ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

約4,800種類、10万本・株の樹木が植えられている都内のオアシス。とくに春と秋のバラフェスタは圧巻!『神代植物公園』

2018年7月13日更新

都内にあって、自然を感じることのできる調布市の『神代植物公園』。ここは、もともと東京の街路樹などを育てるための苗圃(びょうほ、苗を育てるための畑)でしたが、1940(昭和15)年4月に『神代緑地』として造成が開始され、1961(昭和36)年10月20日に『神代植物公園』と改め、都内唯一の植物公園として開園されました。

バラ園

ばら園



現在、約4,800種類、10万本・株の樹木が植えられています。園内は、ばら園、つつじ園、うめ園、さくら園など、植物の種類ごとに30ブロックに分けられ、四季を通して美しい光景を楽しむことができます。

パラ園

ばら園



つつじ園

つつじ園



うめ園

うめ園



また、『神代植物公園』では、古くから伝わる日本の園芸植物の品種の保存や植物・園芸に関する催しや 展示会を開催しています。たとえば、つつじ園には江戸時代から昭和10年代までに作られた園芸新種が、つばき園にも江戸時代から残る品種を中心とした江戸園芸に由来する園芸品種が植栽されています。
見どころをいくつか見ていきましょう。
ばら園…なんといってもこの植物公園を代表する一角が、ばら園です。シンメトリックに設計された沈床式庭園に、“春ばら”は409品種5,200余本、“秋ばら”は約300品種5,000余本が植えられており、春は5月下旬の頃、秋は10月中旬頃から花盛りとなります。このばら園は、第15回世界バラ会議バンクーバー大会において「世界バラ会連合優秀庭園賞(WFRS Award of Garden Excellence)」を受賞しました。

テラスとバラ園

テラスとばら園



神代植物公園_ばら園風景
つつじ園…正門付近から池の周辺に植えられた“つつじ”の大群植は、この植物公園の大きな見どころです。280品種、12,000株という規模は他に例のないものです。

つつじ園

つつじ園



うめ園…園内には、72品種、210本の梅の木があり、早咲き(1月下旬)から遅咲き(3月下)まで花を楽しむことができます。

梅園

うめ園



さくら園…園内にはサトザクラなど600本のサクラが植えられています。さくら園のほか、芝生広場の西側や、ばら園入口のソメイヨシノの並木もさくらのスポットとなっています。

桜園

さくら園



水生植物園…深大寺を挟んで南東にある分園です。 本園は有料ですが、こちらは無料。深大寺の裏山から湧き出た水が集まって湿地帯になっていたところに、木道などが整備され、水辺の散策を楽しめます。

水生植物園

水生植物園



水生植物園

水生植物園



大温室…珍しい熱帯の植物など約1300品種を有する大温室です。熱帯の花木室、熱帯スイレン室、ベゴニア室などがあります。2016(平成28)年5月年にリニューアルオープンしました。

大温室熱帯花木室

大温室熱帯花木室



アサヒカズラ

アサヒカズラ



そのほか、ピクニック気分になれる芝生広場や武蔵野の風情を感じることができる雑木林など、見どころは尽きません。

芝生広場

芝生広場



多様性センター奥多摩

多様性センター奥多摩



多様性センター情報館展示

多様性センター情報館展示



5月の「春のバラフェスタ」、10月の「秋のバラフェスタ」、桜花期の「さくらまつり」など季節ごとにイベントを実施しています。
正門近くのガーデンビューローとばら園前のショップでは、『神代バラのソフトアイス』(400円)が販売されており、好評です。

詳細情報

名称 神代植物公園
所在地 東京都調布市深大寺元町二・五丁目、深大寺北町一・二丁目、深大寺南町四・五丁目
電話番号 042-483-2300(神代植物公園サービスセンター)
開園時間 午前9時30分~午後5時(最終入園は午後4時まで)(水生植物園の閉門時間は午後4時30分)
休園日 毎週月曜日(月曜日が祝日にあたる場合は、その翌日)、年末年始(12月29日~翌年1月1日)
入園料 一般・大人:500円、65歳以上:250円、中学生:200円※都内在住・在学の中学生は無料、小学生以下無料、※団体割引制度あり、※障がい者など対象の入園無料制度あり、※みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)は無料公開
アクセス 【車】中央自動車道 調布ICから約5分(※行楽シーズンは混雑・渋滞が予想されるので注意のこと)、【電車】京王線から調布駅またはつつじヶ丘駅からバスで約20分、JR中央線から三鷹駅または吉祥寺駅からバスで約20分
駐車場 第一駐車場228台(有料/[普通車]1時間まで300円、以後30分毎に100円、[バス]2時間まで2,000円、以後30分毎に500円)、その他第二駐車場あり

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 地元の食材を味わい、森林の中の遊歩道で散策を楽しむ!未病改善をテーマにした神奈川県大井町の新スポット『me-byo valley  BIOTOPIA(未病バレー ビオトピア)』

    ロータスな旅 > 関東

    地元の食材を味わい、森林の中の遊歩道で散…

    2018(平成30)年4月、神奈川県大井町に『me-byovalley BIOTOPIA(未病バレービオトピア)』という耳慣れない施設がオープンしました。…

    2020.02.20更新

  • パン工房にファーマーズマーケット…「家族で1日楽しめる道の駅」で東日本1位に輝く『道の駅川場田園プラザ』(群馬県)

    ロータスな旅 > 関東

    パン工房にファーマーズマーケット…「家族…

    群馬県川場村にある『道の駅川場田園プラザ』は、「関東好きな道の駅」で5年連続第1位、「家族で1日楽しめる道の駅」で東日本1位になっている人気の道の駅です。通称は…

    2017.01.16更新

  • 『吉見いちご』で知られる埼玉県吉見町の道の駅はやっぱり“いちご三昧”!『いちご生どら焼き』『いちごのしずくサイダー』『いちご大福』のほか食堂では『いちごカレーうどん』まで!『道の駅 いちごの里よしみ』

    ロータスな旅 > 関東

    『吉見いちご』で知られる埼玉県吉見町の道…

    埼玉県吉見町は、県内一のいちごの生産量を誇るいちご生産地。『吉見いちご』の名称で親しまれています。そんな吉見町に、2005年2月オープンした『道の駅いちごの里…

    2019.05.15更新

  • 明太子の老舗『かねふく』が工場見学をエンターテイメントにアレンジ!面白くておいしい!『めんたいパーク大洗』

    ロータスな旅 > 関東

    明太子の老舗『かねふく』が工場見学をエン…

    ごはんはもちろんパスタなどにも使われ、すっかり日本の食卓に定着した辛子明太子(以下、明太子)。ただし、これほど普及したのは昭和の頃で、日本の伝統食とは一線を画し…

    2017.10.24更新

  • 創建はなんと紀元前600年以上前の神武18年。全国約400社という香取神社の総本社にして、“武道・建国の神”が鎮まる『香取神宮』

    ロータスな旅 > 関東

    創建はなんと紀元前600年以上前の神武1…

    千葉県香取市にある『香取神宮』は、“関東屈指のパワースポット”として知られ、遠方からもたくさんの方が参拝に訪れる神社です。それもそのはず、全国に約400社ある…

    2018.06.26更新

  • 日本の食卓に欠かせないしょうゆについて、楽しく深く知ってみよう!「キッコーマン もの知りしょうゆ館」

    ロータスな旅 > 関東

    日本の食卓に欠かせないしょうゆについて、…

    「キッコーマン食品野田工場」内の一角に併設されている「もの知りしょうゆ館」では、しょうゆの歴史や製造工程をわかりやすく説明してくれる約1時間の見学コースに参加…

    2016.08.19更新

< 前のページへ戻る