ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

近畿(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)

和歌山県有田市で生まれたご当地B級グルメ『たっちょほねく丼』。和食店『まごころの味しんまち』は全国丼グランプリ西日本バラエティ丼部門で金賞を連続受賞!

2018年3月28日更新

有田市は和歌山県の中部に位置し、農産物では『有田みかん』で知られ、水産業は箕島漁港を中心に沿岸漁業が盛んで、太刀魚は漁獲高日本一を誇ります。
その有田を元気にして、丼でまち起こしをしようと、『有田たっちょほねく丼食べよら会』という団体が中心になって生まれたご当地B級グルメが『たっちょほねく丼』です。

しんまち12

「たっちょ」とは太刀魚のことで、「ほねく」とは太刀魚の身を骨ごとすりつぶして油で揚げた揚げ平天のこと。細かな骨の多いことを逆手に取り、骨ごとすり身にすることでカルシウムたっぷり、独特の風味と食感があるほねくは有田ならではの素材です。
さて、『たっちょほねく丼』とはどんな丼か、ご紹介しましょう。①ほねくを玉ねぎとのかき揚げにする、②玉子を使う、③餡をかける、という3点が基本ルールです。これを満たせば、あとはお店ごとのアレンジをしてもよいということで、有田市内では10店舗以上の飲食店で、それぞれの個性ある『たっちょほねく丼』が提供されています。
その中からオススメするのが、和食店『まごころの味しんまち』です。

しんまち5

しんまち8

しんまち11

同店の『たっちょほねく丼』(600円、税抜)は一般社団法人全国丼連盟が主催する全国丼グランプリの西日本バラエティ丼部門で金賞を連続受賞(2017年時点で4回連続受賞)!『たっちょほねく丼』の知名度アップに貢献しています。

しんまち7
盛られた『たっちょほねく丼』はかなりのボリューム。ふっくらご飯の上に、地元名産の極醤油で仕上げた特製和風だしの餡と「フワッ」とした卵とじをかけ、たっぷりの薬味、そして丼からはみ出しそうなほねくと野菜の大ぶりのかき揚げが乗っています。サクサクのかき揚げをほおばると、ほねくのうま味が口に広がります。和風の味を堪能した後は、胡麻油に玉葱チップとすり胡麻を混ぜた薬味をかけて食べると中華風の味も楽しめるとのこと。
まだ未体験の皆様、この素晴らしい丼を味わいに、ぜひ有田を訪問しましょう!

詳細情報

名称 まごころの味しんまち
住所 和歌山県有田市宮原町新町148-2
電話番号 0737-88-5543
営業時間 午後5時30分~午後11時(L.O.午後10時)
定休日 月曜日
駐車場 あり
ホームページ http://shinmachi.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 建仁寺

    ロータスな旅 > 近畿

    建仁寺

    京都最古の禅寺といわれる建仁寺は、臨済宗建仁寺派の大本山で、開山は南宋に留学して禅を学び日本に伝えた栄西禅師です。開基は源頼家。鎌倉時代の建仁2年(1202年)…

    2015.10.16更新

  • 境内には心願成就のダルマがいっぱい!1300年の歴史を持ち、「勝ち運の寺」として有名な大阪・箕面の『勝尾寺(かつおうじ)』

    ロータスな旅 > 近畿

    境内には心願成就のダルマがいっぱい!13…

    大阪府箕面市にある真言宗の寺院『勝尾寺(かつおうじ)』は、「勝ち運の寺」「勝ちダルマの寺」として広く知られ、全国から勝運を求めてたくさんの参拝者が訪れています。…

    2018.01.31更新

  • 紀伊半島の中央部、自然がいっぱいの奈良県十津川村で、渓谷の空中散歩を楽しめる!『谷瀬(たにぜ)のつり橋』

    ロータスな旅 > 近畿

    紀伊半島の中央部、自然がいっぱいの奈良県…

    紀伊半島の中央、山々に囲まれた奥地に、日本一面積の大きい“村”である奈良県十津川村があります。この十津川村には、エメラルドグリーンの峡谷である瀞峡(どろきょう)…

    2018.06.26更新

  • 熊野古道/熊野本宮大社

    ロータスな旅 > 近畿

    熊野古道/熊野本宮大社

    熊野古道は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称です。古代から中世にかけて熊野三山の信仰が高まり、その様子は「蟻の熊野詣」…

    2015.10.16更新

  • 時空を超えて伊勢によみがえった安土城。武士が、忍者が、町民が闊歩する、めちゃめちゃエンターテイメントなテーマパーク『伊勢安土桃山城下街』

    ロータスな旅 > 近畿

    時空を超えて伊勢によみがえった安土城。武…

    戦国の世から、天下統一をほぼ実現した織田信長。その信長の治世である安土桃山時代をテーマの中心に置き、江戸時代のエポックもミックス、武士や忍者あるいは町人たちが生…

    2018.04.25更新

  • 1年に1回、10月の2週間ほどの間だけしか味わえない!「丹波篠山黒枝豆」

    ロータスな旅 > 近畿

    1年に1回、10月の2週間ほどの間だけし…

    丹波篠山地方では、古くから良質の黒大豆が栽培されてきました。正月のおせちに欠かせない黒豆ですが、「丹波黒」と呼ばれるように丹波篠山産の黒豆は一級品として、ブラン…

    2016.08.19更新

< 前のページへ戻る