ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

近代日本画壇の巨匠、川合玉堂が晩年に住まい、その自然を愛した青梅市御岳(みたけ)で、珠玉の作品を心静かに鑑賞する『玉堂美術館』

2017年9月26日更新

四季折々の日本の自然をモチーフとして数多くの風景画を描いた、近代日本画壇の巨匠、川合玉堂。川合玉堂は、1873(明治6)年に愛知県に生まれます。十代に京都で望月玉泉・幸野楳嶺に四条派を、二十代に東京で橋本雅邦に狩野派を学び、両派を融合させた上に洋風の自然描写をも取り入れた独自の画風を完成させました。
川合玉堂は晩年、激しさを増した太平洋戦争の戦禍を逃れ、1944(昭和19)年から青梅市御岳(みたけ)に疎開。その後、新宿の自宅が爆撃のため焼失したため、亡くなる1957(昭和32)年までの間を御岳で過ごします。この間、1949(昭和24)年には奥多摩の風景を描いた『古駅の秋』、1950(昭和25)年には御岳山の日の出を描いた『黎明』、1953(昭和28)年には奥多摩の桟道を描いた『渓山紅葉』などの作品を描きました。
川合玉堂の没後、御岳近辺の人々や、皇后陛下(玉堂に日本画の手ほどきを受けた)をはじめとした全国の玉堂ファンから、「玉堂の愛してやまなかった御岳渓谷に美術館を建てよう」との声が高まり、大くの寄付が集まりました。そして、開設されたのが『玉堂美術館』です。

玉堂美術館8

玉堂美術館7
『玉堂美術館』の建築は、数奇屋建築の名手である吉田五十八の設計であり、奥多摩の自然の中に程よく調和しています。

玉堂美術館6
館内には、15歳頃の写生帖から84歳までの多彩な作品や資料が展示(所蔵品約300点、奥多摩の自然に合わせ展示替えは年7回程行われます)されるほか、玉堂が御岳に建てた画室『随軒(ずいけん)』が復元されています。

玉堂美術館5
また、中庭は見事な枯山水の庭園となっており、新緑・紅葉、あるいは雪景色など四季折々の自然の表情を背景として、観る者を風雅の極みに誘います。

玉堂美術館3

玉堂美術館4
日本の自然を愛した川合玉堂の作品に心静かに向かい合える場所、それが『玉堂美術館』なのです。
なお、『玉堂美術館』の隣りには、お休み処『いもうとや』があり、軽食や喫茶を提供しています。お土産品として、地元特産の漬け物、清酒澤乃井、豆腐などのほか、各種工芸品も販売しています。

玉堂美術館1

玉堂美術館2

詳細情報

名称 玉堂美術館
住所 東京都青梅市御岳1の75
電話 0428-78-8335
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、12月25日~1月4日
開館時間 3月~11月:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)、12月~2月:午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
入館料 大人500円、大学生・中学・高校生400円・小学生200円 (団体料金あり)
アクセス 車】新宿より中央自動車八王子ICから国道411号線~吉野街道で約1時間30分。練馬ICより関越自動車鶴ヶ丘JCT経由、圏央道青梅ICから青梅街道~吉野街道で約1時間15分。【電車】新宿駅からJR中央線立川駅乗り換え、JR青梅線御嶽駅まで約1時間30分。川崎駅よりJR南武線立川駅乗り換え、JR青梅線御嶽駅まで約1時間45分。横浜駅よりJR横浜線八王子駅乗り換え、JR八高線拝島駅経由JR青梅線御嶽駅まで約1時間50分。(JR青梅線御嶽駅より徒歩5分)
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 湖面からの高さ100メートル!奥久慈の竜神峡にかかる全長375メートルの『竜神大吊橋』

    ロータスな旅 > 関東

    湖面からの高さ100メートル!奥久慈の竜…

    茨城県の奥久慈県立自然公園にある竜神峡は、気の遠くなるような長い年月を掛けて、竜神川の流れに浸食され出来上がった深い渓谷です。周囲に残る原生林は、美しくもダイナ…

    2021.09.27更新

  • 群馬県桐生市に伝わる幅広麺『ひもかわうどん』が人気上昇中!数あるお店の中から、創業120年の老舗『藤屋本店』をご紹介!

    ロータスな旅 > 関東

    群馬県桐生市に伝わる幅広麺『ひもかわうど…

    小麦の産地でもある群馬県は、美味しいうどんが食べられる県でもあります。その中で、一般的なうどんとは形が異なる、平打ちの『ひもかわうどん』が話題となっています。平…

    2019.06.11更新

  • 茨城県北西部、奥久慈にある大子町(だいごまち)。ここに、かの西行法師も感嘆した名瀑あり!『袋田の滝』

    ロータスな旅 > 関東

    茨城県北西部、奥久慈にある大子町(だいご…

    高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇る『袋田の滝』。日本三名瀑の一つで、滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名『四度(よど)の滝』とも呼ばれ、…

    2019.10.10更新

  • 約4,800種類、10万本・株の樹木が植えられている都内のオアシス。とくに春と秋のバラフェスタは圧巻!『神代植物公園』

    ロータスな旅 > 関東

    約4,800種類、10万本・株の樹木が植…

    都内にあって、自然を感じることのできる調布市の『神代植物公園』。ここは、もともと東京の街路樹などを育てるための苗圃(びょうほ、苗を育てるための畑)でしたが、19…

    2018.07.13更新

  • タヌキがいっぱい!「ぶんぶく茶釜」のお伽ばなしを生み出した「茂林寺」

    ロータスな旅 > 関東

    タヌキがいっぱい!「ぶんぶく茶釜」のお伽…

    民間伝承をもとにしたお伽ばなし「ぶんぶく茶釜(分福茶釜)」。今日では、いろいろなストーリーが描かれていますが、基本は「貧しい男が罠にかかったタヌキを助けてあげた…

    2016.06.14更新

  • “陸からも楽しめる海の駅”だからドライブ拠点としても便利!「みうら・みさき海の駅」

    ロータスな旅 > 関東

    “陸からも楽しめる海の駅”だからドライブ…

    全国には、道路沿いに建つ「道の駅」もあれば、海沿いに設置されている「海の駅」もあります。この海の駅……釣りを楽しんだり、魚介類を味わったりと、海を満喫するための…

    2022.01.27更新

< 前のページへ戻る