ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

甲信越(山梨、長野、新潟)

新潟県三条市にあるアウトドア・ブランド『スノーピーク』が本社隣地の丘に展開する広大なキャンプ場!『スノーピークヘッドクォーターズ キャンプフィールド』

2020年7月21日更新

『株式会社スノーピーク』は、新潟県三条市に本社を構えるアウトドア総合メーカー。前身は金物問屋でしたが、登山に打ち込んでいた創業者の山井幸雄氏が、自らが求める安全で使いやすい登山用品を地元・燕三条の職人に依頼して製造したことを機に、それらのオリジナルギアの販売も開始。アウトドアメーカーへと移行していきました。現在も、常にユーザー目線でモノづくりに取り組み、多様な製品を世に送り出しています。





『スノーピークヘッドクォーターズ キャンプフィールド』は、本社に併設された広大なキャンプ場です。5万坪もの広さを誇る敷地内には、好きなところにテントを設営できるフリーサイトが大小8ヵ所設けられています(フリーサイトA~Fに12m×12mを基準に150サイト、フリーサイトG~Hに12m×12mを基準に30サイト)。また、AC電源区画オートサイトも10サイトあります。いずれも、1サイトの定員は6名です。



元々、牧場のために開かれた草原で、丘になっていることから外界を気にすることなくキャンプを楽しめます。晴れた日には近隣の粟ヶ岳や守門岳を眺望でき、夜にはきらめく星空の下ですばらしいひと時を過ごせます。





スノーピーク本社に併設されている直営キャンプフィールドだけあって、テントからタープ、寝袋、キッチンセットなどまでレンタル品が充実しています。もちろん、すべて高品質のスノーピーク製です。



テント設営・撤収の手間を省きたい方は、『モバイルハウス住箱(じゅうばこ)』を利用してみては。これは、建築家・隈研吾氏とスノーピークがコラボレーションした“旅する建築”の試みです。調理は野外で楽しんで、夜はハウスで就寝。1部屋4人まで利用できます。

キャンプ初心者にオススメなのが『手ぶらキャンププラン』。キャンプに必要な道具一式やネイチャークラフト体験などがセットになっていて、テント設営・撤収の仕方やキャンプ用具の使い方などのアドバイスもしてもらえます。本格的にキャンプを始める前の“お試し”にも最適です。



また、併設の直営ストアには、スノーピークス製の全アイテムが並びます。本社のスタッフが常駐しているので、使い方やこだわりなど詳しく聞くこともできます。『スノーピークヘッドクォーターズ キャンプフィールド』はスノーピークのアウトドアやキャンプへの思いがつまったキャンプ場。しかも、初心者にも優しい。ここで、キャンプ・デビューして、それから何度も利用するというストーリーもありそうです。

詳細情報

名称 スノーピークヘッドクォーターズ キャンプフィールド
住所 新潟県三条市中野原456
電話 0256-41-2222(午前9時~午後7時)
フリーサイト 宿泊料金:サイト料0円+利用料金(中学生以上1,500円、小学生500円、小学生未満無料で人数分 ※価格は税抜き価格)、チェックイン午前9時~午後7時/チェックアウト~翌日正午(12時)
AC電源区画オートサイト サイト料3,000円+利用料金(中学生以上1,500円、小学生500円、小学生未満無料で人数分 ※価格は税抜き価格)、チェックイン午前11時~午後7時/チェックアウト~翌日午前10時
モバイルハウス住箱 1~3名の場合は10,000円+利用料金(中学生以上1,500円、小学生500円、小学生未満無料で人数分 ※価格は税抜き価格、以下同様)、4名の場合は15,000円+利用料金(中学生以上1,500円、小学生500円、小学生未満無料で人数分)、チェックイン午後1時~午後7時/チェックアウト~翌日午前10時
手ぶらキャンププラン 完全予約制(利用予定日1週間前までに予約のこと)、利用料金は一組45,000円(税抜き、5名まで)、集合時間12時45分(複数組同時に開催)、チェックイン午後1時、チェックアウト翌日正午(12時)
定休日 年中無休 ※ストア:水曜日(GW・お盆・年始は営業)
アクセス 北陸自動車道三条燕ICから40分
駐車場 あり(1サイトに付き1台・複数台で来場の場合はストアの駐車場を利用)
ホームページ https://sbs.snowpeak.co.jp/headquarters/camp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 富士山が目の前に!360度の絶景パノラマビューが味わえる、標高1058メートルの空中散歩『昇仙峡ロープウェイ』

    ロータスな旅 > 甲信越

    富士山が目の前に!360度の絶景パノラマ…

    昇仙峡(しょうせんきょう)は、山梨県の甲府盆地北側に位置し、富士川の支流である荒川上流に位置する渓谷です。日本全国で36件指定されている特別名勝のひとつに数えら…

    2016.09.16更新

  • フォッサマグナから日本列島の成り立ちを考えたり、美しいヒスイに魅せられたり、化石採集の体験をしたり・・・糸魚川でそんな地球体験をしよう!『フォッサマグナミュージアム』

    ロータスな旅 > 甲信越

    フォッサマグナから日本列島の成り立ちを考…

    フォッサマグナとは、ラテン語で『大きな溝』という意味です。日本列島では、本州を東西に分ける帯状の地域を指し、その西の境界断層が新潟県糸魚川市から静岡に伸びている…

    2019.02.26更新

  • 旬の野菜・くだものはもちろん、絶品の根曲がり竹を素材にした『サバタケ』など地域色豊かな食に出会える!『道の駅 北信州やまのうち』

    ロータスな旅 > 甲信越

    旬の野菜・くだものはもちろん、絶品の根曲…

    長野県の北東に位置する山ノ内町(やまのうちまち)は、志賀高原や湯田中渋温泉郷などがある観光地として有名です。『道の駅北信州やまのうち』は、上信越自動車道の信…

    2017.04.25更新

  • 中越のドライブ拠点に最適。産直野菜の買えるマルシェ、食べ放題の農家レストラン、さらにデイキャンプ場まである!『道の駅 パティオにいがた』

    ロータスな旅 > 甲信越

    中越のドライブ拠点に最適。産直野菜の買え…

    新潟県の中央部に位置する見附市は、県内有数の米どころです。ここに、2013(平成25)年8月に開設された『道の駅パティオにいがた』。地元の農産物の販売所やレス…

    2018.07.25更新

  • 山梨県内最南部に2018年オープンした道の駅。「㐂(よろこ)びのお茶」と呼ばれる南部茶をメインテーマに“食のテーマパーク”を目指し、おいしいものがいっぱい!『道の駅なんぶ』

    ロータスな旅 > 甲信越

    山梨県内最南部に2018年オープンした道…

    山梨県の最南端に位置し、豊かな自然に恵まれた南部町。町の中央には、日本三大急流の一つである富士川が流れています。『道の駅なんぶ』は、「㐂(よろこ)びのお茶」と…

    2018.11.12更新

  • 忍野八海

    ロータスな旅 > 甲信越

    忍野八海

    平成25年6月、世界文化遺産富士山構成資産として登録された「忍野八海(おしのはっかい)」。富士山に降り積もった雪が地中深くに浸み込み伏流水となって湧出し、でき上…

    2015.10.16更新

< 前のページへ戻る