ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

北海道北斗市で漁協が直営するイートイン型施設。濃厚な味わいが特徴の『峩朗(がろう)かき』ほか、新鮮な貝類を鉄板で蒸し焼きにして食べる!『貝鮮焼 北斗フィッシャリー』

2019年5月15日更新

函館近郊の北斗市、木古内町、知内町を管内とする上磯郡漁業協同組合。函館湾に面して建つ、同漁協の上磯支所に併設されているのが、イートイン型の直売施設『貝鮮焼 北斗フィッシャリー』です。管内の漁港で水揚げされた新鮮なホッキやカキ、ホタテ、ツブなどの貝類を鉄板で蒸し焼きにして味わうことができるとあって、2015年のオープン以来、観光客が集まる人気のスポットとなっています。

北斗フィッシャリー2
広々とした店内には、大きな鉄板を備えたテーブルがずらり。濃厚な味わいが特徴の北斗市のブランド牡蠣『峩朗(がろう)かき』(1個250円、税別、以下同様)をはじめ、『殻付ほっき』(1個250円)、『殻付ほたて』(1枚250円)、『海峡つぶ』(2個350円)などの単品メニューがそろっているほか、『貝鮮セットA』(知内産の殻付かき10個/1400円)や、お得な『貝鮮セットB』(峩朗かき4個・ほっき1個・ほたて1枚/1400円)も用意されています。また、季節限定で『焼うに』(1個500円)も登場します。

北斗フィッシャリー

貝鮮セットB

貝鮮セットB



注文・精算は、レジカウンターで行うシステム。注文した貝は、お店の人が鉄板に並べて大きな金属のフタを被せ、タイマーで時間を計りながらベストなタイミングで蒸し焼きにしてくれます。蒸し焼きにすることで、貝そのものの味が引き立つと共に、ふっくらとした仕上がりになるそうです。備え付けの軍手をはめて、アツアツをほおばりましょう。

食べ放題 45分間で3,240円(税込) (ご飯・味噌汁・ワンドリンク付き)

食べ放題    45分間で3,240円(税込) (ご飯・味噌汁・ワンドリンク付き)



焼き貝以外のメニューもいろいろ。『ほたてフライ』(5個/750円)、『フライミックス』(かき・ほたて・ほっき/750円)等の揚げ物や、北斗産の米『ふっくりんこ』が味わえる『ごはんセット』(味噌汁・漬物付/250円)などを併せて注文すれば、お腹いっぱいになること請け合いです。

フライミックス

フライミックス



ちなみに、北斗市の公式キャラクター『ずーしーほっきー』は、北斗産のホッキ貝と、『ふっくりんこ』を使った、ホッキ寿司をモチーフとしています。
『北斗フィッシャリー』で、広大な海を眺めながら、味わい豊かな貝を心ゆくまで堪能しませんか。

詳細情報

名称 貝鮮焼 北斗フィッシャリー
住所 北海道北斗市飯生1丁目13-29
電話 0138-73-0700
営業時間 午前11時~午後6時(LO:午後5時)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場 26台
アクセス 【車】函館駅から松前国道・国道228号線経由約11km(25分程度)、【電車】道南いさりび鉄道の上磯駅から徒歩10分
ホームページ https://hokuto-fishery.jimdofree.com/ (函館市公式観光情報)https://www.hakobura.jp/db/db-food/2016/02/post-349.html
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 深さ-8.1mのフロア「海底階」の観察窓からオホーツク海の中を覗ける!紋別港の東端、海に突き出した防波堤の先にある、世界初の氷海展望塔『オホーツクタワー』

    ロータスな旅 > 北海道

    深さ-8.1mのフロア「海底階」の観察窓…

    北半球における凍る海の南限、オホーツク海。オホーツク海の北海道沿は、冬期に流氷で覆われますが、この風景はかなりレアなものといえるでしょう。そのオホーツク海沿岸…

    2018.06.12更新

  • 北海道士幌町の恵みがいろいろ!「新たなB級グルメ登場か!」と話題の『しほろ牛カレー棒』や、剣先スコップに載ったハンバーグやステーキもインパクトあり!『道の駅 ピア21しほろ』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道士幌町の恵みがいろいろ!「新たなB…

    酪農・畜産と、ジャガイモなどの畑作が盛んな北海道河東郡士幌町にある『道の駅ピア21しほろ』。2017年(平成29年)4月、国道241号と国道274号の交差点角…

    2019.01.29更新

  • かつて世界一のハッカ製造を誇った北海道北見市に今も残る、レトロなハッカのメモリー『北見ハッカ記念館・薄荷蒸溜館』

    ロータスな旅 > 北海道

    かつて世界一のハッカ製造を誇った北海道北…

    スーッとする清涼感たっぷりで、食品や医薬品など、身近で幅広く活用されているハッカ。多くの人にとっては、英語の『ミント(mint)』の呼び方のほうが馴染みがあるか…

    2019.08.06更新

  • サケが遡上する千歳川のほとりにできた、テナント充実の『道の駅 サーモンパーク千歳』

    ロータスな旅 > 北海道

    サケが遡上する千歳川のほとりにできた、テ…

    新千歳空港から車で10分。サケの遡上する千歳川に臨む道の駅が、『道の駅サーモンパーク千歳』です。2015年8月にリニューアルオープンした施設は、快適でアトラク…

    2017.04.12更新

  • ニセコの新鮮野菜と山の幸が購入できる直売所が人気!『道の駅 ニセコビュープラザ』(北海道)

    ロータスな旅 > 北海道

    ニセコの新鮮野菜と山の幸が購入できる直売…

    『道の駅ニセコビュープラザ』は、フォートラベル社による「日本全国道の駅ランキングTOP20」(2014年)において、全国に1,000以上もある道の駅の中で、…

    2017.02.13更新

  • 西洋リンゴや男爵イモの発祥の地である北海道渡島半島南部の七飯(ななえ)町にできた新しい観光拠点。『ガラナソフト』『いももち』などこの地ならではの味が楽しめる!『道の駅 なないろ・ななえ』

    ロータスな旅 > 北海道

    西洋リンゴや男爵イモの発祥の地である北海…

    『道の駅なないろ・ななえ』は、2018年(平成30年)3月、北海道渡島半島南部の七飯(ななえ)町の国道5号線沿いにオープンしました。正面には特産品のリンゴと、…

    2018.12.06更新

< 前のページへ戻る