ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

湖面からの高さ100メートル!奥久慈の竜神峡にかかる全長375メートルの『竜神大吊橋』

2021年9月27日更新

茨城県の奥久慈県立自然公園にある竜神峡は、気の遠くなるような長い年月を掛けて、竜神川の流れに浸食され出来上がった深い渓谷です。周囲に残る原生林は、美しくもダイナミック。清流の途中にある、多くの滝や瀬、淵などと相まって、見事な景観を作り上げています。



『竜神大吊橋』は、竜神渓谷の下流部『竜神ダム湖』に架かる全長375メートルの橋。1994(平成6)年の開通から12年間、歩行者専用の吊橋として日本一の長さでした。現在は第三位ですが、日本最大級の長さであることに違いはありません。2001(平成13)年には、リニューアルが行われ、橋全体が現在のブルーに塗り直されました。



大吊橋は徹底的に安全性を追求した工法で造られていて、一度に3500人が渡れるほど頑丈に出来ているうえ、この付近で100年に1度吹くと考えられている強風(10分間の平均風速30メートル/秒)にも耐えることができるそうです。

雲海



長い大吊橋を保持するのは、2本のメインケーブル。メインケーブルは、約3トンの張力を持つピアノ線を1159本束ねて作られており、直径約19センチです。橋の両端に位置する主塔(ケーブルを支える塔)は、『竜神峡』にちなんで、竜をイメージしてデザインされています。

灯ろうの竜神大吊橋



渡橋は有料(大人320円、小・中学生210円)。年中無休ですが、強風や雷など、気象条件によって吊橋の通行が制限される場合もあります。



ダム湖の湖面から大吊橋までの高さは、100メートル。さえぎるもののない橋の上からは、四季おりおりの竜神峡の眺めを楽しむことができます。橋の上に立つと足がすくんでしまいそうですが、橋を渡っていると、橋床がガラス張りになっている部分が3か所あります。思い切って覗いてみてはいかがでしょう。

鯉のぼり







ガラス張り



渡るだけでもスリルのある『竜神大吊橋』。さらに、なんとバンジージャンプの体験もできます。スリルを求め、毎年1万人以上が参加するという人気のレジャーで、料金は17000円。同日にもう一度ジャンプする場合、2回目は8000円に割引されます。定休日(金曜日)を除き、通年で実施していて『バンジージャパン』のホームページや、電話(0278-72-8133)で予約できます。





大吊橋を渡った先にあるのは、カリヨン施設『木精の鐘(もりのかね)』。『希望の鐘』『幸福の鐘』『愛の鐘』と音色の異なる3種類の鐘が設置されていて、訪れた人はそれぞれ願いを込めて鳴らしています。

カリヨン



カリヨン



カリヨン

詳細情報

名称 竜神大吊橋
住所 茨城県常陸太田市天下野町2133-6
電話 0294-87-0375
営業時間 午前8時30分~午後5時 ※受付は午後4時40分まで
渡橋料金 大人320円、小・中学生210円
駐車場 265台
アクセス 常磐自動車道那珂ICまたは日立南太田ICから55分
ホームページ https://ohtsuribashi.ryujinkyo.jp/ ※バンジージャパンのHPは→http://www.bungyjapan.com/ryujin/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 伝統ある結城紬の世界に気軽にふれ、手織りの仕事のすばらしさを再発見できる『つむぎの館』

    ロータスな旅 > 関東

    伝統ある結城紬の世界に気軽にふれ、手織り…

    結城紬は、日本最古の手づくりのよさを持つ絹織物です。繭を柔らかく煮て広げた真綿を指先でつむいだ糸を使った織物で、昭和31年に「糸つむぎ・絣くくり・地機(じばた)…

    2019.04.23更新

  • 鉄道博物館

    ロータスな旅 > 関東

    鉄道博物館

    鉄道ファンの聖地としてあまりにも有名な「鉄道博物館」ですが、鉄道ファンでなくても〝楽しめる〟という声の多い、多彩な魅力に溢れた人気のミュージアムです。日本、そ…

    2015.10.16更新

  • 1年を通してフルーツに出会えるほか、秩父名物の『ずりあげうどん』が食べられる『道の駅 果樹公園あしがくぼ』

    ロータスな旅 > 関東

    1年を通してフルーツに出会えるほか、秩父…

    秩父の山々に抱かれ、緑に覆われた山間を横瀬川の清流に沿うように設定された国道299号線に、『道の駅果樹公園あしがくぼ』はあります。徒歩で10分ほどの距離にある…

    2017.04.12更新

  • 日本の食卓に欠かせないしょうゆについて、楽しく深く知ってみよう!「キッコーマン もの知りしょうゆ館」

    ロータスな旅 > 関東

    日本の食卓に欠かせないしょうゆについて、…

    「キッコーマン食品野田工場」内の一角に併設されている「もの知りしょうゆ館」では、しょうゆの歴史や製造工程をわかりやすく説明してくれる約1時間の見学コースに参加…

    2016.08.19更新

  • 明太子の老舗『かねふく』が工場見学をエンターテイメントにアレンジ!面白くておいしい!『めんたいパーク大洗』

    ロータスな旅 > 関東

    明太子の老舗『かねふく』が工場見学をエン…

    ごはんはもちろんパスタなどにも使われ、すっかり日本の食卓に定着した辛子明太子(以下、明太子)。ただし、これほど普及したのは昭和の頃で、日本の伝統食とは一線を画し…

    2017.10.24更新

  • 群馬県・四万(しま)温泉の奥座敷にある、美しいブルーの湖水をたたえた「奥四万湖(おくしまこ)」

    ロータスな旅 > 関東

    群馬県・四万(しま)温泉の奥座敷にある、…

    群馬県北西部の上信越高原国立公園内に位置する「四万(しま)温泉」。その名は、「四万(よんまん)の病を癒す霊泉」であるという言い伝えに由来しています。旅館の佇まい…

    2021.10.26更新

< 前のページへ戻る