ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

「SLの走るまち」として全国に売り出し中の栃木県真岡(もおか)市。SLや懐かしい客車などを間近に見て、さわって、ちょっぴり体験もできる!『真岡鉄道 SLキューロク館』

2019年3月13日更新

栃木県真岡(もおか)市では、全国でも珍しく、現在もSLが運行しています。真岡駅の駅舎は、SLをモチーフにして設計・建築され関東の駅百選に選ばれています。そして、「SLの走るまち」としての魅力を発信する拠点施設として、2013(平成25)年4月28日にオープンしたのが『真岡鉄道 SLキューロク館』(なんと、入場無料!)です。施設名は、館内に展示している9600形蒸気機関車が大正時代に『キューロク』と呼ばれて親しまれたことに由来しています。

SLキューロク館2
重量感あふれる『キューロク(9600形蒸気機関車)』は、1920(大正9)年に製造されて以降、北海道で運行し、1976(昭和51)年に廃車となりました。現在、エアーの力で走行させていて、1回300円(3歳以下は無料※保護者同伴)で連結の車掌車に乗ることができます。走行があるのは、土曜日・日曜日・祝日の1日3回(10:30/12:00/14:30)です。

SLキューロク館3
館内には、1954(昭和29)年に製造され、北海道で急行『ニセコ』の客車として活躍した『旧型客車(スハフ4425号)』も展示されています。1987(昭和62)年に廃車となり、東京や愛媛での展示を経て、2012(平成24)年にこちらへ移送。車内に入って隅々まで見学し、“古き良き”時代の雰囲気を堪能できます。

SLキューロク館1
屋外展示の『D51形SL(D51146 )』は、以前は静岡市の公園に静態展示されていた車両です。車両の長さは約20メートル。黒光りするその姿には、鉄道ファンならずとも引き付けられます。

SLキューロク館4
その他、『キハ20形ディーゼル動車(キハ20247)』、『ワフ15形貨物緩急車(ワフ16号)』、『DE10 1014』、『ワ11形木造有蓋貨物車』などの車両を展示しています。
それから・・・館内の『96(キューロク)カフェ』(定休日/火曜・水曜)で購入した軽食などを、展示客車の『スハフ4425』の中の席で食べることができます。『96カフェ』には、『カレーパスタ』や『ナポリタン』、『カレーライス』(いずれも500円、税込、以下同様)の食事メニューのほか、コーヒー(250円)やソフトクリーム(各種300円)などが用意されています。

食事メニュー
ショップでは、様々なSLグッズや地元の銘菓などを販売。SLキューロク館オリジナルプリントクッキーなど、オリジナル商品もあります。
時間があれば、『真岡市情報センター SLギャラリー』(真岡駅4階)にも足を運んでみてください。レアな鉄道グッズの展示や、小さな子ども向けの電車の運転ゲームなどがあり、同館と併せて訪れると、より深くSLを楽しむことができます。

詳細情報

名称 真岡鉄道 SLキューロク館
住所 栃木県真岡市台町2474-6
電話番号 0285-83-9600
開館時間 午前10時~午後6時
休館日 火曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
入館料 無料
駐車場 150台
アクセス 北関東自動車道真岡ICより約4km
ホームページ http://sl-96kan.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 日本人の心に生き続ける人情の人・フーテンの寅さん。その声が、姿が、昭和の良き時代へと誘ってくれる!『葛飾柴又 寅さん記念館』

    ロータスな旅 > 関東

    日本人の心に生き続ける人情の人・フーテン…

    昭和を代表する映画シリーズ『男はつらいよ』。山田洋次監督が原作・脚本から手掛け、コメディアンの渥美清さんが主人公・車寅次郎(フーテンの寅)を演じました。1969…

    2019.11.21更新

  • 展示テーマは、あの『岩下の新生姜』!そのぶっ飛びのアトラクションで、ネットを騒然とさせた栃木の新観光名所『岩下の新生姜ミュージアム』

    ロータスな旅 > 関東

    展示テーマは、あの『岩下の新生姜』!その…

    2015年6月20日に、栃木県栃木市の新観光名所としてオープンした『岩下の新生姜ミュージアム』。『岩下の新生姜』をはじめとして新生姜&生姜、らっきょう、梅干など…

    2018.03.28更新

  • 年間4万人を越える登山者が訪れる谷川岳。土合口駅から1300メートルを超える天神平までを結ぶ『谷川岳ロープウェイ』

    ロータスな旅 > 関東

    年間4万人を越える登山者が訪れる谷川岳。…

    新潟県と群馬県の境にそびえる谷川岳は、日本百名山の一つ。山頂に、『オキノ耳』(標高1977メートル)と『トマノ耳』(標高1963メートル)と呼ばれる、二つのピー…

    2019.11.07更新

  • くるみを使ったつけ汁が美味! 大自然に囲まれた埼玉県・秩父地方の名物『くるみ蕎麦』

    ロータスな旅 > 関東

    くるみを使ったつけ汁が美味! 大自然に囲…

    おいしい蕎麦には水が命と言いますが、埼玉県秩父地方は四方を山々に囲まれた盆地になっており、その山間から湧く荒川上流部の源流は清らかです。また、小石が多く、痩せた…

    2016.11.14更新

  • 茨城県北西部、奥久慈にある大子町(だいごまち)。ここに、かの西行法師も感嘆した名瀑あり!『袋田の滝』

    ロータスな旅 > 関東

    茨城県北西部、奥久慈にある大子町(だいご…

    高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇る『袋田の滝』。日本三名瀑の一つで、滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名『四度(よど)の滝』とも呼ばれ、…

    2019.10.10更新

  • 房総半島の先端に位置する館山のドライブ拠点としていろいろ使える!しかも、超新鮮な地元の新鮮な魚介類を使った旅グルメも充実!『みなとオアシス“渚の駅”たてやま』

    ロータスな旅 > 関東

    房総半島の先端に位置する館山のドライブ拠…

    『みなとオアシス』とは、港湾にある旅客ターミナル・商業施設・広場・マリーナなどを活用して、住民の交流や観光集客を狙った拠点で、国土交通省港湾局が認可した施設です…

    2019.09.10更新

< 前のページへ戻る