ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

甲信越(山梨、長野、新潟)

小布施のもう一つの顔は“花と庭の街”。その文化を背景に2000(平成12)年から始まった、個人宅の庭を訪問者に公開するというユニークな試み『おぶせオープンガーデン』

2017年10月24日更新

北信濃にあって、千曲川東岸に位置する小布施は、交通の要所・商業の街として栄えるとともに、独特の文化が花開き、多くの文人墨客が訪れました。小林一茶や葛飾北斎などが小布施を訪れ、多くの作品を残しています。
そして、近年は歴史遺産や栗の名所であることを背景に、多くの観光客を集めています。
観光客の増加に伴い小布施では、1980(昭和55)年に住民の日常生活に潤いのある環境を提供しようと、町内自治会に『町を美しくする事業推進委員会』が発足し、地区単位による美化運動が進められてきました。

おぶせオープンガーデン11

おぶせオープンガーデン10

中学校生徒会にも緑化部が生まれて、子どもたちが育てた花を、地域において老人会・育成会とともに行う花壇づくりが始まります。そして、各家庭では日常生活に花を取り入れて、花と生活を楽しむライフスタイルが根付くようになりました。こうした背景を踏まえて、丹精込めた花や庭を多くの人に見てもらうことで、心の交流を実現すべく始められたのが『おぶせオープンガーデン』です。

おぶせオープンガーデン3

おぶせオープンガーデン9

おぶせオープンガーデン7

オープンガーデンとは、個人の庭などを一般の人に公開する活動のことです。1927年にイギリスで創立されたNGS(ナショナル・ガーデン・スキーム)という善意団体が、個人の庭園などを一般人に公開して、そこから生まれる収益を看護・医療などに寄付した活動が、オープンガーデンの始まりと言われています。

おぶせオープンガーデン5

おぶせオープンガーデン4
『おぶせオープンガーデン』は、2000(平成12)年に38軒でスタートしました(官民が一体となって取り組んだオープンガーデンとしては全国初です)。「外はみんなのもの、内は自分たちのもの」というコンセプトのもと、「庭」の規模や質などを問わず誰でも参加でき、現在では100軒を超える家が参加をしているそうです。

おぶせオープンガーデン8

『おぶせオープンガーデン』の大きな特徴は、ガーデンのでき栄えを競うのではなく、「庭」をつくる人も見に来る人もお互いに楽しむ(競争や見比べはしない)という点です。町中の一軒一軒が“花名人”“庭名人”で、それぞれ個性豊かなガーデンを年間を通して堪能することがきます。

おぶせオープンガーデン6
もともと小布施には「お庭ごめん」という文化があって、人の家の庭を通っても問題がないそうです。とは言え、公開しているのは個人庭園なので、『おぶせオープンガーデン』にも鑑賞のルールはあります。《鑑賞ルール》
公開期間中、参加している家庭では案内板を表示しています。

おぶせオープンガーデン2

おぶせオープンガーデン1
来訪者の駐車場は基本的にはありません(できるだけシャトルバスやレンタサイクル、徒歩で見学してください)。
持ち込んだゴミは必ず持ち帰りましょう。大声を挙げたり、暴れる、大勢で騒ぐ、住宅内をのぞくなどの行為をつつしみ、静かに観賞しましょう。子どもやペットを庭内で遊ばせないようにしましょう。
樹木や花に触れて傷めたり、植物を抜き取る、枝や花を摘み取るなどの行為は絶対やめましょう。
入場時と退場時、庭の持ち主や他の観賞者に会ったときは、気持ちよくあいさつしましょう。
※庭の持ち主には、観賞後に「良かったところ」を伝えてみてはいかがでしょう。
プライベートな庭を公開している方たちへの感謝と敬意を忘れずに。
こうした鑑賞ルールは、訪問者としての基本マナーといえるでしょう。もう一つ付け加えるならば、個人宅のトイレなどを利用することはできません。公共施設を利用するようにしましょう。こうしたことを、ぜひしっかり守り、訪問者も『おぶせオープンガーデン』の文化を支えることが大切だと言えるでしょう。

詳細情報

名称 おぶせオープンガーデン
住所 長野県上高井郡小布施町大字小布施1491番地2(小布施町役場)
問い合わせ 026-247-3111(小布施町役場 代表)、026-214-9104(小布施町 産業振興課)
開庁時間 午前8時30分~午後5時15分、休み:土・日・祝日・年末年始(12月29日から1月3日まで)
小布施へのアクセス 【車】上信越自動車道・長野自動車道更埴JCTより小布施スマートICまで約15分。※小布施ICはETC搭載車のみ利用可能なので、ETC非搭載車は須坂長野東ICまたは信州中野ICを利用のこと。 【電車】長野駅より長野電鉄小布施駅まで約34分。
駐車場 基本的には町営松村駐車場(小布施町大字中松36-1、普通車110台、普通車500円/1日)などを利用のこと
ホームページ http://www.town.obuse.nagano.jp/site/opengarden/(小布施町ホームページ内)
オープンガーデンマップ http://www.town.obuse.nagano.jp/uploaded/life/6602_13997_misc.pdf
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 長野県塩尻市の一角にある江戸時代から続く宿場町。懐かしい風情・懐かしい味・懐かしい品が並んでいる!『奈良井宿(ならいじゅく)』

    ロータスな旅 > 甲信越

    長野県塩尻市の一角にある江戸時代から続く…

    江戸時代の五街道の一つ、中山道。『奈良井宿(ならいじゅく)』は、江戸と京都を結ぶ中山道のちょうど真ん中に位置する宿場町です。南北に1㎞、東西に約200mにわたっ…

    2019.12.19更新

  • 忍野八海

    ロータスな旅 > 甲信越

    忍野八海

    平成25年6月、世界文化遺産富士山構成資産として登録された「忍野八海(おしのはっかい)」。富士山に降り積もった雪が地中深くに浸み込み伏流水となって湧出し、でき上…

    2015.10.16更新

  • 吉田のうどん

    ロータスな旅 > 甲信越

    吉田のうどん

    山梨県富士吉田市を中心とした郡内地方で、「ほうとう」と並んで古くから親しまれている料理に「吉田のうどん」があります。「吉田のうどん」が生まれた背景には、富士北…

    2016.04.08更新

  • 旬の野菜・くだものはもちろん、絶品の根曲がり竹を素材にした『サバタケ』など地域色豊かな食に出会える!『道の駅 北信州やまのうち』

    ロータスな旅 > 甲信越

    旬の野菜・くだものはもちろん、絶品の根曲…

    長野県の北東に位置する山ノ内町(やまのうちまち)は、志賀高原や湯田中渋温泉郷などがある観光地として有名です。『道の駅北信州やまのうち』は、上信越自動車道の信…

    2017.04.25更新

  • 伊那地方では家庭の味として定着している、マトン・キャベツと蒸し麺を使ったご当地グルメ「ローメン」

    ロータスな旅 > 甲信越

    伊那地方では家庭の味として定着している、…

    1950年代から長野県伊那地方で愛されているB級グルメがあります。その名も「ローメン」。元々は、伊那市の中華料理店「萬里」の主人であった伊藤和弌氏が、地元の製麺…

    2016.08.19更新

  • 砂金採取体験施設が目玉。上級者コースでは天然河川での砂金採りができる!『佐渡西三川ゴールドパーク』

    ロータスな旅 > 甲信越

    砂金採取体験施設が目玉。上級者コースでは…

    “金の島”とも言われる新潟県の佐渡島は面積が約855㎡。東京23区や淡路島などと比べて約1.5倍の広さをもつ日本海側最大の島です。昔から金が採れる島として広く知…

    2017.08.08更新

< 前のページへ戻る