ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

甲信越(山梨、長野、新潟)

星野エリア

2016年1月29日更新

中軽井沢駅を背に日本ロマンチック街道(国道146号線)を奥に進むと、木立の中にたたずむ「ハルニレテラス」が見えてきます。その名の由来となった自生する100本を超える春楡の林と共生するように建てられた「ハルニレテラス」。15のショップ・レストランの入ったモダンな9棟の建物はウッドデッキでつながれ、まるで小さな街のよう。夏は木陰の下を選んでくつろぎ、春や秋ならトレッキング気分での散策も楽しいもの。ショッピングや食事を楽しんだら、春楡の木蔭につくられた「お昼寝デッキ」でごろりと横になるのも心地良い。
さらにここから「村民食堂」「星野温泉トンボの湯」へと足をのばすのも楽しいもの。川のせせらぎや小鳥のさえずりが聴きながら、ウッドチップを敷き詰めた小径を進むと、5分ほどで「星野温泉トンボの湯」に到着します。
「トンボの湯」は、大正4年開湯の美肌の湯として知られる、星野温泉の歴史をくむ源泉かけ流しの立ち寄り湯。北原白秋や与謝野晶子が利用したことでも知られる名湯です。開放的な露天風呂には、大きな花崗岩が芸術的に連なり、四季折々の豊かな自然が目の前に広がります。温泉でゆっくり疲れを取ったら、隣接する「村民食堂」で腹ごしらえもいいもの。その名を堀辰夫の小説に由来し、総ガラス張りの窓からは移ろう季節の風景が一望で見渡せ、食事の美味しさもさることながら、美しい景色も立派なごちそう。こころもからだも、満たされるに違いありません。

ハルニレテラス

ハルニレテラス



トンボの湯(内湯)

トンボの湯(内湯)



トンボの湯(露天)

トンボの湯(露天)



村民食堂

村民食堂



詳細情報

名称 星野エリア
住所 長野県北佐久郡軽井沢町星野
電話番号 星野温泉 トンボの湯:0267-44-3580、村民食堂:0267-44-3571、ハルニレテラス:0267-45-5853
※「星野エリア」の詳細は「星野エリア」ホームページをご覧ください。
※「ハルニレテラス」の店舗へのお問い合わせは、「星野エリア」ホームページをご覧の上、各店舗に直接お問い合わせください。
ホームページ http://www.hoshino-area.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • わが国有数の山岳リゾート八ヶ岳の休日を乗馬で堪能する。初心者からベテランまで、それぞれにフィットしたコースが用意された“ホーストレッキング”を楽しもう!『八ヶ岳ロングライディング』

    ロータスな旅 > 甲信越

    わが国有数の山岳リゾート八ヶ岳の休日を乗…

    山梨県と長野県にまたがる山塊、『八ヶ岳』。深田久弥が選定した日本百名山の一つですが、美しい景観に恵まれ、登山・温泉などの観光資源も多くあり、わが国有数の山岳リゾ…

    2019.07.23更新

  • 新潟県三条市にあるアウトドア・ブランド『スノーピーク』が本社隣地の丘に展開する広大なキャンプ場!『スノーピークヘッドクォーターズ キャンプフィールド』

    ロータスな旅 > 甲信越

    新潟県三条市にあるアウトドア・ブランド『…

    『株式会社スノーピーク』は、新潟県三条市に本社を構えるアウトドア総合メーカー。前身は金物問屋でしたが、登山に打ち込んでいた創業者の山井幸雄氏が、自らが求める安全…

    2020.07.21更新

  • 伊那地方では家庭の味として定着している、マトン・キャベツと蒸し麺を使ったご当地グルメ「ローメン」

    ロータスな旅 > 甲信越

    伊那地方では家庭の味として定着している、…

    1950年代から長野県伊那地方で愛されているB級グルメがあります。その名も「ローメン」。元々は、伊那市の中華料理店「萬里」の主人であった伊藤和弌氏が、地元の製麺…

    2016.08.19更新

  • 南アルプスから流れ出た清涼な水を活かした、ニジマスの管理釣り場『白州トラウトフィッシングエリア Shylph』

    ロータスな旅 > 甲信越

    南アルプスから流れ出た清涼な水を活かした…

    山梨県北杜市は山梨県の最北端に位置する街で、八ヶ岳や甲斐駒ヶ岳といった山々に囲まれた八ヶ岳南麓の冷涼な山岳高原地です。市内にはアウトレットモールや牧場といった観…

    2017.09.12更新

  • フォッサマグナから日本列島の成り立ちを考えたり、美しいヒスイに魅せられたり、化石採集の体験をしたり・・・糸魚川でそんな地球体験をしよう!『フォッサマグナミュージアム』

    ロータスな旅 > 甲信越

    フォッサマグナから日本列島の成り立ちを考…

    フォッサマグナとは、ラテン語で『大きな溝』という意味です。日本列島では、本州を東西に分ける帯状の地域を指し、その西の境界断層が新潟県糸魚川市から静岡に伸びている…

    2019.02.26更新

  • 小布施のもう一つの顔は“花と庭の街”。その文化を背景に2000(平成12)年から始まった、個人宅の庭を訪問者に公開するというユニークな試み『おぶせオープンガーデン』

    ロータスな旅 > 甲信越

    小布施のもう一つの顔は“花と庭の街”。そ…

    北信濃にあって、千曲川東岸に位置する小布施は、交通の要所・商業の街として栄えるとともに、独特の文化が花開き、多くの文人墨客が訪れました。小林一茶や葛飾北斎などが…

    2017.10.24更新

< 前のページへ戻る