ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

甲信越(山梨、長野、新潟)

砂金採取体験施設が目玉。上級者コースでは天然河川での砂金採りができる!『佐渡西三川ゴールドパーク』

2017年8月8日更新

“金の島”とも言われる新潟県の佐渡島は面積が約855㎡。東京23区や淡路島などと比べて約1.5倍の広さをもつ日本海側最大の島です。昔から金が採れる島として広く知られており、平安時代後期の「今昔物語集」にも記録が残っています。佐渡の金・銀山の歴史は平安時代に『西三川砂金山』の発見で始まったとされています。その後、『西三川砂金山』は、戦国時代に上杉謙信の軍資金となり、豊臣の治世にも大量の砂金を産出しました。江戸時代に入ると、徳川家康が幕府直轄地(天領)として本格的に金・銀山開発を進め、採掘された金や銀は江戸幕府の財政を支えたと言われています。

ゴールドパーク_外観

さて、ご紹介する『佐渡西三川ゴールドパーク』は、佐渡最古と伝えられる『西三川砂金山』の跡地に建ち、資料の展示から砂金採り体験までできる体験型資料館です。本館の中に、展示室や映像室があり、砂金山の歴史を学んだり、金についての知識を学ぶことができます。
そして、施設の目玉となるのが、砂金採取体験施設です。
『佐渡西三川ゴールドパーク』での砂金採り体験は初・中・上級コースがあります。初級コースは室内で立ったまま、パンと呼ばれる道具を使って行います。中級コースは初級コースの隣りにつくられた人工河川で砂金の採集を体験。そして、上級コースは、『佐渡西三川ゴールドパーク』のすぐ下にある自然河川で砂金採りに挑戦できます。いずれのコースも「必ず採れます、採らせます」をモットーにスタッフが丁寧に教えてくれます。

ゴールドパーク_砂金採り

ゴールドパーク_砂金
砂をすくいジャブジャブと洗う。これを何度も繰り返しているとパンや汰板の上にキラキラと光るものが…。採った砂金は、ストラップやペンダントなどに、目の前で加工(キーホルダー・ペンダント・ストラップ各1個1,500円)してもらうこともできます。

昔の道具

昔の道具(1)



ゴールドパーク_昔の道具2

昔の道具(2)



ゴールドパーク_昔の道具3

昔の道具(3)



昔の道具

昔の道具(4)



館内にはオリジナル商品を扱う売店も併設されています。売上No.1のオリジナルチーズケーキ、そして貴金属など、「ここでしか手に入らない」という商品を数多く取り揃えています。

ゴールドパーク_

ゴールドパーク_チーズケーキ
佐渡に旅するならば、千年の歴史がある砂金山で“一攫千金”の夢を実体験してみてはいかがでしょう。ちなみに砂金採りには釣りでいう漁業権のような権利があるとのこと。勝手に川で砂金採りをするのはご法度。だから、天然河川での砂金採りができる『佐渡西三川ゴールドパーク』の上級者コースがオススメなのです(上級者コースの場合、長靴を準備の上、濡れても良い服装で)。

詳細情報

名称 佐渡西三川ゴールドパーク
住所 新潟県佐渡市西三川835番地1
電話番号 0259-58-2021
営業時間 3月~4月:午前8時30分~午後5時、5月~8月:午前8時30分~午後5時30分、9月~11月:午前8時30分~午後5時、12月~2月:午前9時~午後4時30分
休館日 年中無休
入園料金 大人800円、小学生700円
アクセス 小木港から12㎞(車で約20分、[直江津~小木航路:カーフェリー1時間40分])、両津港から30㎞(車で約50分、[新潟~両津航路:カーフェリー2時間30分/ジェットフォイル60分])、赤泊港から24㎞(車で約40分、[寺泊~赤泊航路:高速船65分])
駐車場 小型車200台、大型車10台
ホームページ http://www.e-sadonet.tv/~goldpark/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 南アルプスから流れ出た清涼な水を活かした、ニジマスの管理釣り場『白州トラウトフィッシングエリア Shylph』

    ロータスな旅 > 甲信越

    南アルプスから流れ出た清涼な水を活かした…

    山梨県北杜市は山梨県の最北端に位置する街で、八ヶ岳や甲斐駒ヶ岳といった山々に囲まれた八ヶ岳南麓の冷涼な山岳高原地です。市内にはアウトレットモールや牧場といった観…

    2017.09.12更新

  • 忍野八海

    ロータスな旅 > 甲信越

    忍野八海

    平成25年6月、世界文化遺産富士山構成資産として登録された「忍野八海(おしのはっかい)」。富士山に降り積もった雪が地中深くに浸み込み伏流水となって湧出し、でき上…

    2015.10.16更新

  • 地上125mの展望室は本州日本海側で随一の高さ。新潟市街はもとより佐渡島や五頭連峰を眺望する360度のパノラマは圧巻!『Befcoばかうけ展望室』

    ロータスな旅 > 甲信越

    地上125mの展望室は本州日本海側で随一…

    新潟市の中心部、信濃川の河口に2003年開業した『朱鷺メッセ』(ときメッセ)は、1万人を収容する本格的な展示場、大小13の会議室、ホテルなどが一体化したコンベン…

    2018.01.31更新

  • 伊那地方では家庭の味として定着している、マトン・キャベツと蒸し麺を使ったご当地グルメ「ローメン」

    ロータスな旅 > 甲信越

    伊那地方では家庭の味として定着している、…

    1950年代から長野県伊那地方で愛されているB級グルメがあります。その名も「ローメン」。元々は、伊那市の中華料理店「萬里」の主人であった伊藤和弌氏が、地元の製麺…

    2016.08.19更新

  • フォッサマグナから日本列島の成り立ちを考えたり、美しいヒスイに魅せられたり、化石採集の体験をしたり・・・糸魚川でそんな地球体験をしよう!『フォッサマグナミュージアム』

    ロータスな旅 > 甲信越

    フォッサマグナから日本列島の成り立ちを考…

    フォッサマグナとは、ラテン語で『大きな溝』という意味です。日本列島では、本州を東西に分ける帯状の地域を指し、その西の境界断層が新潟県糸魚川市から静岡に伸びている…

    2019.02.26更新

  • 念吉のプラリネ

    ロータスな旅 > 甲信越

    念吉のプラリネ

    お米や日本酒、海産物など、様々な美味が揃う新潟県。お菓子では、お米を使ったせんべい類が有名ですが、実は地元の人たちに長く愛されている洋菓子があります。「プラリ…

    2015.10.16更新

< 前のページへ戻る