ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

日本人の心に生き続ける人情の人・フーテンの寅さん。その声が、姿が、昭和の良き時代へと誘ってくれる!『葛飾柴又 寅さん記念館』

2019年11月21日更新

昭和を代表する映画シリーズ『男はつらいよ』。山田洋次監督が原作・脚本から手掛け、コメディアンの渥美清さんが主人公・車寅次郎(フーテンの寅)を演じました。1969(昭和44)年から1995(平成7)年までの26年間で、48作品を公開。下町の人情味あふれる物語は、シニア層を中心に今なお根強い人気を誇っています。2019(令和1)年12月には、第一作の誕生から50年の節目を迎え、旧作の名場面に新撮部分を加えた新作を公開。これを機に若い世代など、新たなファンも増えそうです。

葛飾柴又寅さん記念館ⓒ松竹(株)



映画の舞台となった地に建つ『葛飾柴又 寅さん記念館』は、『男はつらいよ』の世界に浸れる場所。2019(令和1)年4月には、7度目のリニューアルを果たし、より楽しめる空間となりました。(※「永遠に未完」という、名誉館長・山田洋次監督の想いと全国のファンの期待に応えるため、3年に一度のリニューアルを慣行しているのだそうです)



入口で看板を取り付けている『寅さん』に迎えられて入場。まず目に入るのは、山田監督をはじめとする映画制作スタッフの紹介コーナーです。ここには、監督が実際に使用したメガホンやデッキチェアなども展示されています。



葛飾柴又寅さん記念館ⓒ松竹(株)



『再現ジオラマ 柴又帝釈天参道』では、寅さんの少年時代から放浪を経て、故郷・葛飾柴又に戻るまでの物語を可動式のジオラマで紹介しています。寅さんの妹『さくら』の役を務めた、倍賞千恵子さんのナレーションが胸に響きます。

葛飾柴又寅さん記念館ⓒ松竹(株)



葛飾柴又寅さん記念館ⓒ松竹(株)



『撮影スタジオ くるまや』は、寅さんの実家である団子屋『くるまや』の撮影セットを大船撮影所から移設し、展示しているコーナー。映画ファンなら、寅さんがふらりと帰ってくる様子が思い浮かぶでしょう。

そして、柴又の名所を背景に寅さん像と一緒に写真が撮れるコーナー(有料)も!記念館の中でも特に人気があるコーナーです。

その他、映画に出てくるタコ社長の朝日印刷所の再現コーナー、1/16のスケールで作られた『くるまや』の模型、昭和30年代の帝釈天参道の風景の再現コーナー、名場面や歴代マドンナたちのシーンを観ることのできる選択映像コーナー、なつかしの駅舎や『帝釈人車鉄道』の客車の再現コーナーもあります。

朝日印刷所 葛飾柴又寅さん記念館ⓒ松竹(株)



駅舎 葛飾柴又寅さん記念館ⓒ松竹(株)



資料展示コーナー 葛飾柴又寅さん記念館ⓒ松竹(株)



選択映像コーナー 葛飾柴又寅さん記念館ⓒ松竹(株)



葛飾柴又寅さん記念館ⓒ松竹(株)



さらに、『鈍行列車の旅』コーナーで客車椅子に座ればの車窓(モニター)には旅の名場面や啖呵が映し出されます。もちろん、寅さんの衣装やトランク、撮影台本などの展示もあります。『男はつらいよ』のファンならずとも、昭和の良き日々に思いをはせ、楽しむことができるでしょう。

山田洋次ミュージアム



この『葛飾柴又 寅さん記念館』と同じ敷地に、『山田洋次ミュージアム』が併設されています。ここは、『男はつらいよ』だけではない山田洋次監督の映画の世界や、思いを知ることのできる場所。山田洋次監督作品の予告編を鑑賞できるミニシアターなどもあります。

監督胸像 山田洋次ミュージアムⓒ松竹(株)



監督の部屋 山田洋次ミュージアムⓒ松竹(株)



山田洋次ミュージアムⓒ松竹(株)



柴又キネマ 山田洋次ミュージアムⓒ松竹(株)



その横の『TORAsan cafe』は、2019(令和1)年に新設されたカフェ。ドリンクやスイーツなどを味わうことができます。おススメは、寅さんをイメージした『TORAチーノ』。表面に寅さんの姿が描かれている、特製カプチーノです。展示や映像で寅さんに元気をもらった後は、このカフェで、懐かしい気分にひたりながら時を過ごしてはいかがでしょう。





詳細情報

名称 葛飾柴又 寅さん記念館
住所 東京都葛飾区柴又6丁目22番19号 葛飾区観光文化センター内
電話 03-3657-3455
開館時間 午前9時~午後5時
休館日 第3火曜日(祝日の場合は次の平日)、12月第3火~木曜
入館料 【山田洋次ミュージアムとの共通券】一般:500円、児童・生徒:300円、65歳以上:400円 ※京成線主要駅でお得な前売券を販売
アクセス 首都高速四つ木ICから約20分など
駐車場 柴又公園駐車広場190台(1日500円)
ホームページ http://www.katsushika-kanko.com/tora/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • KITTE(キッテ)

    ロータスな旅 > 関東

    KITTE(キッテ)

    東京の表玄関、東京駅を丸の内側に抜けると、丸ビル、新丸ビルとともに丸の内の新しい顔なった「JPタワー」が目に飛び込んできます。旧東京中央郵便局の局舎を一部保存・…

    2015.10.16更新

  • 映画『のぼうの城』やTVドラマ『陸王』などで注目度アップ!戦国の名城の名残をとどめる行田の『忍城址公園(おしじょうしこうえん)』

    ロータスな旅 > 関東

    映画『のぼうの城』やTVドラマ『陸王』な…

    『忍城(おしじょう)』は、埼玉県行田市に存在したお城です。室町時代中期の文明年間に、行田周辺を支配していた成田氏によって築城されたと伝えられています。北を利根…

    2018.02.28更新

  • 川辺で清流に心洗われながら、地産地消の食を大いに楽しむ!『道の駅 常陸大宮~かわプラザ~』

    ロータスな旅 > 関東

    川辺で清流に心洗われながら、地産地消の食…

    『道の駅常陸大宮~かわプラザ~』は、2016年3月25日オープンという新しい道の駅(茨城県内では12番目)です。国道118号線と清流・久慈川にはさまれたロケー…

    2017.03.13更新

  • 群馬県民が愛するソウルフード『焼きまんじゅう』を食べに伊勢崎に行こう!

    ロータスな旅 > 関東

    群馬県民が愛するソウルフード『焼きまんじ…

    最近、群馬県も本腰を入れて郷土のB級グルメとして情報発信を始めた、群馬県民の愛するソウルフード『焼きまんじゅう』。まんじゅうとは言いますが、ふわふわもちもちとし…

    2016.10.14更新

  • まるで地下神殿のような異次元空間が広がる!映画やドラマのロケ地としても知られる『大谷資料館』

    ロータスな旅 > 関東

    まるで地下神殿のような異次元空間が広がる…

    栃木県宇都宮市の地下に、異次元空間のような世界があることをご存知でしょうか?それが、大谷石(おおやいし)の地下採掘場跡を中心に開設されている『大谷資料館』です。…

    2016.07.15更新

  • 芦ノ湖湖畔にて、ここにしかない優雅なティータイムを楽しむ。山のホテル別館 デザートレストラン『サロン・ド・テ ロザージュ』

    ロータスな旅 > 関東

    芦ノ湖湖畔にて、ここにしかない優雅なティ…

    箱根・芦ノ湖畔に佇む本格リゾートホテル『山のホテル』。1948年(昭和23年)の創業以来、落ち着きある客室や美しい庭園、極上の料理など、ワンランク上のおもてなし…

    2019.05.28更新

< 前のページへ戻る