ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

甲信越(山梨、長野、新潟)

忍野八海

2016年1月29日更新

平成25年6月、世界文化遺産富士山構成資産として登録された「忍野八海(おしのはっかい)」。富士山に降り積もった雪が地中深くに浸み込み伏流水となって湧出し、でき上がった独特の地形は、美しいだけでなくどこか懐かしい日本人の原風景なのかもしれません。
出口池・御釜池・底抜池・銚子池・湧池・濁池・鏡池・菖蒲池――その8つで構成された八海と呼ばれる湧水池はそれぞれの表情を持ちながら、どれも清澄な水をたたえています。その水は信仰の対象だった富士を詣でるいにしえの旅人の喉をうるおしたに違いありません。
その八海をそぞろ歩きで巡るもよし。お池を水鏡に、富士の姿を映し、その立ち姿を見較べるもよし。歩き疲れたら、周辺に数多く建ち並ぶ食事処で一服。名水百選にも選ばれた忍野の名水で淹れた、コーヒーやお茶はぐっとまろやかになり、一味、いや二味は違って感じられるはず。もちろん、同じ水でつくった蕎麦やほうとう、料理がおいしくないはずはありません。こちらもお忘れなく。
さらに、時間に余裕があるなら、忍野村観光協会のホームページで、情報をチェックし、周辺のハイキング・コースをトレッキング。またはのんびり忍野村散策もいいですね。景色と食で、忍野の魅力を丸ごと楽しんではいかがでしょう。

忍野八海の鏡池(カガミイケ)

忍野八海の鏡池(カガミイケ)



忍野八海の近くを流れる新名庄川沿いに植えられたソメイヨシノ

忍野八海の近くを流れる新名庄川沿いに植えられたソメイヨシノ



夏にはヒマワリ畑が広がる

夏にはヒマワリ畑が広がる



写真提供:忍野村観光協会

詳細情報

名称 忍野村観光協会
住所 山梨県南都留郡忍野村忍草239-3
電話番号 0555-84-4221(忍野村観光案内所)
ホームページ http://www.oshino.jp/index.php

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 「うまいもんだよ、かぼちゃのほうとう!」と言われる、山梨県の郷土料理『ほうとう』をお腹いっぱい堪能できる!『甲州ほうとう 小作』

    ロータスな旅 > 甲信越

    「うまいもんだよ、かぼちゃのほうとう!」…

    太めの麺を野菜と一緒に味噌で煮込んだ、山梨県の郷土料理『ほうとう』。見た目は、うどんや、きしめんに似ていますが、製法に大きな違いがあります。『ほうとう』は、生地…

    2020.04.07更新

  • 山梨県内最南部に2018年オープンした道の駅。「㐂(よろこ)びのお茶」と呼ばれる南部茶をメインテーマに“食のテーマパーク”を目指し、おいしいものがいっぱい!『道の駅なんぶ』

    ロータスな旅 > 甲信越

    山梨県内最南部に2018年オープンした道…

    山梨県の最南端に位置し、豊かな自然に恵まれた南部町。町の中央には、日本三大急流の一つである富士川が流れています。『道の駅なんぶ』は、「㐂(よろこ)びのお茶」と…

    2018.11.12更新

  • 新潟の角田山麓に抱かれたワインリゾート「カーブドッチワイナリー」

    ロータスな旅 > 甲信越

    新潟の角田山麓に抱かれたワインリゾート「…

    越後平野の一角、日本海に近いところに位置する角田山(かくだやま、標高481.7m)の裾野に、約8haものぶどう畑が広がっています。新潟でしか生み出せないワインを…

    2016.05.13更新

  • 1648年創業の『御本陳 藤屋』が2006年にリニューアル。大正モダニズムの薫るレストランでの食事は長野の旅の1コマとして欠かせない!『THE FUJIYA GOHONJIN(ザ フジヤゴホンジン)』

    ロータスな旅 > 甲信越

    1648年創業の『御本陳 藤屋』が200…

    『THEFUJIYAGOHONJIN』の前身は、1648年創業の『御本陳藤屋旅館』。『本陳』(一般的な表記は『本陣』)とは、大名など身分の高い人が宿泊する…

    2019.04.23更新

  • お楽しみは浜焼きの食べ歩き!日本海で獲れたばかりの鮮魚やカニ・貝類などを扱うお店が軒を連ねる!『寺泊魚の市場通り(魚のアメ横)』

    ロータスな旅 > 甲信越

    お楽しみは浜焼きの食べ歩き!日本海で獲れ…

    新潟県長岡市寺泊は、日本海に面した港町です。この地を訪れたら、決して外せないのが、海の幸を存分に味わえる『寺泊魚の市場通り』。地元・寺泊港で水揚げされた魚介類を…

    2020.02.20更新

  • 小布施のもう一つの顔は“花と庭の街”。その文化を背景に2000(平成12)年から始まった、個人宅の庭を訪問者に公開するというユニークな試み『おぶせオープンガーデン』

    ロータスな旅 > 甲信越

    小布施のもう一つの顔は“花と庭の街”。そ…

    北信濃にあって、千曲川東岸に位置する小布施は、交通の要所・商業の街として栄えるとともに、独特の文化が花開き、多くの文人墨客が訪れました。小林一茶や葛飾北斎などが…

    2017.10.24更新

< 前のページへ戻る