ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

日本の食卓に欠かせないしょうゆについて、楽しく深く知ってみよう!「キッコーマン もの知りしょうゆ館」

2016年9月30日更新

「キッコーマン食品 野田工場」内の一角に併設されている「もの知りしょうゆ館」では、しょうゆの歴史や製造工程をわかりやすく説明してくれる約1時間の見学コースに参加することができます。見学コースでは、製造工程を紹介した映像を見た後、「原料からしょうゆ麹(こうじ)をつくる」「もろみを仕込む」「もろみを圧搾する」といった製造工程を映像や展示、実際に製造しているところなどを見学し、しょうゆができるまでのプロセスを学べます。

★野田工場外観
見学には予約が必要ですが、料金は無料。しかも、参加の記念品としてキッコーマンの卓上しょうゆのお土産(変更の場合あり)までもらえます。
工場見学の後は、わくわくしょうゆ体験コーナー「まめカフェ」に立ち寄ってみましょう。3種類のしょうゆの“きき味”などが体験できるほか、もの知りしょうゆ館ならではのオリジナルなメニューを味わうことができます。オススメは「生しょうゆうどん」(半うどん、180円)。「生しょうゆ」を冷たいうどんにかけたシンプルなメニューですが、しょうゆのおいしさをストレートに味わえます。また、変わったところでは「しょうゆソフトクリーム」。これは、食べてのお楽しみ?です。

生しょうゆうどん

生しょうゆうどん



しょうゆソフトクリーム(大)

しょうゆソフトクリーム(大)



館内の売店「むらさき屋」では、「御用蔵醤油」、キッコーマンの各種製品、キッコーマンしょうゆを使用した羊羹やカステラ、「野田せんべい」などが販売されています。また、「しょうゆストラップ」や「亀甲萬Tシャツ」などの売店オリジナル商品もあります。
その他、「キッコーマン食品 野田工場」内には、宮内省(現宮内庁)にお納めするしょうゆの専用醸造所として1939年に建てられた(2011年に現在の場所に移築)「御用蔵」もあり、建設当時の道具や装置を見学できます。(ただし、こちらは土・日・祝日は休館です)

【資料】売店

工場見学では、こんなこともできます!

【1】しょうゆづくりの工程
●「しょうゆこうじ」の観察
おいしいしょうゆをつくるもとになる「しょうゆこうじ」。最大1000倍に拡大することができる「顕微鏡」で「しょうゆこうじ」を観察することができます。
●もろみの熟成による色と香りの変化を観察
「しょうゆこうじ」に食塩水をまぜると「もろみ」になります。もろみは、タンクの中で発酵・熟成させています。そして、しょうゆらしい色・味・香りができあがるのです。見学コースには「初期」「発酵期」「熟成期」のもろみを設置。色と香りをくらべることができます。

【4】もろみの香りの違いを比較する

【5】しょうゆのしぼりかすの香りをかぐ
●しょうゆの色と香りの違いを体感
しょうゆを開栓した後は、冷蔵庫で保存することでおいしさが長持ちすることをご存知ですか(ペットボトルの場合)?開栓直後のしょうゆと開栓後、しばらく常温に置いておいたしょうゆ。色と香りを比較すると、その差がはっきりとわかります。
●しょうゆについて楽しく学ぶ
しょうゆについて、楽しく学ぶことができる端末の「しょうゆワールド」。しょうゆに関するクイズやしょうゆを使った料理のご紹介など、さまざまなコンテンツが用意されています。

もの知りしょうゆ館(端末)

詳細情報

名称 キッコーマンもの知りしょうゆ館
住所 千葉県野田市野田110
見学申込 予約制
見学受入人数 2名以上
開館時間 午前9時~午後4時(見学最終受付は午後3時30分まで)
見学案内開始時間 午前9時、10時、11時、午後1時、2時、3時
定館日 毎月第4月曜日(祝日の場合は翌日)、GW、お盆休み、年末年始など ※詳しくはホームページを確認のこと
入館料 無料
駐車場 駐車場はありますが狭いため、満車の場合は一般の有料駐車場を案内される場合あり。
ホームページ http://www.kikkoman.co.jp/enjoys/factory/noda.html
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 近代日本画壇の巨匠、川合玉堂が晩年に住まい、その自然を愛した青梅市御岳(みたけ)で、珠玉の作品を心静かに鑑賞する『玉堂美術館』

    ロータスな旅 > 関東

    近代日本画壇の巨匠、川合玉堂が晩年に住ま…

    四季折々の日本の自然をモチーフとして数多くの風景画を描いた、近代日本画壇の巨匠、川合玉堂。川合玉堂は、1873(明治6)年に愛知県に生まれます。十代に京都で望月…

    2017.09.26更新

  • 房総半島ドライブのユニークな拠点。教室に泊ったり、昭和の給食が食べたりできる!廃校になった校舎を改装した『道の駅 保田小学校』

    ロータスな旅 > 関東

    房総半島ドライブのユニークな拠点。教室に…

    昨今、少子化が進んだことなどによって、全国各地で閉校となる小・中学校が増えています。なんだか寂しい状況ですが、一方で役目を終えた校舎を新たな方法で活用し、蘇らせ…

    2020.09.10更新

  • とにかくその大きさにビックリ!さらに、大仏の胎内に入ってまたビックリ!世界最大のブロンズ(青銅)立像『牛久大仏(うしくだいぶつ)』

    ロータスな旅 > 関東

    とにかくその大きさにビックリ!さらに、大…

    茨城県牛久市にある、浄土真宗東本願寺派の霊園『牛久浄苑』のエリア内に、全高120メートル(像高100メートル、台座20メートル)という、世界最大のブロンズ(青銅…

    2018.06.12更新

  • 房総半島の先端に位置する館山のドライブ拠点としていろいろ使える!しかも、超新鮮な地元の新鮮な魚介類を使った旅グルメも充実!『みなとオアシス“渚の駅”たてやま』

    ロータスな旅 > 関東

    房総半島の先端に位置する館山のドライブ拠…

    『みなとオアシス』とは、港湾にある旅客ターミナル・商業施設・広場・マリーナなどを活用して、住民の交流や観光集客を狙った拠点で、国土交通省港湾局が認可した施設です…

    2019.09.10更新

  • 野生動物たちが自分の生息地と同じような環境でくらしている「よこはま動物園ズーラシア」

    ロータスな旅 > 関東

    野生動物たちが自分の生息地と同じような環…

    「よこはま動物園ズーラシア」は、「生命の共生・自然との調和」をメインテーマとした動物園です。1999(平成11)年4月、横浜動物の森公園の中に最初のエリアが開園…

    2016.06.14更新

  • 日本人の心に生き続ける人情の人・フーテンの寅さん。その声が、姿が、昭和の良き時代へと誘ってくれる!『葛飾柴又 寅さん記念館』

    ロータスな旅 > 関東

    日本人の心に生き続ける人情の人・フーテン…

    昭和を代表する映画シリーズ『男はつらいよ』。山田洋次監督が原作・脚本から手掛け、コメディアンの渥美清さんが主人公・車寅次郎(フーテンの寅)を演じました。1969…

    2019.11.21更新

< 前のページへ戻る