ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

近畿(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)

大阪府の奥河内(おくかわち)にオープンした大型の“食べて、遊んで、体験できる”道の駅。ビュッフェレストランでは地元の野菜などを使ったお惣菜に舌鼓!各種体験プログラムの充実なので、お出かけ前に下調べを!『道の駅 奥河内くろまろの郷』

2019年1月29日更新

大阪府南河内地域に位置する河内長野(かわちながの)市。大阪都心まで約30分、関西国際空港へは約1時間という交通至便のロケーションでありながら、自然の多く残る環境を有しています。南部の山麓地域は「奥河内(おくかわち)といわれ、滝畑四十八滝(たきはたしじゅうはちたき)や岩湧山(いわわきさん)などの自然観光地、観心寺や金剛寺、高野街道などの史跡や歴史的建造物が点在します。
『道の駅 奥河内くろまろの郷』は、この奥河内に、“食べて、遊んで、体験できる”道の駅として、2017年(平成29年)にリニュアルオープン。『お出迎えエリア』と『体験エリア』に分かれて建つ各施設は、年齢を問わず楽しめる内容となっています。
まずは『お出迎えエリア』の奥河内ビジターセンター。ここには、インフォメーションコーナーや多目的スペース、パン工房、物産店、ジュース工房、レンタサイクルがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『むささびパン工房+CAFE』では、添加物を使わずに焼き上げた天然酵母パンや、河内長野産全粒粉のパンを提供しています。『天然酵母食パン』(1斤330円)、『全粒粉食パン』(1斤480円)、天然酵母の『バタール』(300円)、『クリームパン』(190円)など種類は豊富。『葱たっぷりPIZZA』(700円)や、『マルゲリータPIZZA』(500円)も人気です。また、地元の農産物を使ったジュースやスープ、ご当地ソフトクリーム、かき氷などもそろっています。

奥河内くろまろの郷 お惣菜パン (1)

奥河内くろまろの郷 トマトジュース

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
『かわちもん物産店』では、特産のつまようじをはじめ、農産加工品、木工製品など、お土産にぴったりの品々を販売しています。
レンタサイクルのレンタル料は、クロスバイク(1000円/1日)、電動アシスト付クロスバイク(1500円/1日)。いずれも予約優先です。

奥河内くろまろの郷 レンタサイクル自転車
『お出迎えエリア』は、そのほかにレストランや農産物直売所もあります。
地元農家が作った新鮮な河内野菜をたっぷり使った料理を提供する飲食施設が、『ビュッフェレストラン奥河内』です。“地元のお母さんたち”が丁寧に手作りしたお惣菜、こだわりの卵、河内長野産のおいしいお米…ついつい食べ過ぎてしまいそうです。料金は中学生以上(1500円)、小学生(800円)、幼児(500円)、65歳以上(1400円)で、時間は90分制。ただし、土・日曜、祝日は70分制です。食材がなくなり次第閉店なので、事前予約(電話0721・53・3030※当日予約は不可)がおすすめです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

奥河内くろまろの郷 レストラン野菜 (2)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
『JA大阪南農産物直売所 あすかてくるで河内長野店』には、新鮮な野菜や果物、精肉、手作り惣菜などが並びます。定期的に特売セールを行っているので、お見逃しなく。

奥河内くろまろの郷 JA野菜
『体験エリア』には、世界の美しい花や珍しい花に出会える植物園『大阪府立花の文化園』、土器・石器・民具など河内長野の歴史資料を展示した『河内長野市立ふるさと歴史学習館』、木とふれあいながら創造の楽しさを体験できる『森のサテライト木根館(きんこんかん)‐河内長野市立林業総合センター』、収穫体験を家族で楽しむことができる農の体験フィールド『交流農園・くろまろファーム』があります。これらの施設は一つ一つが観光の目的地になり得るほど充実しており、『道の駅 奥河内くろまろの郷』の個性となっています。

奥河内くろまろの郷 花文大温室
『大阪府立花の文化園』は、1990年9月に開園。バラ園やクレマチス園、ボタン園、クリスマスローズガーデンなどの各種ガーデンと、一年を通して植物との出会いが楽しめる大温室があります。また、マルシェや屋外イベントが行われる芝生広場やイベント広場、各種教室や展示ができる研修室やイベントホール、工芸、園芸、調理の設備が揃った花の工房など、貸出施設も充実しており、それらを活用したイベントも行われています。利用には入園料が必要です(『大阪府立花の文化園』のホームページ[http://gfc-osaka.com/]を確認してください)。

奥河内くろまろの郷 花文大花壇 (2)
『森のサテライト木根館‐河内長野市立林業総合センター』では、河内材を用いた木工教室を月に何回か開催。詳細は、木根館のホームページ[http://sinrin.org/kinkonkan/]で告知されるので、チェックしてください。

奥河内くろまろの郷 ウサギと貯金箱

奥河内くろまろの郷 ペン立て

奥河内くろまろの郷 汽車
『くろまろファーム』では、農産物の収穫を体験できるプログラムを実施しています(内容などの詳細は、ホームページ[http://kuromaro.com/programs/index.html]を確認してください)。

詳細情報

名称 道の駅 奥河内くろまろの郷
住所 大阪府河内長野市高向1218-1
電話番号 0721-56-9606、あすかてくるで河内長野店:0721-52-3733
営業時間 午前9時~午後6時、あすかてくるで河内長野店:午前9時30分~午後6時、ビュッフェレストラン奥河内:午前10時30分~午後2時頃(入店は午後1時まで、食材がなくなり次第終了)
定休日 年末年始、あすかてくるで河内長野店:木曜日、年末年始
アクセス 阪神高速14号松原線の三宅ICより国道309号→国道170号経由で / 阪奈道の美原北ICより国道309号→国道170号経由で / 南阪奈道の羽曳野ICより国道170号経由で / 西名阪道で藤井寺ICより国道170号経由で
駐車場 普通車288台・大型車9台・身障者用など5台
ホームページ http://kuromaro.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 時空を超えて伊勢によみがえった安土城。武士が、忍者が、町民が闊歩する、めちゃめちゃエンターテイメントなテーマパーク『伊勢安土桃山城下街』

    ロータスな旅 > 近畿

    時空を超えて伊勢によみがえった安土城。武…

    戦国の世から、天下統一をほぼ実現した織田信長。その信長の治世である安土桃山時代をテーマの中心に置き、江戸時代のエポックもミックス、武士や忍者あるいは町人たちが生…

    2018.04.25更新

  • 清酒粕のみで漬けかえることで生まれる濃厚な味をたん能したい!『今西本店の奈良漬』

    ロータスな旅 > 近畿

    清酒粕のみで漬けかえることで生まれる濃厚…

    古都・奈良には、その伝統に縁の食品や料理があります。中でも、私たちに馴染のある一品といえば「奈良漬」でしょう。奈良漬は、西暦700年代から「粕漬」という名で存在…

    2016.07.15更新

  • 京都で1940年創業時のこだわりを貫く喫茶の老舗。職人が焙煎した美味しいコーヒー、優雅な食事、タイムスリップしたようなレトロな空間が待っている!『イノダコーヒ本店』

    ロータスな旅 > 近畿

    京都で1940年創業時のこだわりを貫く喫…

    京都の喫茶文化を担ってきた『イノダコーヒ』は、1940年(昭和15年)に、現在地でコーヒーの卸業として創業し、7年後にコーヒーショップを開業しました。以来、地元…

    2019.03.26更新

  • 日本一の富有柿の産地にして、真田幸村ゆかりの地としても知られる和歌山県九度山町(くどやまちょう)の『道の駅 柿の郷くどやま』

    ロータスな旅 > 近畿

    日本一の富有柿の産地にして、真田幸村ゆか…

    九度山町(くどやまちょう)は、和歌山県北部に位置する町です。高野山の開祖・空海(弘法大師)の母がここに暮らしており、空海が月に9度母に会いに来たことからその地名…

    2017.03.27更新

  • 滋賀の食材が大集合!買い物が楽しく、地産地消メニューがおいしい『道の駅 びわ湖大橋米プラザ』

    ロータスな旅 > 近畿

    滋賀の食材が大集合!買い物が楽しく、地産…

    日本最大の湖、琵琶湖に沿うように南北に広がる大津市は、世界文化遺産比叡山延暦寺をはじめとする名所旧跡や1200年続く湯治の地である雄琴温泉など、観光スポットが数…

    2017.04.12更新

  • おかずとしても、おやつとしても美味しい! 全国でもめずらしい、近江八幡の四角いお麩『丁字麩(ちょうじふ)』を知っていますか?

    ロータスな旅 > 近畿

    おかずとしても、おやつとしても美味しい!…

    麩といえば一般的には丸い形をしていますが、滋賀県の近江八幡では四角い麩が食べられています。戦国時代城主の豊臣秀次が天守閣から城下町を眺めていた時に、整然とした町…

    2016.10.14更新

< 前のページへ戻る