ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

近畿(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)

オリジナル茶の銘柄が40種。店内の喫茶室ではお茶の淹れ方から手ほどきしてもらえる。京都ならではのお茶の老舗『一保堂茶舖(いっぽどうちゃほ)』

2017年7月25日更新

京都を代表する名産品のひとつに、『お茶』があります。鎌倉時代に、臨済宗の開祖・栄西が宋から持ちかえったお茶の種を、京都の栂尾(とがのお)にある高山寺の明恵上人に送ったと言われています。お茶の効能を栄西から聞いた明恵上人の勧めによって、京都山城地域でお茶(宇治茶)の栽培が普及しました。足利義満が宇治茶に特別の庇護を与えたことなどから、宇治茶はお茶のブランドとして知られるようになったのです。

そうした伝統を持つ京都には、お茶の老舗がいくつも存在します。その一つである『一保堂茶舖(いっぽどうちゃほ)』。その創業は、1717(享保2)年にさかのぼり、300年の歴史を有しています。屋号は1846(弘化3)年に山階宮家から賜ったもので、「茶一つを保つ」という意味があるとのこと。

一保堂2

一保堂1
一保堂は、東京とニューヨークにも店舗を構えていますが、本店は京都・寺町通りに面して建っています。扱うお茶は、穏やかな香りと上品な甘み、まろやかな味わいが特徴の京銘茶です。それらの原料茶葉を仕入れ、時を超えて受け継がれてきたブレンド技術(合組[ごうぐみ]=数種類のお茶を組み合わせて、一つの銘柄の味に仕立て上げること)によって一つ一つ個性ある銘柄に仕上げ、販売しているのです。オリジナルの銘柄は、抹茶、玉露、煎茶、番茶などで計40銘柄にもなります。その中から自分の好みやライフスタイルにあった銘柄を選ぶ・・・これは、京都の老舗だからこその楽しい体験であると言えるでしょう。

煎茶嘉木(中缶) 穏やかな渋みと共に感じられる甘みが印象的な煎茶

煎茶嘉木(中缶)
穏やかな渋みと共に感じられる甘みが印象的な煎茶



ティーバッグ30 おいしさを手軽に楽しむならティーバッグ 玉露、煎茶、ほうじ茶各10袋ずつの詰め合わせです。 ちょっとした手土産にも便利です。

ティーバッグ30
おいしさを手軽に楽しむならティーバッグ
玉露、煎茶、ほうじ茶各10袋ずつの詰め合わせです。
ちょっとした手土産にも便利です。



一保堂5

1回分袋(本店・丸の内店限定) 玉露は3種類 天下一、一保園、甘露、 煎茶は2種類 嘉木、薫風 上級銘柄の急須1回分袋(10g入り)は本格的な味わいを試したり、お土産にするのに便利で大変人気です。

1回分袋(本店・丸の内店限定、 玉露は3種類「天下一」「一保園」「甘露」、煎茶は2種類「嘉木」「薫風」)。上級銘柄の急須1回分袋(10g入り)は本格的な味わいを試したり、お土産にするのに便利で大変人気です。



一保堂では、お茶の魅力や面白さを知ってもらおうと教室活動を行っていますが、もう少し気楽にお茶の魅力を体験したいという方は、本店の中に設えられた『喫茶室嘉木(かぼく)』でお茶を飲んでみるとよいでしょう。

一保堂3
ここでは、店員さんに手ほどきしてもらい、自分が選んだ銘柄のお茶を、その茶葉に最も適した淹れ方で味わうことができます。しかも、“淹れるところからご自分で”というスタイルなので、体験としても印象深いものになります。

一保堂8
メニューの一例を挙げると、抹茶の濃茶『雲門の昔(うんもんのむかし)』が1,296円(税込、お菓子付き)、抹茶の薄茶『京極の昔(きょうごくのむかし)』が756円(税込、お菓子付き)。それから、時間限定(10時~13時)のセットメニューで、『薄茶(抹茶明昔[さやかのむかし]+番茶[ほうじ茶か玄米茶の選択]、お菓子付き』が972円(税込)です。
一保堂ならではの銘柄を、店員さんからお茶の淹れ方を教えてもらいつつ味わうお値段としてはたいへんリーズナブルだと言えるでしょう。しかも、添えられた和菓子は、これまた京都の老舗和菓子屋による季節の一品です。

テイクアウトカップ

テイクアウトカップ



「一服のお茶をいただく」。その一時が、深い文化と伝統への扉を開いてくれます。

詳細情報

名称 一保堂茶舖 京都本店
住所 京都府京都市中京区寺町通二条上ル
電話番号 075-211-3421
営業時間 午前9時~午後6時、喫茶室嘉木:午前10時~午後6時(LO午後5時30分)
休業日 休まず営業(正月を除く、喫茶室嘉木は年末年始休み)
アクセス 地下鉄東西線「京都市役所前」駅 11番出口 徒歩5分
駐車場
ホームページ http://www.ippodo-tea.co.jp/index.html
店舗 東京丸の内店:http://www.ippodo-tea.co.jp/shop/marunouchi-tokyo.html
Ippodo New York:http://www.ippodo-tea.co.jp/shop/ny.html

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • そうめん一筋300年の歴史を持つ奈良の老舗で、美しく美味しい極細そうめんや温かいにゅうめんをいただく!『三輪山本』

    ロータスな旅 > 近畿

    そうめん一筋300年の歴史を持つ奈良の老…

    今から1200年以上前、奈良県・三輪山の麓で誕生したとされている『手延べそうめん』。その歴史から、三輪地方(現在の奈良県桜井市の一部など)は日本においての“そう…

    2020.12.10更新

  • 奈良県宇陀市の山中にたたずむ女人高野と呼ばれる古刹「室生寺(むろうじ)」

    ロータスな旅 > 近畿

    奈良県宇陀市の山中にたたずむ女人高野と呼…

    奈良県の北東部、宇陀市の山中に佇む「室生寺」は、奈良時代末に創建された名刹。和歌山県にある高野山真言宗総本山の金剛峯寺(こんごうぶじ)が明治初期まで女人禁制を続…

    2021.10.12更新

  • 関西圏でスタミナ系ラーメンとして知られる『天理ラーメン』!奈良を訪れたなら、その元祖として知られる『彩華ラーメン』の本店と、発祥元となった屋台で、ぜひ味わいたい!

    ロータスな旅 > 近畿

    関西圏でスタミナ系ラーメンとして知られる…

    日本人の“国民食”の一つとして挙げられることも多い、ラーメン。全国各地にその地ならではのラーメンがあり、それぞれにスープの味わいや、具に使用する食材、麺の種類な…

    2019.08.20更新

  • 丹波篠山を秋・冬に訪れたならぼたん鍋はいかが!?「ぼたん鍋専門店 ぼたん亭」

    ロータスな旅 > 近畿

    丹波篠山を秋・冬に訪れたならぼたん鍋はい…

    イノシシの肉(猪肉)を野菜やキノコなどと一緒に味わう「ぼたん鍋」は、兵庫県丹波篠山市の郷土料理。1908(明治41)年、この地に駐屯していた陸軍歩兵部隊第70連…

    2023.10.26更新

  • 紀伊半島の中央部、自然がいっぱいの奈良県十津川村で、渓谷の空中散歩を楽しめる!『谷瀬(たにぜ)のつり橋』

    ロータスな旅 > 近畿

    紀伊半島の中央部、自然がいっぱいの奈良県…

    紀伊半島の中央、山々に囲まれた奥地に、日本一面積の大きい“村”である奈良県十津川村があります。この十津川村には、エメラルドグリーンの峡谷である瀞峡(どろきょう)…

    2018.06.26更新

  • 斑鳩の里で人気の、明治の建物を活用したグルメスポット「和CAFE 布穀薗(ふこくえん)」

    ロータスな旅 > 近畿

    斑鳩の里で人気の、明治の建物を活用したグ…

    近年、全国的に古い住宅を改築して、店舗や事務所などに活用する動きが高まっています。「古民家カフェ」や「古民家レストラン」も、各地で見られるようになりました。奈良…

    2023.06.22更新

< 前のページへ戻る