ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

甲信越(山梨、長野、新潟)

山梨県内最南部に2018年オープンした道の駅。「㐂(よろこ)びのお茶」と呼ばれる南部茶をメインテーマに“食のテーマパーク”を目指し、おいしいものがいっぱい!『道の駅なんぶ』

2018年11月12日更新

山梨県の最南端に位置し、豊かな自然に恵まれた南部町。町の中央には、日本三大急流の一つである富士川が流れています。
『道の駅なんぶ』は、「㐂(よろこ)びのお茶」とも呼ばれる特産の南部茶を中心とした“食のテーマパーク”を目指し、2018(平成30)年7月にオープン。お茶をイメージしたグリーンの看板が目印です。

DCIM101MEDIADJI_0010.JPG

道の駅なんぶ 外観2
農産物販売所『なんぶ・村の駅』では、売り場を南部茶・野菜・お菓子など10のエリアに分け、この地ならではの味を販売しています。南部茶のほか、地元農家さんから毎日届く新鮮な野菜や果物、さらにお惣菜や調味料などまで多彩な商品を販売しています。

なんぶ茶

なんぶ茶



 うま塩だれ

うま塩だれ



とくに、おすすめは南部茶を使ったオリジナル商品。『福ひとつ』(6個780円・13個1650円、商品価格は税抜、以下同様)や、『南部茶バウム』(1250円)、『南部茶あられ』(460円)といったお菓子のほか、『お茶ゆずドレッシング』(480円)や『お茶の葉ふりかけ』(460円)などいろいろ揃っています。もちろん、南部茶のペットボトル『よろこび茶』(350ml・138円)もあります。

なんぶ茶バウム

南部茶バウム



南部茶あられ

南部茶あられ



ドレッシング

ドレッシング



よろこび茶

よろこび茶



お食事処『南部よろこび茶食堂』では、南部茶を使ったメニューが充実。インパクトがあるのは、南部茶そばと田舎そば、2色の盛り付けも美しい『南部一升そば』(3980円、飲食価格は税込、以下同様)。8人前、総重量1.5㎏のボリュームなので、シェアして楽しみましょう。もちろん、『南部茶そば(温・冷)』(680円)、『田舎そば(温・冷)』(680円)などのメニューも揃っています。

南部茶そば

南部茶そば



南部田舎そば

南部田舎そば



甲州味噌を使った『南部たけのこ味噌もつ煮込み』(780円)や、甲州牛を味わえる『甲州和牛とろすき』(2980円)など郷土色豊かなメニューも提供。4種の具材を盛った南部茶飯がセットになった『おいなり茶ゃん』(680円)も人気です!

南部たけのこ味噌もつ煮込み

南部たけのこ味噌もつ煮込み



甲州和牛とろすき

甲州和牛とろすき



おいなり茶やん

おいなり茶ゃん



そして、まぐろ好きにはたまらない『天然南まぐろ赤身丼』(1180円)や『天然南まぐろ一夜漬け丼』(1180円)、『トロトロとろ丼』(1380円)といった丼物も充実!

天然南まぐろ赤身丼

天然南まぐろ赤身丼



和風出汁豆乳クリーミーカレーと発芽玄米茶飯に8種類のおばんざいからなるヘルシーなメニュー、『南部農園プレート』(1580円)などもあります。

道の駅なんぶ 南部農園プレート
デザートには『南部茶スイーツ3種セット』(850円)、『南部茶パフェUMAMI』(800円)、『南部茶プリン』(400円)などのスイーツが用意されています。

南部茶スイーツ3種セット

南部茶スイーツ3種セット



道の駅なんぶ パフェ1

道の駅なんぶ パフェ3

道の駅なんぶ パフェ2
さらに、南部和紅茶とはちみつに漬け込んだ13種のスパイスと生姜から出した『ミルクチャイ(ホット/アイス)』(450円)は、ゆたかな時間を感じさせてくれること請け合い!

道の駅なんぶ チャイ
広々とした無料の『キッズルーム』が備わっているので、ロングドライブに疲れ気味の子どもたちを伸び伸びと遊ばせることができます。また、愛犬とのドライブにうれしい、ドッグランも併設。

道の駅なんぶ 外観ドッグラン
2019年夏には、中部横断自動車道が開通(予定)で、そうなると同道の南部ICがすぐ隣りにできます。ぜひ、家族みんなで訪れてみたい道の駅です。

道の駅なんぶ 展示室3

詳細情報

名称 道の駅なんぶ
住所 山梨県南巨摩郡南部町中野3034-1
電話番号 0556-64-8552
営業時間 午前9時~午後5時
定休日 年中無休
アクセス 新東名新清水ICより身延方面へ30分(国道52号沿い) ※2019年夏に開通予定の中部横断自動車道南部ICに隣接
駐車場 普通車81台・大型車24台・身障者用3台
公式ホームページ http://michinoeki-nanbu.com/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 国内に残る現存天守12城のうち唯一の平城で、黒と白のコントラストが日本アルプスの山々を背景に美しい『国宝 松本城』

    ロータスな旅 > 甲信越

    国内に残る現存天守12城のうち唯一の平城…

    その黒と白のコントラストが美しく、“城マニア”はもちろん国内外の観光客を多く集める『松本城』。日本アルプスの山々を背景としたその姿は、一幅の名画の趣があります。…

    2018.05.15更新

  • 吉田のうどん

    ロータスな旅 > 甲信越

    吉田のうどん

    山梨県富士吉田市を中心とした郡内地方で、「ほうとう」と並んで古くから親しまれている料理に「吉田のうどん」があります。「吉田のうどん」が生まれた背景には、富士北…

    2016.04.08更新

  • 温泉施設も隣接する、アウトドアアクティビティの拠点『道の駅 みつまた』(新潟県)

    ロータスな旅 > 甲信越

    温泉施設も隣接する、アウトドアアクティビ…

    旧三国街道沿い、関東から新潟への玄関口になる新潟県湯沢町にあるのが「道の駅みつまた」です。施設前面には周囲の山々と調和した庭や池があり、休憩ポイントに最適。こ…

    2017.02.13更新

  • 念吉のプラリネ

    ロータスな旅 > 甲信越

    念吉のプラリネ

    お米や日本酒、海産物など、様々な美味が揃う新潟県。お菓子では、お米を使ったせんべい類が有名ですが、実は地元の人たちに長く愛されている洋菓子があります。「プラリ…

    2015.10.16更新

  • 信州の東の玄関口。蓼科山(別名、女神山)を望むのどかな立地に、リンゴ、蓼科牛、蕎麦などおいしいものがいろいろ!『道の駅 女神の里たてしな』

    ロータスな旅 > 甲信越

    信州の東の玄関口。蓼科山(別名、女神山)…

    蓼科山は、八ヶ岳連峰の北端に位置する標高2531mの火山。別名として、女神山や諏訪富士とも呼ばれています。その美しい山を望む立科町は、農業が盛んで、四季折々の味…

    2018.10.09更新

  • 新潟県三条市にあるアウトドア・ブランド『スノーピーク』が本社隣地の丘に展開する広大なキャンプ場!『スノーピークヘッドクォーターズ キャンプフィールド』

    ロータスな旅 > 甲信越

    新潟県三条市にあるアウトドア・ブランド『…

    『株式会社スノーピーク』は、新潟県三条市に本社を構えるアウトドア総合メーカー。前身は金物問屋でしたが、登山に打ち込んでいた創業者の山井幸雄氏が、自らが求める安全…

    2020.07.21更新

< 前のページへ戻る