ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

埼玉県飯能市の宮沢湖畔に出現した、フィンランド以外では世界で初のムーミンのテーマパーク『ムーミンバレーパーク』。自然の中でムーミンの世界に浸ろう!

2020年9月25日更新

埼玉県飯能市の、宮沢湖畔に広がる『メッツァ』は、北欧のライフスタイルを体験できる『メッツァビレッジ』と、ムーミンのテーマパーク『ムーミンバレーパーク』で構成するレジャースポットです。

©Moomin Characters ™



『ムーミンバレーパーク』は、2019年3月にオープン。ムーミンのテーマパークとしては、物語の舞台・フィンランドにある『ムーミンワールド』に次いで、世界で2か所目です。

ストーリーの扉      ©Moomin Characters ™
ムーミンの物語に触れ、ガイドとなる「ストーリーの扉-Tarinaluukku(タリナルーック)-」では、ヘムレンさんの遊園地や水浴び小屋、そして灯台など、ムーミンの物語に登場するキャラクターや建物にまつわるストーリーを知ることができます。ムーミンバレーパークだけでしか見ることのできない、オリジナルのショートムービーは、園内5ヶ所でご覧いただけます。湖をのんびり眺め歩きながら豊かな自然を感じ、家族やお友達などみんなで、ムーミンの物語の新しい扉を開いてください。



パーク内は、フィンランド語の名が付いた、4つのエリアに分かれています。

まずは、『ポウカマ(はじまりの入り江)』エリアから。迎えてくれるのは、ムーミンをはじめ、物語のキャラクターたちが表紙を飾る『本のゲート』。一つ一つくぐり抜けて、次のエリアへ進みましょう。

ウェルカムゲート     ©Moomin Characters ™



『ムーミラークソ(ムーミン谷)』は、パークのメインとなるエリア。ムーミンと仲間たちのエンターテイメントなショーが楽しめる『エンマの劇場』(1日3回公演、1回約30分)や、体感モーフィングシアター『海のオーケストラ号』などがあります。『海のオーケストラ号』では、コンピュータグラフィックスでイメージを変化させていくモーフィングを使って、不思議な体験を提供しています。

エンマの劇場     ©Moomin Characters ™



海のオーケストラ号     ©Moomin Characters ™



物語では、ムーミンパパが設計図を描いて、自分で建てた理想の家とされる『ムーミン屋敷』。ここでは、原作者のトーベ・ヤンソンが残した図面や、友人たちと手がけたジオラマの要素を取り入れながら、原作を元に再現されています。地下室は貯蔵庫、1階はキッチンとダイニング、2階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋、3階はムーミンの部屋とリトルミイの部屋とスノークのお嬢さんの部屋、屋根裏にはムーミンパパが執筆を行う書斎……というフロア構成になっています。

ムーミン屋敷     ©Moomin Characters ™



『KOKEMUS(コケムス)』は、ショップやレストラン、展示スペースなどを備えた3階建ての施設。日本で初めてのムーミンの常設展スペース、小説や絵本の世界の紹介、8メートルを超えるムーミン谷の巨大ジオラマや、フィンランドのヘルシンキ・アート・ミュージアムからのアート作品の展示など、物語の世界に迷い込んだようなフォトスポットもたくさんあります。

コケムス     ©Moomin Characters ™



ムーミン谷のジオラマ     ©Moomin Characters ™



『ユクジナイセット ブオレット(おさびし山)』は、体を動かして楽しめるエリアです。宮沢湖の上を滑り下りる『飛行おにのジップラインアドベンチャー』は、スリル満点。子供(6~12歳)が自由に遊べるツリーハウス『ヘムレンさんの遊園地』などもあります。

©Moomin Characters ™



飲食施設としては、「ムーミンパパがはじめて感じた森の風」をイメージした『パンケーキレストラン』や、体験型展示施設コケムス内にある『ムーミン谷の食堂』などがあります。『ムーミン谷の食堂』では、ほうれん草のフィットチーネでスナフキンの帽子をイメージした『緑の帽子パスタ』や、おさびし山のてっぺんにライスコロッケが載っている『おさびし山のハヤシライス』など、物語にちなんだメニューを提供しています。

パンケーキレストラン     ©Moomin Characters ™



ムーミン谷の食堂     ©Moomin Characters ™



緑の帽子パスタ     ©Moomin Characters ™



おさびし山のハヤシライス     ©Moomin Characters ™



物販施設としては、『ポウカマ(はじまりの入り江)』エリアにある『はじまりの店』などがあります。ムーミンバレーパークで楽しむためのアイテムを探したり、帰りに立ち寄って記念のグッズやお土産をゲットしてください。

©Moomin Characters ™



©Moomin Characters ™



ハウス型キャニスター缶 チョコインクッキー      ©Moomin Characters ™



©Moomin Characters ™



©Moomin Characters ™



©Moomin Characters ™



©Moomin Characters ™



入園チケットは、大人(中学生以上)が当日チケット2500円(前売りチケット2300円)、小人(4歳以上小学生以下)がが当日チケット1500円(前売りチケット1300円)(※入園チケットで体験できる施設はムーミン屋敷地下1階・1階とエンマの劇場のショー、コケムス、ヘムレンさんの遊園地など)。入園チケットと有料施設共通チケットがセットになった1デ―パスは、当日チケット4200円(前売りチケット4000円)、小人(4歳以上小学生以下)が当日チケット2300円(前売りチケット2100円)となっています。

フォトコンテストなどのイベントや、モノづくりのワークショップも開かれていて、楽しみ方はさまざま。心豊かな休日を、ムーミンたちの世界で過ごしてみませんか。

ストーリーガイド     ©Moomin Characters ™
ムーミンバレーパークの園内を、ゆっくり歩いて、よーく見てみてください。今いる、その場所に、もっとムーミンの物語を知ることのできるガイドを見つけることができるかもしれません。そのガイドには、ムーミントロールやその仲間たちのエピソードが書かれていたり、そしてムーミンの物語を舞台にした、ムーミンバレーパークの展示施設や体験施設、いろいろなお店にまつわるストーリーを発見できます。ガイドを探し、湖をのんびり眺め歩きながら豊かな自然を感じ、家族やお友達などみんなで、ムーミンの物語の世界を楽しんでください。

詳細情報

名称 ムーミンバレーパーク
住所 埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
電話 0570-03-1066
営業期間 平日:午前10時~午後5時、土日・祝日:午前10時~午後6時
休園日 不定休
料金 【入園チケットの場合】中学生以上:2500円、4歳~小学生:1500円、【1デーパス(入園チケット+有料施設共通チケット)の場合】中学生以上:4200円、4歳~小学生:2300円 ※前売りはいずれも200円引き。
駐車場 1100台(平日:無料、土日・祝日:1時間500円/最大1500円)※GWやお盆休みなど平日でも有料になる場合あり。
アクセス 圏央道狭山日高ICから約5.4km/青梅ICから約11km
ホームページ https://metsa-hanno.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 川辺で清流に心洗われながら、地産地消の食を大いに楽しむ!『道の駅 常陸大宮~かわプラザ~』

    ロータスな旅 > 関東

    川辺で清流に心洗われながら、地産地消の食…

    『道の駅常陸大宮~かわプラザ~』は、2016年3月25日オープンという新しい道の駅(茨城県内では12番目)です。国道118号線と清流・久慈川にはさまれたロケー…

    2017.03.13更新

  • 房総半島の先端に位置する館山のドライブ拠点としていろいろ使える!しかも、超新鮮な地元の新鮮な魚介類を使った旅グルメも充実!『みなとオアシス“渚の駅”たてやま』

    ロータスな旅 > 関東

    房総半島の先端に位置する館山のドライブ拠…

    『みなとオアシス』とは、港湾にある旅客ターミナル・商業施設・広場・マリーナなどを活用して、住民の交流や観光集客を狙った拠点で、国土交通省港湾局が認可した施設です…

    2019.09.10更新

  • 98歳を目前にして亡くなるまで精力的に創作を続けた、“生命(いのち)の画家”中川一政画伯の作品に出会える『真鶴町立中川一政美術館』

    ロータスな旅 > 関東

    98歳を目前にして亡くなるまで精力的に創…

    “生命(いのち)の画家”として知られる中川一政画伯[なかがわかずまさ、1893(明治26)年2月14日~1991(平成3)年2月5日]。東京の本郷で生まれ、油…

    2018.05.15更新

  • 『東洋のナイアガラ』と呼ばれる、群馬県沼田市にある『吹割の滝』は、川面に入って滝の上から流れ落ちる滝の様を観ることができる!!

    ロータスな旅 > 関東

    『東洋のナイアガラ』と呼ばれる、群馬県沼…

    『吹割(ふきわれ)の滝』は、群馬県沼田市の吹割渓谷にある名瀑です。国の天然記念物であり、『日本の滝百選』の一つにも選ばれています。川床の岩盤を割くようにして水が…

    2020.09.10更新

  • 年間4万人を越える登山者が訪れる谷川岳。土合口駅から1300メートルを超える天神平までを結ぶ『谷川岳ロープウェイ』

    ロータスな旅 > 関東

    年間4万人を越える登山者が訪れる谷川岳。…

    新潟県と群馬県の境にそびえる谷川岳は、日本百名山の一つ。山頂に、『オキノ耳』(標高1977メートル)と『トマノ耳』(標高1963メートル)と呼ばれる、二つのピー…

    2019.11.07更新

  • 地元の食材を味わい、森林の中の遊歩道で散策を楽しむ!未病改善をテーマにした神奈川県大井町の新スポット『me-byo valley  BIOTOPIA(未病バレー ビオトピア)』

    ロータスな旅 > 関東

    地元の食材を味わい、森林の中の遊歩道で散…

    2018(平成30)年4月、神奈川県大井町に『me-byovalley BIOTOPIA(未病バレービオトピア)』という耳慣れない施設がオープンしました。…

    2020.02.20更新

< 前のページへ戻る