ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

奥日光に再現されたアーネスト・サトウからの贈り物。“古き良き英国”をしみじみ味わう『英国大使館別荘記念公園』

2017年9月26日更新

奥日光の中禅寺湖畔は、明治時代に避暑地として注目されるや、多くの外交官や大使館の別荘が建てられ、「夏は外務省が日光に移る」とまで言われる活況を呈しました。
その発端を成したと言われるのが、英国の外交官として明治の日本に大きな影響を与えたアーネスト・サトウです。若き日に英国公使館の通訳として来日した彼は、明治維新の現場に英国側の実務者として関わっただけでなく、「明治維新の原型になるような一文」ともされる『英国策論』を著し、近代日本の骨格形成にも影響を及ぼしました。そして、後には駐日公使を務め、計25年間にも渡る日本滞在を通じて世界に日本を紹介しました。

英国大使館3
アーネスト・サトウは、奥日光の豊かな自然と、美しい中禅寺湖の風景を愛し、1896(明治29)年に湖の南岸に個人別荘を建てました。後に、彼は日本を紹介する英文のガイドブックを多数著し、その一つ『日光案内』で自身が愛してやまない日光の姿を外国に紹介しています。

英国大使館4
サトウの別荘は、後に英国大使館別荘となり、2008(平成20)年まで利用されました。その後、2010(平成22)年に栃木県へ寄贈され、改修・復元が加えられ、2016(平成28)年7月1日に『英国大使館別荘記念公園』として開園しました。

英国大使館5
施設館内では、奥日光の国際避暑地としての歴史や英国文化についての展示を行っています。
1階には、アーネスト・サトウの次男・武田久吉博士(植物学者、日本山岳会の発起人の一人、「尾瀬の父」とも呼ばれる)が英国留学中に父から贈られたアンティークの書棚や机、その他の遺品などが竹田博士の娘である林静江氏から寄贈され、展示されています。アーネスト・サトウは日本滞在時に武田兼(たけだ かね)を内縁の妻とし、長女(幼い頃病死)と2人の息子をもうけました。当時の時代背景と外交官という立場上、家族と公に暮らすことはありませんでしたが、終生生活費を家族に送り、500通もの手紙を妻に宛てて送っていたそうです。そのようなアーネスト・サトウの人間性が偲ばれます。

英国大使館1
2階はアーネスト・サトウが活躍したのと同時期、英国・ビクトリア朝時代の文化・工芸などについての展示があります。
また、2階に設けられた『Tea Room 南4番Classic』では、駐日英国大使館から寄贈されたアンティーク家具の置かれた優雅な空間で、本場ならではのアフタヌーンティーを楽しめます。
ここで提供されるメニューは、英国大使館の指導のもと、大使館と同じレシピと材料で作られているのだそうです。紅茶にクロテッドクリーム・ジャムをつけたスコーンを味わうもよし、あるいは『大使館のチョコレートケーキ』をチョイスするもよし!ちなみに、ティールームの器は、英国のクラフトマンシップが息づくバーレイ社の陶磁器です。

英国大使館2
眼前に広がる四季それぞれの中禅寺湖畔の風景を静かに眺めつつ、心豊かな人生への思いをかみしめる・・・そんな一時を、どうぞ!

詳細情報

名称 英国大使館別荘記念公園
住所 栃木県日光市中宮祠2482
電話番号 0288-55-0880 (栃木県立日光自然博物館)
営業期間 【2017年】4月1日~11月30日
開館時間 午前9時~午後5時(4月及び11/11~11/30は午前9時~午後4時)
休館日 4月/11月の月曜日(祝日の場合は翌日)
観覧料 大人200円、小人(4歳~中学生)100円 ※『イタリア大使館別荘記念公園』との共通観覧券:大人300円、小人(4歳~中学生)150円
アクセス 日光宇都宮道路清滝ICから歌ヶ浜駐車場まで約35分(宇都宮ICからは約50分)→歌ヶ浜駐車場から徒歩約10分、JR日光線日光駅・東武日光線日光駅から東武バス中禅寺温泉または湯元温泉行きで約45分「中禅寺温泉」で下車徒歩約30分、半月山行き(季節運行)で約5分『イタリア・英国大使館別荘記念公園入口』下車徒歩約5分(バス運行は要確認/東部バス日光㈱日光営業所0288-54-1138)
駐車場 歌ヶ浜駐車場約100台、無料
ホームページ http://www.nikko-nsm.co.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 野趣あふれる旨みと歯ごたえが特徴のブランド鶏『奥久慈しゃも』の美味しさを味わい尽くすなら『大子(だいご)の割烹料理 弥満喜(やまき)』

    ロータスな旅 > 関東

    野趣あふれる旨みと歯ごたえが特徴のブラン…

    福島県と茨城県を流れる、延長124㎞の久慈川。上流域の奥久慈(おくくじ)は、雄大な景観や癒しの温泉、味わい深い食など、さまざまな魅力にあふれています。その中で旅…

    2020.08.06更新

  • 防災地下神殿と呼ばれる世界最大級の地下放水路「首都圏外郭放水路」

    ロータスな旅 > 関東

    防災地下神殿と呼ばれる世界最大級の地下放…

    首都圏外郭放水路(しゅとけんがいかくほうすいろ)は、埼玉県春日部市にある洪水を防ぐための施設です。内部に造られた巨大な水槽の見た目から「防災地下神殿」とも呼ばれ…

    2024.01.11更新

  • 茨城県の郷土食「つけけんちんそば」がうまい!「そば処 登喜和家」

    ロータスな旅 > 関東

    茨城県の郷土食「つけけんちんそば」がうま…

    江戸時代から現在に至るまで、そばづくりが盛んな茨城県。特に県北地域は、気候や地形がそば栽培に適していて、そばの名産地として金砂郷(かなさごう)そば街道、水府(す…

    2023.05.30更新

  • 「SLの走るまち」として全国に売り出し中の栃木県真岡(もおか)市。SLや懐かしい客車などを間近に見て、さわって、ちょっぴり体験もできる!『真岡鉄道 SLキューロク館』

    ロータスな旅 > 関東

    「SLの走るまち」として全国に売り出し中…

    栃木県真岡(もおか)市では、全国でも珍しく、現在もSLが運行しています。真岡駅の駅舎は、SLをモチーフにして設計・建築され関東の駅百選に選ばれています。そして、…

    2019.03.13更新

  • 川辺で清流に心洗われながら、地産地消の食を大いに楽しむ!「道の駅 常陸大宮~かわプラザ~」

    ロータスな旅 > 関東

    川辺で清流に心洗われながら、地産地消の食…

    「道の駅常陸大宮~かわプラザ~」は、2016年3月25日にオープンした道の駅(茨城県内では12番目)です。国道118号線と清流・久慈川にはさまれたロケーション…

    2017.03.13更新

  • 映画『のぼうの城』やTVドラマ『陸王』などで注目度アップ!戦国の名城の名残をとどめる行田の『忍城址公園(おしじょうしこうえん)』

    ロータスな旅 > 関東

    映画『のぼうの城』やTVドラマ『陸王』な…

    『忍城(おしじょう)』は、埼玉県行田市に存在したお城です。室町時代中期の文明年間に、行田周辺を支配していた成田氏によって築城されたと伝えられています。北を利根…

    2018.02.28更新

< 前のページへ戻る