ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

日本近代の教育・思想・経済に大きな足跡を残した偉人の精神にふれてみよう『福澤諭吉旧居・福澤記念館』

2016年12月15日更新

大分県の中津城から歩いて5分ほどのところに、福澤諭吉旧居と福澤記念館があります。明治の偉人福沢諭吉は中津藩士です。生まれたのは大坂の中津藩蔵屋敷ですが、父百助と死別後、母子6人で中津藩に帰藩し少年時代を過ごしました。

福澤諭吉旧居は諭吉が長崎に遊学するまでの幼少青年期を過ごした木造茅葺きの旧家(史跡)と、自ら改造し勉学に励んだ庭の土蔵が公開されています。

福沢諭吉記念館

旧居正面
隣接する福澤記念館には『学問ノスゝメ』の版本や、諭吉の書・手紙・写真などのほか、父・百助の書や関係する人々の資料など数多くの遺品、また新旧の一万円札の1号券(A000001B)などが展示されており、諭吉の人生やゆかりの品、彼を取り巻く人たち、日本の歴史などに触れることができます。

記念館1階フロア
今日の文明国の土台を築いた福澤諭吉は、偉大な教育者であり、思想家です。諭吉の精神は、今なおこの国の社会・経済のあり方の中に、脈々と受け継がれています。福澤諭吉旧居・福澤記念館を訪れて、諭吉の精神とその生涯、そして諭吉がずっと愛し続けた中津の歴史と文化を、ひもといてみてはいかがでしょうか。

福澤諭吉像

写真提供:(公財)福沢諭吉旧邸保存会

詳細情報

名称 公益財団法人 福澤旧邸保存会
福澤諭吉旧居・福澤記念館
住所 大分県中津市留守居町586
電話 0979-25-0063
開館時間 :00~17:00(入館受付16:30まで)
休館日 12/31
入館料金 高校生以上 400円
中学生以下 200円
中津城との共通券   
高校生以上 600円
中学生以下 300円
アクセス 中津駅から徒歩15分
ホームページ http://fukuzawakyukyo.com/index.html
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • いちごの王様『あまおう』の完熟大粒をお腹いっぱい味わおう!福岡県筑前町にある九州最大規模のいちご園『らいおん果実園』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    いちごの王様『あまおう』の完熟大粒をお腹…

    赤くてつやのある大粒な実で、糖度が高い『あまおう』は、全国のさまざまないちごブランドの中でも一二をあらそう人気を誇っています。このあまおうは、福岡県農業総合試験…

    2017.12.26更新

  • 地元の野菜と有明海の海産物が購入できるほか、干潟で泥まみれになってガタ体験までできる!『道の駅 鹿島』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    地元の野菜と有明海の海産物が購入できるほ…

    潮の満ち引きの大きな有明海は、大潮の際の干潮時には約8,600ヘクタールにもおよぶ干潟が出現することで知られています。『道の駅鹿島』は、この日本最大の干潟(地…

    2017.04.12更新

  • 地元のよかもん”が大集合!地産地消の食にこだわった『道の駅 えびの』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    地元のよかもん”が大集合!地産地消の食に…

    南九州有数の観光地であるえびの市。市の南部には霧島山やえびの高原があり、霧島錦江湾国立公園に指定されています。北部は矢岳高原があり、中央には加久藤(かくとう)盆…

    2017.05.15更新

  • やみつきになる!『門司港焼きカレー』を、レトロモダンな『三井倶楽部』で食す

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    やみつきになる!『門司港焼きカレー』を、…

    ご飯の上にカレーとチーズをのせ、オーブンで焼いた「門司港焼きカレー」は、ドリアの食感とカレーの香ばしさが調和した人気のご当地グルメです。その発祥は、昭和30年代…

    2016.08.19更新

  • 13種の温泉が楽しめる! 阿蘇の自然に囲まれた『黒川温泉』で、贅沢露天風呂巡り

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    13種の温泉が楽しめる! 阿蘇の自然に囲…

    熊本県阿蘇郡南小国町にある黒川温泉は、2009年版ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで、温泉地としては異例の二つ星で掲載されたこともある全国屈指の人気温泉地。…

    2016.11.14更新

  • 今や全国標準となった大分の郷土料理『とり天』。その発祥の店で本家とり天を食べよう!『レストラン東洋軒』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    今や全国標準となった大分の郷土料理『とり…

    大分の郷土料理といえば『とり天』。今や、「大分の…」ということを忘れてしまうくらい全国に広まり、すっかり日本の味として食されています。『とり天』は、下味をつけた…

    2018.07.13更新

< 前のページへ戻る