ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

近畿(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)

大阪府の奥河内(おくかわち)にオープンした大型の“食べて、遊んで、体験できる”道の駅。ビュッフェレストランでは地元の野菜などを使ったお惣菜に舌鼓!各種体験プログラムの充実なので、お出かけ前に下調べを!『道の駅 奥河内くろまろの郷』

2019年1月29日更新

大阪府南河内地域に位置する河内長野(かわちながの)市。大阪都心まで約30分、関西国際空港へは約1時間という交通至便のロケーションでありながら、自然の多く残る環境を有しています。南部の山麓地域は「奥河内(おくかわち)といわれ、滝畑四十八滝(たきはたしじゅうはちたき)や岩湧山(いわわきさん)などの自然観光地、観心寺や金剛寺、高野街道などの史跡や歴史的建造物が点在します。
『道の駅 奥河内くろまろの郷』は、この奥河内に、“食べて、遊んで、体験できる”道の駅として、2017年(平成29年)にリニュアルオープン。『お出迎えエリア』と『体験エリア』に分かれて建つ各施設は、年齢を問わず楽しめる内容となっています。
まずは『お出迎えエリア』の奥河内ビジターセンター。ここには、インフォメーションコーナーや多目的スペース、パン工房、物産店、ジュース工房、レンタサイクルがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『むささびパン工房+CAFE』では、添加物を使わずに焼き上げた天然酵母パンや、河内長野産全粒粉のパンを提供しています。『天然酵母食パン』(1斤330円)、『全粒粉食パン』(1斤480円)、天然酵母の『バタール』(300円)、『クリームパン』(190円)など種類は豊富。『葱たっぷりPIZZA』(700円)や、『マルゲリータPIZZA』(500円)も人気です。また、地元の農産物を使ったジュースやスープ、ご当地ソフトクリーム、かき氷などもそろっています。

奥河内くろまろの郷 お惣菜パン (1)

奥河内くろまろの郷 トマトジュース

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
『かわちもん物産店』では、特産のつまようじをはじめ、農産加工品、木工製品など、お土産にぴったりの品々を販売しています。
レンタサイクルのレンタル料は、クロスバイク(1000円/1日)、電動アシスト付クロスバイク(1500円/1日)。いずれも予約優先です。

奥河内くろまろの郷 レンタサイクル自転車
『お出迎えエリア』は、そのほかにレストランや農産物直売所もあります。
地元農家が作った新鮮な河内野菜をたっぷり使った料理を提供する飲食施設が、『ビュッフェレストラン奥河内』です。“地元のお母さんたち”が丁寧に手作りしたお惣菜、こだわりの卵、河内長野産のおいしいお米…ついつい食べ過ぎてしまいそうです。料金は中学生以上(1500円)、小学生(800円)、幼児(500円)、65歳以上(1400円)で、時間は90分制。ただし、土・日曜、祝日は70分制です。食材がなくなり次第閉店なので、事前予約(電話0721・53・3030※当日予約は不可)がおすすめです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

奥河内くろまろの郷 レストラン野菜 (2)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
『JA大阪南農産物直売所 あすかてくるで河内長野店』には、新鮮な野菜や果物、精肉、手作り惣菜などが並びます。定期的に特売セールを行っているので、お見逃しなく。

奥河内くろまろの郷 JA野菜
『体験エリア』には、世界の美しい花や珍しい花に出会える植物園『大阪府立花の文化園』、土器・石器・民具など河内長野の歴史資料を展示した『河内長野市立ふるさと歴史学習館』、木とふれあいながら創造の楽しさを体験できる『森のサテライト木根館(きんこんかん)‐河内長野市立林業総合センター』、収穫体験を家族で楽しむことができる農の体験フィールド『交流農園・くろまろファーム』があります。これらの施設は一つ一つが観光の目的地になり得るほど充実しており、『道の駅 奥河内くろまろの郷』の個性となっています。

奥河内くろまろの郷 花文大温室
『大阪府立花の文化園』は、1990年9月に開園。バラ園やクレマチス園、ボタン園、クリスマスローズガーデンなどの各種ガーデンと、一年を通して植物との出会いが楽しめる大温室があります。また、マルシェや屋外イベントが行われる芝生広場やイベント広場、各種教室や展示ができる研修室やイベントホール、工芸、園芸、調理の設備が揃った花の工房など、貸出施設も充実しており、それらを活用したイベントも行われています。利用には入園料が必要です(『大阪府立花の文化園』のホームページ[http://gfc-osaka.com/]を確認してください)。

奥河内くろまろの郷 花文大花壇 (2)
『森のサテライト木根館‐河内長野市立林業総合センター』では、河内材を用いた木工教室を月に何回か開催。詳細は、木根館のホームページ[http://sinrin.org/kinkonkan/]で告知されるので、チェックしてください。

奥河内くろまろの郷 ウサギと貯金箱

奥河内くろまろの郷 ペン立て

奥河内くろまろの郷 汽車
『くろまろファーム』では、農産物の収穫を体験できるプログラムを実施しています(内容などの詳細は、ホームページ[http://kuromaro.com/programs/index.html]を確認してください)。

詳細情報

名称 道の駅 奥河内くろまろの郷
住所 大阪府河内長野市高向1218-1
電話番号 0721-56-9606、あすかてくるで河内長野店:0721-52-3733
営業時間 午前9時~午後6時、あすかてくるで河内長野店:午前9時30分~午後6時、ビュッフェレストラン奥河内:午前10時30分~午後2時頃(入店は午後1時まで、食材がなくなり次第終了)
定休日 年末年始、あすかてくるで河内長野店:木曜日、年末年始
アクセス 阪神高速14号松原線の三宅ICより国道309号→国道170号経由で / 阪奈道の美原北ICより国道309号→国道170号経由で / 南阪奈道の羽曳野ICより国道170号経由で / 西名阪道で藤井寺ICより国道170号経由で
駐車場 普通車288台・大型車9台・身障者用など5台
ホームページ http://kuromaro.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 熊野古道/熊野本宮大社

    ロータスな旅 > 近畿

    熊野古道/熊野本宮大社

    熊野古道は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称です。古代から中世にかけて熊野三山の信仰が高まり、その様子は「蟻の熊野詣」…

    2015.10.16更新

  • 和歌山県有田市で生まれたご当地B級グルメ『たっちょほねく丼』。和食店『まごころの味しんまち』は全国丼グランプリ西日本バラエティ丼部門で金賞を連続受賞!

    ロータスな旅 > 近畿

    和歌山県有田市で生まれたご当地B級グルメ…

    有田市は和歌山県の中部に位置し、農産物では『有田みかん』で知られ、水産業は箕島漁港を中心に沿岸漁業が盛んで、太刀魚は漁獲高日本一を誇ります。その有田を元気にし…

    2018.03.28更新

  • たねやグループが未来づくりのステージとして展開する、自然に囲まれた“おいしい空間”『ラ コリーナ近江八幡』

    ロータスな旅 > 近畿

    たねやグループが未来づくりのステージとし…

    明治時代に、和菓子の製造・販売を始め、滋賀県を代表するお菓子の会社となったたねやグループ。グループの中でも、和菓子のたねや、洋菓子のクラブハリエは全国区の知名度…

    2017.10.10更新

  • 本州最南端で丸い水平線を眺め、クロマグロを味わいつくす!『潮岬観光タワー』

    ロータスな旅 > 近畿

    本州最南端で丸い水平線を眺め、クロマグロ…

    日本列島の本州最南端の地と言えば、和歌山県の潮岬です。ここまで南下して来ると、その先は海。広大な太平洋です。ですから、潮岬からは丸い水平線を見ることができます。…

    2016.07.15更新

  • オリジナル茶の銘柄が40種。店内の喫茶室ではお茶の淹れ方から手ほどきしてもらえる。京都ならではのお茶の老舗『一保堂茶舖(いっぽどうちゃほ)』

    ロータスな旅 > 近畿

    オリジナル茶の銘柄が40種。店内の喫茶室…

    京都を代表する名産品のひとつに、『お茶』があります。鎌倉時代に、臨済宗の開祖・栄西が宋から持ちかえったお茶の種を、京都の栂尾(とがのお)にある高山寺の明恵上人に…

    2017.07.25更新

  • 「ふるさとを面白く」をテーマにした、2016年11月オープンの新しい観光拠点『道の駅 かつらぎ』

    ロータスな旅 > 近畿

    「ふるさとを面白く」をテーマにした、20…

    奈良県の北西部、葛城山から二上山に延びる山脈の東麓に位置する葛城市は、北は香芝市、東は大和高田市、南は御所市、西は金剛生駒紀泉国定公園をはさんで大阪府南河内郡太…

    2017.06.27更新

< 前のページへ戻る