ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

北海道北斗市で漁協が直営するイートイン型施設。濃厚な味わいが特徴の『峩朗(がろう)かき』ほか、新鮮な貝類を鉄板で蒸し焼きにして食べる!『貝鮮焼 北斗フィッシャリー』

2019年5月15日更新

函館近郊の北斗市、木古内町、知内町を管内とする上磯郡漁業協同組合。函館湾に面して建つ、同漁協の上磯支所に併設されているのが、イートイン型の直売施設『貝鮮焼 北斗フィッシャリー』です。管内の漁港で水揚げされた新鮮なホッキやカキ、ホタテ、ツブなどの貝類を鉄板で蒸し焼きにして味わうことができるとあって、2015年のオープン以来、観光客が集まる人気のスポットとなっています。

北斗フィッシャリー2
広々とした店内には、大きな鉄板を備えたテーブルがずらり。濃厚な味わいが特徴の北斗市のブランド牡蠣『峩朗(がろう)かき』(1個250円、税別、以下同様)をはじめ、『殻付ほっき』(1個250円)、『殻付ほたて』(1枚250円)、『海峡つぶ』(2個350円)などの単品メニューがそろっているほか、『貝鮮セットA』(知内産の殻付かき10個/1400円)や、お得な『貝鮮セットB』(峩朗かき4個・ほっき1個・ほたて1枚/1400円)も用意されています。また、季節限定で『焼うに』(1個500円)も登場します。

北斗フィッシャリー

貝鮮セットB

貝鮮セットB



注文・精算は、レジカウンターで行うシステム。注文した貝は、お店の人が鉄板に並べて大きな金属のフタを被せ、タイマーで時間を計りながらベストなタイミングで蒸し焼きにしてくれます。蒸し焼きにすることで、貝そのものの味が引き立つと共に、ふっくらとした仕上がりになるそうです。備え付けの軍手をはめて、アツアツをほおばりましょう。

食べ放題 45分間で3,240円(税込) (ご飯・味噌汁・ワンドリンク付き)

食べ放題    45分間で3,240円(税込) (ご飯・味噌汁・ワンドリンク付き)



焼き貝以外のメニューもいろいろ。『ほたてフライ』(5個/750円)、『フライミックス』(かき・ほたて・ほっき/750円)等の揚げ物や、北斗産の米『ふっくりんこ』が味わえる『ごはんセット』(味噌汁・漬物付/250円)などを併せて注文すれば、お腹いっぱいになること請け合いです。

フライミックス

フライミックス



ちなみに、北斗市の公式キャラクター『ずーしーほっきー』は、北斗産のホッキ貝と、『ふっくりんこ』を使った、ホッキ寿司をモチーフとしています。
『北斗フィッシャリー』で、広大な海を眺めながら、味わい豊かな貝を心ゆくまで堪能しませんか。

詳細情報

名称 貝鮮焼 北斗フィッシャリー
住所 北海道北斗市飯生1丁目13-29
電話 0138-73-0700
営業時間 午前11時~午後6時(LO:午後5時)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場 26台
アクセス 【車】函館駅から松前国道・国道228号線経由約11km(25分程度)、【電車】道南いさりび鉄道の上磯駅から徒歩10分
ホームページ https://hokuto-fishery.jimdofree.com/ (函館市公式観光情報)https://www.hakobura.jp/db/db-food/2016/02/post-349.html
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 歴史的な名作椅子のギャラリーもある!築100年の赤レンガ倉庫群をリニューアルした、旭川の文化・商業施設『蔵囲夢(くらいむ)』

    ロータスな旅 > 北海道

    歴史的な名作椅子のギャラリーもある!築1…

    北海道中央部の上川盆地に広がり、北海道第二となる人口約34万人を有する旭川市。その玄関口・JR旭川駅に近い場所に、百年の歴史を刻むレンガ造りの倉庫群があります。…

    2017.12.12更新

  • 北海道・旭川を代表する菓子舗『壺屋総本店』が運営する、お菓子と、カフェ、フラワーショップ、クラフトショップ、ガーデンが一体化した幸せ空間!『き花の杜』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道・旭川を代表する菓子舗『壺屋総本店…

    1929(昭和4)年創業の『壺屋総本店』は、旭川を代表する菓子店の一つ。小豆や小麦、米、カボチャアロニアなど北海道産の素材にこだわり、『壺もなか』、『生しょうが…

    2019.09.24更新

  • 函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…『ティーショップ夕日』。ノスタルジックな建物の中で、日本茶をいただきながら、ゆったりとした時間が過ごせます。

    ロータスな旅 > 北海道

    函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…

    北海道内で札幌、旭川に次いで人口の多い函館市。観光地として人気が高く、『市町村魅力度ランキング』では、毎年のように第1位を獲得しています。長崎港、横浜港と並んで…

    2019.10.10更新

  • オホーツク圏の遠軽町にある、世界約40か国から集めた1万点の木のおもちゃを展示するミュージアム『木のおもちゃワールド館 ちゃちゃワールド』

    ロータスな旅 > 北海道

    オホーツク圏の遠軽町にある、世界約40か…

    北海道の北東部、オホーツク圏のほぼ中央に位置する遠軽町。面積の約90%を占める森林と、オホーツク海につながる清流『湧別川』を中心に、豊かな自然の景観が広がる町で…

    2020.01.23更新

  • 北の都・札幌に生まれた、クリエイターや職人たちの夢の場所、『space 1-15(スペースイチイチゴ)』

    ロータスな旅 > 北海道

    北の都・札幌に生まれた、クリエイターや職…

    北の都・札幌に『space1-15(スペースイチイチゴ)』という注目のビルがあります。どこの街でも見かけるような普通のマンションですが、この築30年は経ってい…

    2016.12.27更新

  • ハセガワストアのやきとり弁当

    ロータスな旅 > 北海道

    ハセガワストアのやきとり弁当

    一般的に「やきとり」は、その名のとおり、鶏肉を焼いたもの。しかし、函館をはじめとする北海道の道南地区では、豚肉を串に刺したものを「やきとり」と呼ぶ場合が多いの…

    2015.10.16更新

< 前のページへ戻る