ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

展示テーマは、あの『岩下の新生姜』!そのぶっ飛びのアトラクションで、ネットを騒然とさせた栃木の新観光名所『岩下の新生姜ミュージアム』

2018年3月28日更新

2015年6月20日に、栃木県栃木市の新観光名所としてオープンした『岩下の新生姜ミュージアム』。『岩下の新生姜』をはじめとして新生姜&生姜、らっきょう、梅干などの食品ジャンルでさまざまな商品を展開する岩下食品株式会社が、『おいしくてヘルシーでワクワクするような、岩下の新生姜に関する様々な展示や遊具、体験、食を通じて「新生姜のあるシアワセ」を感じていただけるミュージアム』として開設したユニークな施設です。

岩下の新生姜1)岩下の新生姜ミュージアム_外観_180306_RGB
外観は和テイストで、一見“道の駅”風なのですが、施設内はピンクのトーンで統一されており、ネット上で「ヤバイ」「ぶっ飛んでる」「クレイジー」と噂されるアトラクションがいっぱい!

岩下の新生姜02)岩下の新生姜巨大パッケージ_9145-s
たとえば・・・エントランスには、中に入って記念撮影ができる『岩下の新生姜巨大パッケージ』と新生姜色のグランドピアノ(イベントでは、このピアノを使っての音楽ライブなどがある)が置かれています。

岩下の新生姜03)新生姜色のグランドピアノ_9146-s
館内には、高さ5mもあってかぶって記念撮影できる『世界一大きな新生姜ヘッド』(岩下の新生姜のかぶりもの…考えてみれば、他にあるわけないが…)、

岩下の新生姜04)世界一大きな新生姜ヘッド

「新生姜とラブラブなひと時を過ごせる!」というキャッチがついた『新生姜の部屋』(部屋の住人である新生姜クン?or新生姜ちゃん?がベッドにいたり、かなりシュールなピンクのソファが置いてあったり…)、

岩下の新生姜05)新生姜の部屋(ソファ)_9243-s

収穫直前の新生姜のリアルな形を再現した大きな模型『土の中の新生姜』、ピンク色の大きな大きなアルパカのぬいぐるみがいる『アルパカ広場』、生姜のご利益があるという『ジンジャー神社』(これももちろんピンク!!)などがあり、インスタ映えするかどうかは人それぞれだろうが、撮影シーンには事欠かないこと受け合いです。

岩下の新生姜06)土の中の新生姜(引き)_DSC00008

岩下の新生姜07)アルパカ広場(寄り)_9399-s
もちろん、『岩下の新生姜』について紹介する展示もあります。『岩下の新生姜誕生物語』には、岩下食品三代目社長の岩下邦夫氏が昭和53年に台湾出張した際の機内食でフレッシュな新生姜を食べ、それに感動して産地を探しまわり、台湾在来種の『本島姜(ペンタオジャン)』を見出した逸話に始まり、以後9年の歳月をかけて商品化に成功した『岩下の新生姜』ストーリーがパネルなどで分かりやすく解説されています。

岩下の新生姜09)岩下の新生姜誕生物語_DSC_9167-s

『岩下の新生姜パッケージギャラリー』では、1987年の発売以来の歴代パッケージを全て展示しています。また、『岩下の新生姜コミュニケーション』は、岩下の新生姜のオリジナルグッズ、店頭販促物、限定商品、コラボレーション商品などを幅広く展示したコーナーです。その他にも、なつかしいCMなどが見れる『岩下の新生姜映像ライブラリー』、栽培から製造などについて解説した『新生姜のこだわり』展示などもあります。

岩下の新生姜10)岩下の新生姜パッケージギャラリー_9153-s_14kcal
そして、やはりお楽しみはグルメ!なんと、すべてのメニューに岩下の新生姜を使用したという『CAFE NEW GINGER』があります。メニューのいくつかをご紹介…新生姜肉巻きプレート~エスニックソース~(980円)、新生姜唐揚げプレート(980円)、新生姜ピザ(800円)、新生姜カルボナーラ(800円)などなど。また、新生姜ソフトクリーム(300円)、ニュージンジャーチーズケーキ(400円)、新生姜チョコブラウニー(300円)、新生姜ホットコーヒー(400円)、ジンジャーオレンジジュース(400円)など、ここだけのユニークな味が楽しめます。

新生姜肉巻きプレート~エスニックソース

新生姜肉巻きプレート~エスニックソース



新生姜ピザ

新生姜ピザ



ピンクジンジャーソーダ

ピンクジンジャーソーダ



新生姜ソフトクリーム

新生姜ソフトクリーム



最後には、お土産のショッピング。『岩下の新生姜ミュージアムショップ』には、岩下食品の商品がいろいろ揃っているほか、オリジナルグッズもラインナップ。『岩下の新生姜アルパカ』(1,000円、税抜)もかわいくて人気です。

岩下の新生姜アルパカ

岩下の新生姜アルパカ



アクリルキーホルダー【イワシカ】_500円(税抜)

アクリルキーホルダー【イワシカ】_500円(税抜)



岩下の新生姜_80g

岩下の新生姜_80g



ドライフルーツみたいな岩下の新生姜_23g_200円

ドライフルーツみたいな岩下の新生姜_23g_200円



体験コーナーなどもあり、『岩下の新生姜』からどこまでも広がる発想を、子どもから大人まで笑って楽しめるミュージアムです。

「岩下漬け」体験コーナー

「岩下漬け」体験コーナー



ミュージアム限定漬け液

ミュージアム限定漬け液



3-4月イベント「お花見・桜フェスティバル」

3-4月イベント「お花見・桜フェスティバル」



11-12月イベント「ニュージンジャークリスマス」

11-12月イベント「ニュージンジャークリスマス」

詳細情報

名称 岩下の新生姜ミュージアム
住所 栃木県栃木市本町1-25
電話番号 0282-20-5533
開館時間 【施設】午前10時~午後6時、【カフェ】午前11時~午後6時(L.O.午後5時30分)
休館日 火曜日(祝日除く)、年末年始 ※営業日カレンダーはホームページ参照のこと
入場料 無料
アクセス 【車】東北自動車道・北関東自動車道 栃木ICから約15分、【電車】JR両毛線あるいは東武線の栃木駅から徒歩12分
駐車場 82台
ホームページ http://shinshoga-museum.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 『吉見いちご』で知られる埼玉県吉見町の道の駅はやっぱり“いちご三昧”!『いちご生どら焼き』『いちごのしずくサイダー』『いちご大福』のほか食堂では『いちごカレーうどん』まで!『道の駅 いちごの里よしみ』

    ロータスな旅 > 関東

    『吉見いちご』で知られる埼玉県吉見町の道…

    埼玉県吉見町は、県内一のいちごの生産量を誇るいちご生産地。『吉見いちご』の名称で親しまれています。そんな吉見町に、2005年2月オープンした『道の駅いちごの里…

    2019.05.15更新

  • 近代日本画壇の巨匠、川合玉堂が晩年に住まい、その自然を愛した青梅市御岳(みたけ)で、珠玉の作品を心静かに鑑賞する『玉堂美術館』

    ロータスな旅 > 関東

    近代日本画壇の巨匠、川合玉堂が晩年に住ま…

    四季折々の日本の自然をモチーフとして数多くの風景画を描いた、近代日本画壇の巨匠、川合玉堂。川合玉堂は、1873(明治6)年に愛知県に生まれます。十代に京都で望月…

    2017.09.26更新

  • 伝統ある結城紬の世界に気軽にふれ、手織りの仕事のすばらしさを再発見できる『つむぎの館』

    ロータスな旅 > 関東

    伝統ある結城紬の世界に気軽にふれ、手織り…

    結城紬は、日本最古の手づくりのよさを持つ絹織物です。繭を柔らかく煮て広げた真綿を指先でつむいだ糸を使った織物で、昭和31年に「糸つむぎ・絣くくり・地機(じばた)…

    2019.04.23更新

  • 日本の食卓に欠かせないしょうゆについて、楽しく深く知ってみよう!「キッコーマン もの知りしょうゆ館」

    ロータスな旅 > 関東

    日本の食卓に欠かせないしょうゆについて、…

    「キッコーマン食品野田工場」内の一角に併設されている「もの知りしょうゆ館」では、しょうゆの歴史や製造工程をわかりやすく説明してくれる約1時間の見学コースに参加…

    2016.08.19更新

  • タヌキがいっぱい!「ぶんぶく茶釜」のお伽ばなしを生み出した「茂林寺」

    ロータスな旅 > 関東

    タヌキがいっぱい!「ぶんぶく茶釜」のお伽…

    民間伝承をもとにしたお伽ばなし「ぶんぶく茶釜(分福茶釜)」。今日では、いろいろなストーリーが描かれていますが、基本は「貧しい男が罠にかかったタヌキを助けてあげた…

    2016.06.14更新

  • 奥日立きららの里

    ロータスな旅 > 関東

    奥日立きららの里

    奥日立きららの里は、48haもの広大な敷地(東京ドーム10個分)に、いくつものアウトドア・レクリエーション遊具&設備と15棟のケビン(最大155人宿泊可能)やオ…

    2016.04.08更新

< 前のページへ戻る