ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

明太子の老舗『かねふく』が工場見学をエンターテイメントにアレンジ!面白くておいしい!『めんたいパーク大洗』

2017年10月24日更新

ごはんはもちろんパスタなどにも使われ、すっかり日本の食卓に定着した辛子明太子(以下、明太子)。ただし、これほど普及したのは昭和の頃で、日本の伝統食とは一線を画しています。
もともとは、朝鮮半島でスケトウダラの卵を辛く調味して食べるという習慣があり、これが明太子のルーツと言われています。明治時代に、日本から朝鮮半島に渡った樋口伊都羽という人物が、スケトウダラ漁に従事する中で、多くの卵が捨てられるのを見て、唐辛子とともに塩漬けしたスケトウダラの卵を商品化し、1907(明治40)年に「明太子の元祖」という商標で釜山に樋口商店を創業したと伝えられています。ちなみに明太子の「明太」はスケトウダラの別称です。現在のような漬け込み型の明太子を製造・販売したのは、『ふくや』の川原俊夫氏で1949(昭和24)年1月10日のこと。そこから、1月10日は『明太子の日』となっています。
その後、明太子製造は拡大し、1971(昭和46)年創業の『株式会社かねふく』などによって、おいしい明太子が全国で販売され、食べられるようになりました。

2015めんたいパーク外観
さて、その『かねふく』が、より一層の明太子普及のために2009年から開設を進めているのが『めんたいパーク』です。 明太子工場に見学ギャラリーや直売店・フードコートなどを併設し、大人から子供まで楽しめる“明太子のテーマパーク”としたのです。現在、愛知県常滑市、兵庫県神戸市、大阪府大阪市と、茨城県大洗町にあり、多くの人を集めています。
大洗のかねふく明太子工場は、かなり規模が大きく、多い日には1日5トンを超える明太子が生産されています。『めんたいパーク大洗』ももちろん、たいへん充実した内容となっています。

『めんたいパーク大洗』を訪れた人は、全長約100メートルの『明太子ギャラリー』で、明太子について様々な情報を知ります。ここには、明太子の原料であるスケトウダラの生態や成長過程などが画像や映像で説明されているほか、明太子の作り方・歴史などについての展示・資料説明があります。映像などを見たり、クイズに答えたりしながら学ぶことができるので、子どもたちにも好評です。

ふしぎ海中さんぽ

ふしぎ海中さんぽ



それから、メインの『工場見学』。明太子がどうやって製造されているのか、見学窓から「原料の下ごしらえ」「漬け込み」「熟成」「計量・整形・包装」などの作業が行われている工場を見ることができます。
その後は、『試食コーナー』。工場でできたばかりの明太子を無料で試食することができるほか、明太子の軍艦巻きなども無料提供されています。
食べたりないという方は、『フードコート』へ、どうぞ。その大きさに驚く『明太子おにぎり』(各種、税込380円)、明太子のプチプチした食感がやみつきになる『明太子ソフトクリーム』(税込350円)などのメニューが提供されています。

めんたいパーク フード店内②
最後の仕上げは、『工場直売店』でのショッピング。『めんたいパーク大洗』では、ここでしか買えない、当日工場ででき上ったばかりの“できたて明太子”を買うことができます。そのほか、さば明太、イワシ明太、明太ソーセージ、明太しゅうまいなど充実の品揃えなので、お土産にはこと欠きません。

めんたいパーク店内画像140225

詳細情報

名称 めんたいパーク大洗
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3(大洗港第二埠頭内)
電話 029-219-4101
休館日 不定期(月1回メンテナンス休み有り)
営業時間 前9時~午後6時、工場稼働時間:午前9時~午後4時30分 ※日曜・祝日の午前11時30分~12時30分は工場が一時休止
入場料金 無料
アクセス 【車】(常磐自動車道・北関東自動車道)友部JCTから北関東自動車道〔ひたちなか方面〕水戸・大洗IC→大洗市街(ICから約10分)→大洗港第二埠頭 ※2011年以前のカーナビには「めんたいパーク」が未登録(「施設名称」に「大洗文化センター」入力、あるいは「電話番号」に「029-267-5111」入力で検索すると、表示された目的地の向かいが『めんたいパーク大洗』)/ 【電車】JR水戸駅から大洗鹿島線で大洗駅下車(16分)→徒歩約20分/タクシー約2分(約1.5キロ)
駐車場 普通自動車120台、大型バス12台(いずれも無料)
ホームページ https://mentai-park.com/park/ooarai/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索

あわせて読みたい

  • 川辺で清流に心洗われながら、地産地消の食を大いに楽しむ!『道の駅 常陸大宮~かわプラザ~』

    ロータスな旅 > 関東

    川辺で清流に心洗われながら、地産地消の食…

    『道の駅常陸大宮~かわプラザ~』は、2016年3月25日オープンという新しい道の駅(茨城県内では12番目)です。国道118号線と清流・久慈川にはさまれたロケー…

    2017.03.13更新

  • 埼玉県飯能市の宮沢湖畔に出現した、フィンランド以外では世界で初のムーミンのテーマパーク『ムーミンバレーパーク』。自然の中でムーミンの世界に浸ろう!

    ロータスな旅 > 関東

    埼玉県飯能市の宮沢湖畔に出現した、フィン…

    埼玉県飯能市の、宮沢湖畔に広がる『メッツァ』は、北欧のライフスタイルを体験できる『メッツァビレッジ』と、ムーミンのテーマパーク『ムーミンバレーパーク』で構成する…

    2020.09.25更新

  • 関東の“うまいもんどころ・茨城”の野菜・果物がどっさり!“1品オーダー”+“ビュッフェ”スタイルのレストランもある!『道の駅 ひたちおおた 黄門の郷』

    ロータスな旅 > 関東

    関東の“うまいもんどころ・茨城”の野菜・…

    水戸黄門が隠居生活を送ったことで知られる常陸太田市。『道の駅ひたちおおた黄門の郷』では、地元産の農産物や加工品、それらを使った料理など、さまざまなカタチでこ…

    2018.10.09更新

  • 約4,800種類、10万本・株の樹木が植えられている都内のオアシス。とくに春と秋のバラフェスタは圧巻!『神代植物公園』

    ロータスな旅 > 関東

    約4,800種類、10万本・株の樹木が植…

    都内にあって、自然を感じることのできる調布市の『神代植物公園』。ここは、もともと東京の街路樹などを育てるための苗圃(びょうほ、苗を育てるための畑)でしたが、19…

    2018.07.13更新

  • 房総半島の先端に位置する館山のドライブ拠点としていろいろ使える!しかも、超新鮮な地元の新鮮な魚介類を使った旅グルメも充実!『みなとオアシス“渚の駅”たてやま』

    ロータスな旅 > 関東

    房総半島の先端に位置する館山のドライブ拠…

    『みなとオアシス』とは、港湾にある旅客ターミナル・商業施設・広場・マリーナなどを活用して、住民の交流や観光集客を狙った拠点で、国土交通省港湾局が認可した施設です…

    2019.09.10更新

  • 群馬県桐生市に伝わる幅広麺『ひもかわうどん』が人気上昇中!数あるお店の中から、創業120年の老舗『藤屋本店』をご紹介!

    ロータスな旅 > 関東

    群馬県桐生市に伝わる幅広麺『ひもかわうど…

    小麦の産地でもある群馬県は、美味しいうどんが食べられる県でもあります。その中で、一般的なうどんとは形が異なる、平打ちの『ひもかわうどん』が話題となっています。平…

    2019.06.11更新

< 前のページへ戻る