ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

甲信越(山梨、長野、新潟)

小布施のもう一つの顔は“花と庭の街”。その文化を背景に2000(平成12)年から始まった、個人宅の庭を訪問者に公開するというユニークな試み『おぶせオープンガーデン』

2017年10月24日更新

北信濃にあって、千曲川東岸に位置する小布施は、交通の要所・商業の街として栄えるとともに、独特の文化が花開き、多くの文人墨客が訪れました。小林一茶や葛飾北斎などが小布施を訪れ、多くの作品を残しています。
そして、近年は歴史遺産や栗の名所であることを背景に、多くの観光客を集めています。
観光客の増加に伴い小布施では、1980(昭和55)年に住民の日常生活に潤いのある環境を提供しようと、町内自治会に『町を美しくする事業推進委員会』が発足し、地区単位による美化運動が進められてきました。

おぶせオープンガーデン11

おぶせオープンガーデン10

中学校生徒会にも緑化部が生まれて、子どもたちが育てた花を、地域において老人会・育成会とともに行う花壇づくりが始まります。そして、各家庭では日常生活に花を取り入れて、花と生活を楽しむライフスタイルが根付くようになりました。こうした背景を踏まえて、丹精込めた花や庭を多くの人に見てもらうことで、心の交流を実現すべく始められたのが『おぶせオープンガーデン』です。

おぶせオープンガーデン3

おぶせオープンガーデン9

おぶせオープンガーデン7

オープンガーデンとは、個人の庭などを一般の人に公開する活動のことです。1927年にイギリスで創立されたNGS(ナショナル・ガーデン・スキーム)という善意団体が、個人の庭園などを一般人に公開して、そこから生まれる収益を看護・医療などに寄付した活動が、オープンガーデンの始まりと言われています。

おぶせオープンガーデン5

おぶせオープンガーデン4
『おぶせオープンガーデン』は、2000(平成12)年に38軒でスタートしました(官民が一体となって取り組んだオープンガーデンとしては全国初です)。「外はみんなのもの、内は自分たちのもの」というコンセプトのもと、「庭」の規模や質などを問わず誰でも参加でき、現在では100軒を超える家が参加をしているそうです。

おぶせオープンガーデン8

『おぶせオープンガーデン』の大きな特徴は、ガーデンのでき栄えを競うのではなく、「庭」をつくる人も見に来る人もお互いに楽しむ(競争や見比べはしない)という点です。町中の一軒一軒が“花名人”“庭名人”で、それぞれ個性豊かなガーデンを年間を通して堪能することがきます。

おぶせオープンガーデン6
もともと小布施には「お庭ごめん」という文化があって、人の家の庭を通っても問題がないそうです。とは言え、公開しているのは個人庭園なので、『おぶせオープンガーデン』にも鑑賞のルールはあります。《鑑賞ルール》
公開期間中、参加している家庭では案内板を表示しています。

おぶせオープンガーデン2

おぶせオープンガーデン1
来訪者の駐車場は基本的にはありません(できるだけシャトルバスやレンタサイクル、徒歩で見学してください)。
持ち込んだゴミは必ず持ち帰りましょう。大声を挙げたり、暴れる、大勢で騒ぐ、住宅内をのぞくなどの行為をつつしみ、静かに観賞しましょう。子どもやペットを庭内で遊ばせないようにしましょう。
樹木や花に触れて傷めたり、植物を抜き取る、枝や花を摘み取るなどの行為は絶対やめましょう。
入場時と退場時、庭の持ち主や他の観賞者に会ったときは、気持ちよくあいさつしましょう。
※庭の持ち主には、観賞後に「良かったところ」を伝えてみてはいかがでしょう。
プライベートな庭を公開している方たちへの感謝と敬意を忘れずに。
こうした鑑賞ルールは、訪問者としての基本マナーといえるでしょう。もう一つ付け加えるならば、個人宅のトイレなどを利用することはできません。公共施設を利用するようにしましょう。こうしたことを、ぜひしっかり守り、訪問者も『おぶせオープンガーデン』の文化を支えることが大切だと言えるでしょう。

詳細情報

名称 おぶせオープンガーデン
住所 長野県上高井郡小布施町大字小布施1491番地2(小布施町役場)
問い合わせ 026-247-3111(小布施町役場 代表)、026-214-9104(小布施町 産業振興課)
開庁時間 午前8時30分~午後5時15分、休み:土・日・祝日・年末年始(12月29日から1月3日まで)
小布施へのアクセス 【車】上信越自動車道・長野自動車道更埴JCTより小布施スマートICまで約15分。※小布施ICはETC搭載車のみ利用可能なので、ETC非搭載車は須坂長野東ICまたは信州中野ICを利用のこと。 【電車】長野駅より長野電鉄小布施駅まで約34分。
駐車場 基本的には町営松村駐車場(小布施町大字中松36-1、普通車110台、普通車500円/1日)などを利用のこと
ホームページ http://www.town.obuse.nagano.jp/site/opengarden/(小布施町ホームページ内)
オープンガーデンマップ http://www.town.obuse.nagano.jp/uploaded/life/6602_13997_misc.pdf
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索

あわせて読みたい

  • 新巻鮭の名産地である新潟県村上市にある、日本初の鮭の博物館『イヨボヤ会館(サーモンパーク内)』

    ロータスな旅 > 甲信越

    新巻鮭の名産地である新潟県村上市にある、…

    お正月には欠かせない新巻鮭の名産地である新潟県村上市。村上と鮭のつながりは深く、平安時代の文書である「延喜式」に、この地域で捕れた鮭を朝廷へ献上していた記録が残…

    2016.12.15更新

  • 温泉施設も隣接する、アウトドアアクティビティの拠点『道の駅 みつまた』(新潟県)

    ロータスな旅 > 甲信越

    温泉施設も隣接する、アウトドアアクティビ…

    旧三国街道沿い、関東から新潟への玄関口になる新潟県湯沢町にあるのが「道の駅みつまた」です。施設前面には周囲の山々と調和した庭や池があり、休憩ポイントに最適。こ…

    2017.02.13更新

  • お楽しみは浜焼きの食べ歩き!日本海で獲れたばかりの鮮魚やカニ・貝類などを扱うお店が軒を連ねる!『寺泊魚の市場通り(魚のアメ横)』

    ロータスな旅 > 甲信越

    お楽しみは浜焼きの食べ歩き!日本海で獲れ…

    新潟県長岡市寺泊は、日本海に面した港町です。この地を訪れたら、決して外せないのが、海の幸を存分に味わえる『寺泊魚の市場通り』。地元・寺泊港で水揚げされた魚介類を…

    2020.02.20更新

  • 四季折々の花が咲く花畑も人気!新潟の特産品(なんと1万点!)と郷土料理が集結した『道の駅 新潟ふるさと村』

    ロータスな旅 > 甲信越

    四季折々の花が咲く花畑も人気!新潟の特産…

    新潟県新潟市にある『道の駅新潟ふるさと村』は、新潟県の魅力がたっぷり詰まった施設。特産品やグルメが集結しているほか、新潟県の観光情報や文化をさまざまな方法で発…

    2021.01.28更新

  • 碌山美術館

    ロータスな旅 > 甲信越

    碌山美術館

    碌山美術館は、近代彫刻家・荻原守衛(碌山〔ろくざん〕)(1879‐1910)の作品を展示・公開する個人美術館です。碌山は、東穂高村(旧穂高町、現・安曇野市穂高…

    2016.03.04更新

  • 新潟の角田山麓に抱かれたワインリゾート「カーブドッチワイナリー」

    ロータスな旅 > 甲信越

    新潟の角田山麓に抱かれたワインリゾート「…

    越後平野の一角、日本海に近いところに位置する角田山(かくだやま、標高481.7m)の裾野に、約8haものぶどう畑が広がっています。新潟でしか生み出せないワインを…

    2016.05.13更新

< 前のページへ戻る