時30分~午後3時・午後5時~午後9時(ラストオーダー午後8時)
定休日 12月30~1月1日 ※その他、不定休あり
アクセス ながさき出島道路出口より2分
駐車場 なし
ホームページ http://shikairou.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 維新体感ホールのドラマ2本は必見!『西郷どん』はじめ明治維新の偉人・英雄たちを輩出した鹿児島市加治屋町にある『鹿児島市維新ふるさと館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    維新体感ホールのドラマ2本は必見!『西郷…

    鹿児島県鹿児島市加治屋町は、明治維新および明治時代の新体制において活躍した薩摩藩関係者の多くを輩出しています。代表的な出身者は、維新の三傑といわれる西郷隆盛・大…

    2018.04.25更新

  • これはうまい!大分市吉野に伝わる鶏肉とゴボウを使った炊き込みご飯「吉野鶏めし」

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    これはうまい!大分市吉野に伝わる鶏肉とゴ…

    大分市吉野地区に300年以上前から伝わる郷土料理「吉野鶏めし」。醤油・砂糖・酒で煮込んだ鶏肉とゴボウを使った炊き込みご飯で、もともと来客へのもてなしや、お祭りな…

    2021.07.13更新

  • 今や全国標準となった大分の郷土料理『とり天』。その発祥の店で本家とり天を食べよう!『レストラン東洋軒』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    今や全国標準となった大分の郷土料理『とり…

    大分の郷土料理といえば『とり天』。今や、「大分の…」ということを忘れてしまうくらい全国に広まり、すっかり日本の味として食されています。『とり天』は、下味をつけた…

    2018.07.13更新

  • 沖縄の代表的B級グルメ「タコライス」を食べるなら“元祖の味”を今に伝える「キングタコス金武本店」

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    沖縄の代表的B級グルメ「タコライス」を食…

    沖縄で誕生し、全国に広がった「タコライス」。メキシコ料理のタコスの具をご飯の上に乗せたメニューで、名称は「タコス」と「ライス」を合わせた造語です。メインの具材は…

    2022.05.26更新

  • 沖縄・今帰仁村(なきじんそん)のビーチに建つ、全席オーシャンビューのカフェ。ランチはカジュアルながら満足度は高く、ディナーは星空の下でさざ波の音を聞きながら琉球モダンフレンチに舌鼓!『On the Beach CAFE(オン ザ ビーチ カフェ)』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    沖縄・今帰仁村(なきじんそん)のビーチに…

    沖縄にはたくさんの魅力がありますが、やはり一番に思い浮かぶのは、青く美しい海。沖縄を訪れたら、できるだけ海を近くで感じ、浸りたいと思う人も多いのではないでしょう…

    2019.06.11更新

  • うず潮が見られるレクレーショナルな公園「長崎県立西海橋公園」

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    うず潮が見られるレクレーショナルな公園「…

    長崎県佐世保市と西海市を結ぶアーチ橋「西海橋(さいかいばし)」と「新西海橋」。「長崎県立西海橋公園」は、この2つの橋のたもとに広がる総面積36.8ヘクタールもの…

    2023.02.27更新

< 前のページへ戻る