ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

『東洋のナイアガラ』と呼ばれる、群馬県沼田市にある『吹割の滝』は、川面に入って滝の上から流れ落ちる滝の様を観ることができる!!

2020年9月10日更新

『吹割(ふきわれ)の滝』は、群馬県沼田市の吹割渓谷にある名瀑です。国の天然記念物であり、『日本の滝百選』の一つにも選ばれています。川床の岩盤を割くようにして水が流れ出していることから、この名が付けられました。高さ7メートル、幅30メートルに及ぶダイナミックな滝で、その様子から『東洋のナイアガラ』とも呼ばれています。



 

この『吹割の滝』の観光体験を希有なものにしているのは、その見学位置。『吹割の滝』は川面に入って、滝の上から流れ落ちる滝の様を観ることができるのです。「見上げる滝」ではなく、「見下ろす滝」というのは、全国を探しても珍しいはず。まさに、ここにしかない滝体験と言えるでしょう(※滝の上は危険な場所でもありますので、見学にあたっては十分に気をつけてください)。





『吹割の滝』は、900万年前の火山噴火による火砕流が固まった岩(溶結凝灰岩/ようけつぎょうかいがん)が、水に浸食されて出来上がったもので、1万年もの年月をかけ、現在の姿になりました。



吹割渓谷には、一周約2キロメートルの遊歩道が整備されていて、『吹割の滝』まで安全に行くことができます。また、その道中には、いくつもの見どころがあります。



観音堂



吹割渓谷の下流部に位置するのが、高さ15メートル、幅6メートルの『鱒飛(ますとび)の滝』。遡上してきた鱒がこの滝の段差を乗り越えようと飛び跳ねていたことが、名の由来です。鱒をその場に止めてしまうため、かつては『鱒止めの滝』と呼ばれていました。いずれにしても、鱒にとってかなりの難所だったというわけです。



遊歩道沿いには、大きく口を開けた鬼女のように見える岩壁『般若岩』があり、迫力満点。自然が作り上げた風景に圧倒されます。また、『吹割の滝』の近くにも獅子に似た『獅子岩』や、川底のくぼみにあった石が水の力で回転しながら岩を掘り下げることによりできた甌穴(おうけつ)など、さまざまな自然の造形が見られます。





ところで、『吹割の滝』には、滝壺が竜宮に通じているという伝説があります。村では祝い事のたび、滝壺にお願いの手紙を投げ入れて、竜宮から膳や椀を借りていましたが、ある時、一組だけ返し忘れてしまったのを機に、いくら頼んでも貸してもらえなくなったというもの。なお、返し忘れた膳椀は、『竜宮の椀』と呼ばれ、今も大切に保管されているそうです(公開はしていません)。

実際、白い水しぶきをあげて止めどなく流れ落ちる滝は、どこか神秘的。春には、雪解け水によって一層水量が増すため、さらに見応えがあります。また秋には紅葉の渓谷美を背景にしたフォトジェニックな姿も楽しめます。ぜひ一度、この名瀑を訪ね、「見下ろす滝」体験を楽しんでみてください。



詳細情報

名称 吹割の滝
住所 群馬県沼田市利根町追貝
電話 0278-25-8555(沼田市観光協会)※午前9時~午後5時(12月~2月は午後4時まで)
公開 12月中旬~3月下旬は冬季閉鎖。遊歩道は夜間通行止め
駐車場 吹割大橋手前信号の右側に無料駐車場(約10台)あり。利根支所前駐車場も駐車可。
滝に近い駐車場は民間のドライブインの駐車場。有料・無料があるので、確認してから駐車してください。
アクセス 関越自動車道沼田ICから約25分
ホームページ https://www.numata-kankou.jp/fukiwarenotaki/index.html
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • タヌキがいっぱい!「ぶんぶく茶釜」のお伽ばなしを生み出した「茂林寺」

    ロータスな旅 > 関東

    タヌキがいっぱい!「ぶんぶく茶釜」のお伽…

    民間伝承をもとにしたお伽ばなし「ぶんぶく茶釜(分福茶釜)」。今日では、いろいろなストーリーが描かれていますが、基本は「貧しい男が罠にかかったタヌキを助けてあげた…

    2016.06.14更新

  • 奥日立きららの里

    ロータスな旅 > 関東

    奥日立きららの里

    奥日立きららの里は、48haもの広大な敷地(東京ドーム10個分)に、いくつものアウトドア・レクリエーション遊具&設備と15棟のケビン(最大155人宿泊可能)やオ…

    2016.04.08更新

  • 房総半島ドライブのユニークな拠点。教室に泊ったり、昭和の給食が食べたりできる!廃校になった校舎を改装した『道の駅 保田小学校』

    ロータスな旅 > 関東

    房総半島ドライブのユニークな拠点。教室に…

    昨今、少子化が進んだことなどによって、全国各地で閉校となる小・中学校が増えています。なんだか寂しい状況ですが、一方で役目を終えた校舎を新たな方法で活用し、蘇らせ…

    2020.09.10更新

  • 海岸線に展開する大型施設。南房総の海の幸がここに集結!『道の駅 ちくら潮風王国』

    ロータスな旅 > 関東

    海岸線に展開する大型施設。南房総の海の幸…

    千葉県の南房総では1月~3月にかけてポピーやキンセンカ、ストックなど、潮風に包まれながら花摘みが楽しめます。そして、夏ともなれば、もちろん海水浴のメッカとなりま…

    2017.03.27更新

  • 八王子の野菜やお肉・乳製品と手作り品が大集合!東京都唯一の道の駅『道の駅 八王子滝山』

    ロータスな旅 > 関東

    八王子の野菜やお肉・乳製品と手作り品が大…

    東京都は、道の駅が全国で一番少ない都道府県で、現在1ヵ所の設置となっています。その貴重な1ヵ所の道の駅が、『道の駅八王子滝山』。東京都八王子市滝山町の東京都道…

    2017.04.25更新

  • 約4,800種類、10万本・株の樹木が植えられている都内のオアシス。とくに春と秋のバラフェスタは圧巻!『神代植物公園』

    ロータスな旅 > 関東

    約4,800種類、10万本・株の樹木が植…

    都内にあって、自然を感じることのできる調布市の『神代植物公園』。ここは、もともと東京の街路樹などを育てるための苗圃(びょうほ、苗を育てるための畑)でしたが、19…

    2018.07.13更新

< 前のページへ戻る