ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

近畿(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)

1年に1回、10月の2週間ほどの間だけしか味わえない!「丹波篠山黒枝豆」

2016年9月30日更新

丹波篠山地方では、古くから良質の黒大豆が栽培されてきました。正月のおせちに欠かせない黒豆ですが、「丹波黒」と呼ばれるように丹波篠山産の黒豆は一級品として、ブランド化しています。すでに江戸時代には、その評価が確定し、幕府への献納品になっていたといいます。

丹波篠山の黒豆は篠山独特の気候風土が育んだ特産品で、昔から冬に乾燥したものを煮豆として食されてきました。この丹波篠山産黒大豆を秋に枝豆としていただくという、何とも贅沢な食べ方が近年人気となっています。丹波篠山黒枝豆は黒豆がサヤの中で熟成しきって、黒色になる前の青いサヤの状態のものです。豆粒が大きく、一般の大豆の枝豆にくらべてほのかな甘みと深いコクが感じられます。枝豆としての旬の時期は短く10月の初旬から中旬の2週間ほど。この時期を逃すと、もう1年待たなくてはなりません。

味まつり写真.

なにしろ、篠山市では毎年10月初旬に「丹波篠山黒枝豆販売解禁宣言」をして、本当においしい旬の時期に丹波黒の枝豆を味わってもらおうというプロモーションをしているくらい地元でも熱が入っているのです。ちなみに、9月にも早生品種の黒豆の枝豆があるのですが、やはり実りの秋にサヤからはじけそうなほどふくらんだ本黒(メインの品種をこのようにいいます)の枝豆が宿している芳醇な味をお楽しみいただきたいです。

丹波黒枝豆は通販でも購入できますが、できれば秋の1日、丹波篠山地方に旅して本場の若さやを手に入れ、その日のうちに枝豆にして食べたいものです。また、黒大豆のむき実を使い、ほんのり塩味に仕立てた黒大豆枝豆ごはんもぜひお試しあれ!

DSC_1687

黒大豆の枝豆

 

黒枝豆の茹で方(丹波篠山観光協会ホームページより)
①黒枝豆のサヤ(500g)を枝から切り落とします。
②黒枝豆を水洗いし、ボウルに入れて、塩を振って(大さじ3)こすり合わせて産毛を取り(塩もみ)、洗い流します。
③たっぷりの熱湯(2.5~3ℓ)の中に塩100~120gと②を入れて、12~15分程度茹でます(解禁直後は10分程度で一度様子をみてください。下旬に近づくほど長めに。時間は好みの硬さで調節して下さい)。
④ザルに上げて水気を切り、ざっと水をかけるか、広げます。粗熱をとり、一気に冷ますのが、鮮やかな緑色に仕上げるコツです。

 

丹波篠山黒枝豆販売の店マップ/篠山市
http://tourism.sasayama.jp/kuro-edamame/

丹波篠山特産物/丹波篠山観光協会
http://tourism.sasayama.jp/association/kuromamedayori/-.php/

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 「西の軽井沢」と呼ばれる『洞川(どろがわ)温泉』で温泉にひたり、清らかな水に親しむ

    ロータスな旅 > 近畿

    「西の軽井沢」と呼ばれる『洞川(どろがわ…

    奈良市内からクルマで約2時間、『洞川(どろがわ)温泉』は熊野川の源流ともなっている山上川のほとり、標高約820m余りの高地に位置する山里です。洞川温泉は、修験道…

    2016.11.28更新

  • 清酒粕のみで漬けかえることで生まれる濃厚な味をたん能したい!『今西本店の奈良漬』

    ロータスな旅 > 近畿

    清酒粕のみで漬けかえることで生まれる濃厚…

    古都・奈良には、その伝統に縁の食品や料理があります。中でも、私たちに馴染のある一品といえば「奈良漬」でしょう。奈良漬は、西暦700年代から「粕漬」という名で存在…

    2016.07.15更新

  • 滋賀県彦根市に昭和からある『近江ちゃんぽん』。滋味豊かなスープに、こだわりの特製自家製麺、生野菜や豚肉がたっぷり入った一杯を『ちゃんぽん亭総本家 本店』でいただく!

    ロータスな旅 > 近畿

    滋賀県彦根市に昭和からある『近江ちゃんぽ…

    『ちゃんぽん』は、長崎県の名物としてよく知られていますが、実は日本各地に“ご当地ちゃんぽん”が存在します。『近江ちゃんぽん』もその一つで、1963(昭和38)年…

    2020.11.12更新

  • エメラルドグリーンの渓流に沿って関西屈指のハイキングコースを歩こう!「みたらい渓谷」

    ロータスな旅 > 近畿

    エメラルドグリーンの渓流に沿って関西屈指…

    木々の緑がキラキラと輝く新緑の季節。ゆっくり散策したり、景色を眺めたりと、自然の中で気持ちよく過ごせるシーズンです。そんな初夏のひとときを楽しむのにぴったりなの…

    2022.06.23更新

  • 和歌山県有田市で生まれたご当地B級グルメ『たっちょほねく丼』。和食店『まごころの味しんまち』は全国丼グランプリ西日本バラエティ丼部門で金賞を連続受賞!

    ロータスな旅 > 近畿

    和歌山県有田市で生まれたご当地B級グルメ…

    有田市は和歌山県の中部に位置し、農産物では『有田みかん』で知られ、水産業は箕島漁港を中心に沿岸漁業が盛んで、太刀魚は漁獲高日本一を誇ります。その有田を元気にし…

    2018.03.28更新

  • 京都国際マンガミュージアム

    ロータスな旅 > 近畿

    京都国際マンガミュージアム

    クール・ジャパンのシンボルとして、いまや世界が注目するマンガ(漫画)。京都国際マンガミュージアムは、そのマンガの収集・保管・展示と、マンガ文化についての調査研究…

    2016.04.08更新

< 前のページへ戻る