ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

甲信越(山梨、長野、新潟)

「何もない!?」「いえいえ、すごいものがある!!」……山梨市の小高い山の上にある、「日本一の絶景露天風呂」と評判の『ほったらかし温泉』

2020年12月24日更新

『ほったらかし温泉』は、山梨県山梨市の小高い山の上にある日帰り温泉。露天風呂の湯船にゆっくりつかりながら、眼下に甲府盆地、遠くには富士山をはじめとする山々を望むことができるのが最大の魅力です。かつては「知る人ぞ知る……」という秘湯でしたが、口コミで広がり、今では人気のスポットとなっています。

こっちの湯



気になるのは、温泉の名前。番台には係の人がいますし、脱衣所もあり、内湯やシャワーも整っています。でも、一般的な温泉施設で行っているようなマッサージなどのサービスはありません。そのことを事前にお客さんに知っておいてもらうために、温泉の創設者がこの名を付けたのだそうです。



敷地内には、1999年に開設した『こっちの湯』(元湯)と、2003年に開設した『あっちの湯』(新湯)があります。それぞれ別の2つの源泉からお湯をひいていますが、基本的にはいずれもアルカリ性単純温泉。神経痛や筋肉痛、関節痛などの回復が期待でき、湯上りには肌がツルツルになると好評です。『こっちの湯』『あっちの湯』ともに内湯と露天風呂があり、また湯温も「ぬる湯」と「あつ湯」に分けてあるので、好みの温度で温泉につかることができます。

あっちの湯



ただし、入浴料は、『こっちの湯』と『あっちの湯』でそれぞれに必要です。どちらか一つを選ぶか、せっかくだから二つの湯に入るか、ちょっと迷いそうです。

サイコロ



『こっちの湯』のお湯は元湯の源泉からひいた、無色透明なpH9.68のアルカリ性単純温泉。露天風呂からは富士山が真正面に見え、その眺望を心ゆくまで楽しみつつ温泉につかることができます。営業時間は、平日は午前10時30分から午後5時で、土日祝日は終わりが午後10時(最終受付は午後9時30分)までとなります。

こっちの湯



『こっちの湯』も決して狭くはありませんが、『あっちの湯』はかなり広く、『こっちの湯』の2倍。よりゆったり過ごせます。『あっちの湯』のお湯は新源泉(黄金の湯)からひいたもので、無色透明なpH10.1のアルカリ性単純温泉。こちらの営業時間は、始まりがなんと日の出の1時間前!湯につかりながら日の出を迎えるという希有な体験ができるのです。そして、終わりは平日・土日祝日とも午後10時(最終受付は午後9時30分)まで。天気が良ければ、星空の下、ちらちらと明かりの灯る甲府盆地を見降ろしつつ温泉を堪能することができます。

あっちの湯 日の出



あっちの湯 夜景



「ほったらかし」とは言え、自由にくつろげる休憩所も整っています。また、朝ごはんの『気まぐれ屋』(不定期:お昼頃~売り切れ次第終了)では、「ごはん、味噌汁、生たまご、つけもの」からなる朝ごはんセットを提供。この卵かけごはんが絶品との評判も呼んでいます。さらに、軽食スタンドのメニューからは、温泉卵に衣を付けて揚げた『温玉揚げ』といった名物も誕生しています。

気まぐれ屋 朝食



温玉揚げ



シンプルに温泉と絶景を楽しめる、開放感たっぷりの『ほったらかし温泉』。あなたなら、どの時間のどんな景色を見に行きますか?

詳細情報

名称 ほったらかし温泉
住所 山梨県山梨市矢坪1669-18
電話 0553-23-1526
営業時間 【こっちの湯】午前10時30分~午後5時(土日祝日は午後10時まで、最終受付は午後9時30分)【あっちの湯】日の出1時間前~午後10時(最終受付は午後9時30分)
入浴料 (一風呂) 大人:800円、0歳~小学6年生:400円
駐車場 300台
アクセス 中央自動車道勝沼ICまたは一宮・御坂ICから約25分
ホームページ http://www.hottarakashi-onsen.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 南アルプスから流れ出た清涼な水を活かした、ニジマスの管理釣り場『白州トラウトフィッシングエリア Shylph』

    ロータスな旅 > 甲信越

    南アルプスから流れ出た清涼な水を活かした…

    山梨県北杜市は山梨県の最北端に位置する街で、八ヶ岳や甲斐駒ヶ岳といった山々に囲まれた八ヶ岳南麓の冷涼な山岳高原地です。市内にはアウトレットモールや牧場といった観…

    2017.09.12更新

  • 新潟県三条市にあるアウトドア・ブランド『スノーピーク』が本社隣地の丘に展開する広大なキャンプ場!『スノーピークヘッドクォーターズ キャンプフィールド』

    ロータスな旅 > 甲信越

    新潟県三条市にあるアウトドア・ブランド『…

    『株式会社スノーピーク』は、新潟県三条市に本社を構えるアウトドア総合メーカー。前身は金物問屋でしたが、登山に打ち込んでいた創業者の山井幸雄氏が、自らが求める安全…

    2020.07.21更新

  • 旬の野菜・くだものはもちろん、絶品の根曲がり竹を素材にした『サバタケ』など地域色豊かな食に出会える!『道の駅 北信州やまのうち』

    ロータスな旅 > 甲信越

    旬の野菜・くだものはもちろん、絶品の根曲…

    長野県の北東に位置する山ノ内町(やまのうちまち)は、志賀高原や湯田中渋温泉郷などがある観光地として有名です。『道の駅北信州やまのうち』は、上信越自動車道の信…

    2017.04.25更新

  • お楽しみは浜焼きの食べ歩き!日本海で獲れたばかりの鮮魚やカニ・貝類などを扱うお店が軒を連ねる!『寺泊魚の市場通り(魚のアメ横)』

    ロータスな旅 > 甲信越

    お楽しみは浜焼きの食べ歩き!日本海で獲れ…

    新潟県長岡市寺泊は、日本海に面した港町です。この地を訪れたら、決して外せないのが、海の幸を存分に味わえる『寺泊魚の市場通り』。地元・寺泊港で水揚げされた魚介類を…

    2020.02.20更新

  • 念吉のプラリネ

    ロータスな旅 > 甲信越

    念吉のプラリネ

    お米や日本酒、海産物など、様々な美味が揃う新潟県。お菓子では、お米を使ったせんべい類が有名ですが、実は地元の人たちに長く愛されている洋菓子があります。「プラリ…

    2015.10.16更新

  • 1648年創業の『御本陳 藤屋』が2006年にリニューアル。大正モダニズムの薫るレストランでの食事は長野の旅の1コマとして欠かせない!『THE FUJIYA GOHONJIN(ザ フジヤゴホンジン)』

    ロータスな旅 > 甲信越

    1648年創業の『御本陳 藤屋』が200…

    『THEFUJIYAGOHONJIN』の前身は、1648年創業の『御本陳藤屋旅館』。『本陳』(一般的な表記は『本陣』)とは、大名など身分の高い人が宿泊する…

    2019.04.23更新

< 前のページへ戻る