ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

東京都下の景勝地『秋川渓谷』に抱かれた温泉で、別荘のようなコテージに泊まり、身も心もくつろぐ…『秋川渓谷 瀬音の湯』

2018年12月6日更新

東京都下にありながら、自然が豊かなあきる野市にある『秋川渓谷』。紅葉の頃が有名ですが、いつ訪れても喧騒を離れてゆったりとした時間を過ごすことができます。
この秋川渓谷にある人気の日帰り温泉泉施設が、『秋川渓谷 瀬音(せおと)の湯』です。

瀬音の湯_施設外観秋web

地下1500mから湧出し、 PH10.1とアルカリ度がとても高いお湯は、肌に「ぬるっ」とした感触を感じ、「美肌の湯」と言われています。
源泉かけ流しの内風呂には大きなガラス窓が設えられており、春は新緑、夏の深緑、秋は紅葉、冬の雪景色と、四季折々の景色を楽しみながら、ゆっくり温泉にひたることができます。
渓谷の斜面に設定された露天風呂。下に清流が流れ、周囲を杉の木などに囲まれているので、昼間は温泉浴+森林浴が楽しめ、夜には(晴れていれば)頭上に東京とは思えない星空を眺めることができます。

男湯 内風呂

男湯 内風呂



男湯 露天風呂

男湯 露天風呂



女湯 露天風呂

女湯 露天風呂



『秋川渓谷 瀬音の湯』には、日帰り温泉泉施設だけでなく、敷地内にコテージがあり、宿泊してゆっくり過ごすことができます。
コテージは、2階建てのメゾネットタイプ(8棟)と平屋のデラックスタイプ(2棟)。キッチンもあり、冷蔵庫・電子レンジなどが用意されているので、飲食品を持ち込むこともできますが、敷地内のレストランを利用するのが便利です。

2階建てのメゾネットタイプのコテージ(外観)

2階建てのメゾネットタイプのコテージ(外観)



2階建てのメゾネットタイプのコテージ(内観)

2階建てのメゾネットタイプのコテージ(内観)



宿泊料金は、平日ならメゾネットタイプで大人1人8000円(2名利用時、シングル利用11000円)、デラックスタイプで大人1人9000円(2名利用時、シングル利用12000円)。土日休前日や夏休み・繁忙期は少しずつ高めの設定になるので、ホームページで確認してください(それでもリーズナブルではありますが)。

別棟の和食レストラン『和食だいにんぐ川霧』では、期間限定の瀬音膳(せおとぜん)1080円(税込、以下同様)、せいろそば(750円)、きのこそば(温、900円)などのメニューのほか、ディナータイムには季節ならではの一品料理を味わうことができます。

和食だいにんぐ川霧(店内)

和食だいにんぐ川霧(店内)



せいろ蕎麦

せいろ蕎麦



また、新鮮な朝採り野菜や特産品・手づくり製品などを購入できる『物産販売所 朝露』、足湯などがあります。自然豊かな秩父多摩甲斐国立公園をドライブし、温泉を堪能する…そんな時間を過ごしてみませんか。

物産販売所

物産販売所



足湯

足湯



瀬音の湯 森のテラス

瀬音の湯 森のテラス



紅葉の秋川渓谷(新矢柄橋からの眺め)

紅葉の秋川渓谷(新矢柄橋からの眺め)

詳細情報

名称 秋川渓谷 瀬音の湯
住所 東京都あきる野市乙津565番地
電話番号 042-595-2614
営業時間 午前10時~午後10時(最終受付は午後9時)
定休日・休業日 3月、6月、9月、12月の第二水曜日(他不定休あり)
入浴料 (3時間制)大人900円、子供450円
アクセス 車】圏央道あきる野ICより約12km(約30分)、【電車】JR中央線「立川」駅乗換~JR青梅線「拝島」駅乗換~JR五日市線「武蔵五日市」駅下車、バス「瀬音の湯経由上養沢行き」約17分
駐車場 普通車135台 ※普通車の駐車料金は無料
ホームページ http://www.seotonoyu.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 芦ノ湖湖畔にて、ここにしかない優雅なティータイムを楽しむ。山のホテル別館 デザートレストラン『サロン・ド・テ ロザージュ』

    ロータスな旅 > 関東

    芦ノ湖湖畔にて、ここにしかない優雅なティ…

    箱根・芦ノ湖畔に佇む本格リゾートホテル『山のホテル』。1948年(昭和23年)の創業以来、落ち着きある客室や美しい庭園、極上の料理など、ワンランク上のおもてなし…

    2019.05.28更新

  • 地元の食材を味わい、森林の中の遊歩道で散策を楽しむ!未病改善をテーマにした神奈川県大井町の新スポット『me-byo valley  BIOTOPIA(未病バレー ビオトピア)』

    ロータスな旅 > 関東

    地元の食材を味わい、森林の中の遊歩道で散…

    2018(平成30)年4月、神奈川県大井町に『me-byovalley BIOTOPIA(未病バレービオトピア)』という耳慣れない施設がオープンしました。…

    2020.02.20更新

  • KITTE(キッテ)

    ロータスな旅 > 関東

    KITTE(キッテ)

    東京の表玄関、東京駅を丸の内側に抜けると、丸ビル、新丸ビルとともに丸の内の新しい顔なった「JPタワー」が目に飛び込んできます。旧東京中央郵便局の局舎を一部保存・…

    2015.10.16更新

  • 日本の食卓に欠かせないしょうゆについて、楽しく深く知ってみよう!「キッコーマン もの知りしょうゆ館」

    ロータスな旅 > 関東

    日本の食卓に欠かせないしょうゆについて、…

    「キッコーマン食品野田工場」内の一角に併設されている「もの知りしょうゆ館」では、しょうゆの歴史や製造工程をわかりやすく説明してくれる約1時間の見学コースに参加…

    2016.08.19更新

  • 創建はなんと紀元前600年以上前の神武18年。全国約400社という香取神社の総本社にして、“武道・建国の神”が鎮まる『香取神宮』

    ロータスな旅 > 関東

    創建はなんと紀元前600年以上前の神武1…

    千葉県香取市にある『香取神宮』は、“関東屈指のパワースポット”として知られ、遠方からもたくさんの方が参拝に訪れる神社です。それもそのはず、全国に約400社ある…

    2018.06.26更新

  • タヌキがいっぱい!「ぶんぶく茶釜」のお伽ばなしを生み出した「茂林寺」

    ロータスな旅 > 関東

    タヌキがいっぱい!「ぶんぶく茶釜」のお伽…

    民間伝承をもとにしたお伽ばなし「ぶんぶく茶釜(分福茶釜)」。今日では、いろいろなストーリーが描かれていますが、基本は「貧しい男が罠にかかったタヌキを助けてあげた…

    2016.06.14更新

< 前のページへ戻る