ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

甲信越(山梨、長野、新潟)

1648年創業の『御本陳 藤屋』が2006年にリニューアル。大正モダニズムの薫るレストランでの食事は長野の旅の1コマとして欠かせない!『THE FUJIYA GOHONJIN(ザ フジヤゴホンジン)』

2019年4月23日更新

『THE FUJIYA GOHONJIN』の前身は、1648年創業の『御本陳 藤屋旅館』。『本陳』(一般的な表記は『本陣』)とは、大名など身分の高い人が宿泊する旅館のことで、『藤屋』は、加賀百万石・前田家藩主の参勤交代時の常宿でした。近代になってからは、伊藤博文や福沢諭吉、高村光雲など、各時代において各界の名士たちが宿泊したことで知られています。

フジヤゴホンジン 1_gaikan

1925(大正14)年、宮大工・師田庄左衛門により、外観はアール・デコ様式、内部は木造の数寄屋造りという、和と洋が調和した建物に改築。1997年(平成9年)には、国の登録有形文化財となりました。

フジヤゴホンジン 7_lobby
2006(平成18)年、『御本陳 藤屋旅館』を『THE FUJIYA GOHONJIN』へと改称すると共に、旅館業からレストラン&ウエディング業へと業態を転換。現在は、経営理念『不易流行(ふえきりゅうこう)』に基づき、変わらないもの(不易)を大切にしながら、変化するもの(流行)を取り入れていく姿勢で事業を展開しています。

ラウンジ

ラウンジ



フジヤゴホンジン 7_bar
『ザ・メインダイニング ウィステリア』では、長い歴史を感じさせるモダンな空間でランチやディナーを味わうことができます。ランチメニューは、『パスタランチ』(1500円、税込、以下同様)、『メインプレートランチ』(1800円)、『シェフズランチ』(2400円)、『ステーキランチ』(3900円)の4種類。ディナーは、アラカルトのほか、『平日限定ウィークデーコース』(4300円)や、『ウィステリア ディナーコース』(6000円)が用意されています。ランチもディナーも人気が高いため、事前予約することをおすすめします。

フジヤゴホンジン 3_dining

フジヤゴホンジン 4_course
『ラウンジカフェ』では、美しい庭園を眺めながら気軽にお茶を楽しむことができます。キャラメルソースとバニラアイスを添えた『藤屋りんごパイ』(800円)や、『あまおうとアールグレイのタルト』(900円)、『自家製ティラミス』(600円)などのカフェデザートがあり、ドリンクセット(1000円~)や紅茶セット(1100円~)でもオーダーできます。ドリンクメニューも、コーヒーをはじめ、オリジナルブレンドティー、自家製レモネードなど豊富です。その他、時間限定(午後2時~4時30分)でワッフルを提供。『自家製いちごアイスとフレッシュストロベリーとラズベリーソースのワッフル』(600円)など好きなワッフルとドリンクを一つ選べるワッフルセット(1000円~)もあります。

フジヤゴホンジン 5_cafe

キャラメルバナナタルト

キャラメルバナナタルト



フジヤゴホンジン 6_ryokusui

フジヤゴホンジン 6_grapetart

6_parfait
ご当地の方々のみならず、観光で長野市を訪れたならば、旅の1コマとしてぜひ立ち寄りたい施設です。

詳細情報

名称 THE FUJIYA GOHONJIN
住所 長野県長野市大門町80
電話 026-232-1241
営業時間 【レストラン】月~金:ランチ午前11時30分~午後3時、ディナー午後5時30分~10時、土・日:ディナー午後7時~10時※いずれもラストオーダーは1時間前 【ラウンジ(カフェ)】月~金:午前11時30分~午後5時※ラストオーダーは30分前
定休日 なし
駐車場 提携駐車場あり(ランチ・カフェ3000円以上の利用毎に1時間無料。ディナーの利用で4時間無料)
アクセス 上信越自動車道長野ICより約30分
ホームページ https://www.thefujiyagohonjin.com/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 佐久平の新鮮な農畜水産物や加工品がいっぱい!中部横断自動車道佐久南ICのすぐ前にある『道の駅 ヘルシーテラス佐久南』

    ロータスな旅 > 甲信越

    佐久平の新鮮な農畜水産物や加工品がいっぱ…

    『道の駅ヘルシーテラス佐久南』は、2017(平成29)年、長野県佐久市に『健康長寿』をキーワードとして開設された道の駅。メインとなるのは、地域の主要産業である…

    2021.01.14更新

  • 中越のドライブ拠点に最適。産直野菜の買えるマルシェ、食べ放題の農家レストラン、さらにデイキャンプ場まである!『道の駅 パティオにいがた』

    ロータスな旅 > 甲信越

    中越のドライブ拠点に最適。産直野菜の買え…

    新潟県の中央部に位置する見附市は、県内有数の米どころです。ここに、2013(平成25)年8月に開設された『道の駅パティオにいがた』。地元の農産物の販売所やレス…

    2018.07.25更新

  • 山梨県内最南部に2018年オープンした道の駅。「㐂(よろこ)びのお茶」と呼ばれる南部茶をメインテーマに“食のテーマパーク”を目指し、おいしいものがいっぱい!『道の駅なんぶ』

    ロータスな旅 > 甲信越

    山梨県内最南部に2018年オープンした道…

    山梨県の最南端に位置し、豊かな自然に恵まれた南部町。町の中央には、日本三大急流の一つである富士川が流れています。『道の駅なんぶ』は、「㐂(よろこ)びのお茶」と…

    2018.11.12更新

  • 明治・大正・昭和、それぞれの時代を象徴する学校校舎『津金学校』をベースに、平成の観光拠点として生まれ変わった『三代校舎ふれあいの里』

    ロータスな旅 > 甲信越

    明治・大正・昭和、それぞれの時代を象徴す…

    八ヶ岳、南アルプス、富士山に囲まれた旧・須玉町(現・北杜市)に1873(明治6)年に設立〔校舎完成は1875(明治8)年〕された津金学校(つがねがっこう)は、明…

    2018.02.28更新

  • 「うまいもんだよ、かぼちゃのほうとう!」と言われる、山梨県の郷土料理『ほうとう』をお腹いっぱい堪能できる!『甲州ほうとう 小作』

    ロータスな旅 > 甲信越

    「うまいもんだよ、かぼちゃのほうとう!」…

    太めの麺を野菜と一緒に味噌で煮込んだ、山梨県の郷土料理『ほうとう』。見た目は、うどんや、きしめんに似ていますが、製法に大きな違いがあります。『ほうとう』は、生地…

    2020.04.07更新

  • 富士山麓の標高900mにある富士山周辺の情報発信基地『道の駅 富士吉田』

    ロータスな旅 > 甲信越

    富士山麓の標高900mにある富士山周辺の…

    日本一の富士山の麓、標高900mに位置する道の駅です。山中湖と河口湖を結ぶ国道138号沿いにあり、富士山周辺の情報発信基地となっています。物産館は富士五湖周辺…

    2017.03.13更新

< 前のページへ戻る