ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

近畿(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)

約1千年の歴史を刻み、西の比叡山と称される天台宗の古寺。映画『ラストサムライ』やNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』などのロケ地としても知られるパワースポットを体験しよう!『天台宗別格本山 書寫山 圓教寺』

2020年11月26日更新

兵庫県姫路市の北部にそびえる標高370mの書写山(書寫山)。山上に建つ『圓教寺(えんぎょうじ)』は、966(康保3)年に、天台宗の僧・性空上人(しょうくうしょうにん)によって開かれた古刹です。西国三十三所巡礼の二十七番札所であり、その格式の高さから「西の比叡山」とも呼ばれています。パワースポットとして注目されているほか、映画『ラストサムライ』やNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』などのロケに使われたこともあり、季節を問わず、多くの人が足を運びます。

摩尼殿





山上までは、ロープウェイか、徒歩で向かいます。マイカーで登ることはできません。2018(平成30)年3月に新調されたロープウェイのゴンドラは、ガラス面の広さが特徴です。遠く淡路島や明石海峡大橋まで見渡せて、空中を飛んでいるような感覚になります。所要時間は、片道約4分。料金は、片道が大人600円・小人300円、往復は大人1000円・小人500円です。冬季は運休期間があり、季節などにより発車時刻も変わります。詳しくは、『書写山ロープウェイ』のホームページで確認してください。



徒歩で登る人のために、6本の参道も整備されています。山登りに適した服装や持ち物を準備して、無理のないペースで歩きましょう。行きは徒歩で登り、帰りはロープウェイを利用するのも良さそうです。



『圓教寺』の拝観志納金は500円。そこに500円プラスすると、中核施設である『摩尼殿(まにでん)』までバスに乗ることができます。『摩尼殿』は、970(天禄1)年に創建され、その後、火災で焼失しましたが、1933(昭和8)年に再建。岩山の中腹に張り出した懸造(かけづくり、舞台造とも称される)の大きなお堂は、見応え十分です。本尊の六臂如意輪観世音菩薩は、1月18日の鬼追いの日に開扉されます。また、国指定の重要文化財『四天王立象』も安置されています。

摩尼殿



摩尼殿の先に行くと、大講堂、食堂(じきどう)、常行堂がコの字に並んでいます。建物はいずれも国指定の重要文化財で、合わせて『三之堂(みつのどう)』とも呼ばれています。大講堂は、圓教寺の本堂に当たり、お経の講義や論議が行われる学問と修行の場。食堂は、元々は修行僧の寝食のための建物でしたが、現在は1階が写経道場、2階が寺宝の展示館となっています。常行堂は、常行三昧(ひたすら阿弥陀仏の名を唱えながら本尊を回る修行)をするための道場です。

大講堂



丈六阿弥陀如来坐像(常行堂)



写経道場



さらに先に進むと、不動堂、開山堂、護法堂、護法堂拝殿が集まる『奥の院』があります。開山堂は、圓教寺開山の性空上人をまつる堂で、奥之院の中核施設です。

御朱印は、摩尼殿、食堂、開山堂でもらうことができます。計6種類あり、料金は1つ300円。中でも、開山堂のチベット語で書かれた珍しい御朱印は人気があります。



緑豊かな書写山の山懐に、約1千年の歴史を刻む『書寫山 圓教寺』。多くの建築物や文化財を見ることができますが、それだけでなく一日修行体験、坐禅体験、写経体験なども行っています。心を磨くそんな体験も、古くて新しい旅の楽しみとなるでしょう。

修正会(しゅしょうえ)



 

詳細情報

名称 天台宗別格本山 書寫山 圓教寺
住所 兵庫県姫路市書写2968
電話 079-266-3327
入山時間 午前8時30分~午後5時 ※季節により変動有り
定休日 年中無休
駐車場 書写山ロープウェイ)約270台
アクセス (書写山ロープウェイ駐車場まで)山陽自動車道姫路西ICから姫路西バイパス「鳥取・山崎」方面へ進み、相野ランプから約15分/神戸方面からは姫路バイパスの中地ランプから20分/中国自動車道の夢前スマートICから20分/中国自動車道の福崎ICから30分/中国自動車道の山崎ICから40分
ホームページ http://www.shosha.or.jp/ ※書写山ロープウェイhttps://www.mt-shosha.info/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 約1300年前、そこに都があった!『平城宮』の跡地に復原されている大規模な公園で、奈良時代の息吹を感じよう!『平城宮跡歴史公園』

    ロータスな旅 > 近畿

    約1300年前、そこに都があった!『平城…

    『平城宮跡』は、奈良時代に政治・文化の中心となっていた『平城宮』の跡地。1998(平成10)年には、『古都奈良の文化財』(東大寺、春日大社、春日山原始林、興福寺…

    2020.01.23更新

  • 南河内の新鮮食材の直売のほか、名物カレーパンやかすうどんが話題!『道の駅 しらとりの郷・羽曳野(しらとりのさと・はびきの)』

    ロータスな旅 > 近畿

    南河内の新鮮食材の直売のほか、名物カレー…

    大阪府南河内地域に位置する羽曳野市(はびきのし)は、古墳など古代からの史跡が多く残り、ぶどうやイチジクの栽培が盛んなことでも知られています。『道の駅しらとりの…

    2017.05.29更新

  • 但馬の豊かな農産物が集まったおいしさのふるさと・・・『道の駅 但馬のまほろば』(兵庫県)

    ロータスな旅 > 近畿

    但馬の豊かな農産物が集まったおいしさのふ…

    「まほろば」は、「実り豊かで素晴らしい場所」などの意味を持つ古語です。『道の駅但馬のまほろば』の名称は、この近くにある近畿地方最大級の円墳『茶すり山古墳』に由…

    2017.02.13更新

  • 日本で唯一の“コーヒーをテーマにした博物館”。一杯のコーヒーに潜んだ、まだ知らぬ物語と出会える『UCCコーヒー博物館』

    ロータスな旅 > 近畿

    日本で唯一の“コーヒーをテーマにした博物…

    神戸ポートアイランドにあるUCC上島珈琲株式会社本社に隣接して設置された『UCCコーヒー博物館』は、コーヒーの歴史や文化を伝える、日本で唯一の“コーヒーをテーマ…

    2018.06.12更新

  • 和歌山ラーメンとはまるで違う個性!お茶屋さんが作った和風ラーメンは、てんかすをトッピング!グリーンコーナーの『てんかけラーメン』

    ロータスな旅 > 近畿

    和歌山ラーメンとはまるで違う個性!お茶屋…

    カレーライスなどと並び、日本の国民食と呼ばれているラーメン。その地域ならではの『ご当地ラーメン』も多数あり、食べ歩きを目的に全国を旅する人もいるほどです。和歌…

    2020.07.07更新

  • 日本一の富有柿の産地にして、真田幸村ゆかりの地としても知られる和歌山県九度山町(くどやまちょう)の『道の駅 柿の郷くどやま』

    ロータスな旅 > 近畿

    日本一の富有柿の産地にして、真田幸村ゆか…

    九度山町(くどやまちょう)は、和歌山県北部に位置する町です。高野山の開祖・空海(弘法大師)の母がここに暮らしており、空海が月に9度母に会いに来たことからその地名…

    2017.03.27更新

< 前のページへ戻る