ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

女満別空港から世界遺産『知床』へ向かうルートに立地する、宿泊施設を備えた新しい道の駅。北海道グルメも味わえます!『道の駅 ノンキーランド ひがしもこと』

2019年1月15日更新

世界自然遺産、知床に向かう国道334号沿いに、2017(平成29)年9月にオープン。1階にレストランや売店、2階に宿泊施設が備えられています。ちなみに、ノンキーには「のん気」と「心にカギを掛けない(ノン・キー)」の意味が込められています。

ノンキーランド10

売店『ショップあえーる』には、地元で採れた農産物や特産品などが並びます。特にチーズは、『カマンベールチーズ』(1026円)や、『チェダーチーズ』(箱なし1026円)、『スモークゴーダチーズ』(1080円)、『スモークチーズ』(648円)と種類も豊富。また、大空町に限らず、道東エリアのお土産品も扱っています。

ノンキーランド11

ノンキーランド12

ノンキーランド13

ノンキーランド9
『レストランくるりんく』では、地元産の食材を使用した料理を中心に提供しています。ランチタイムは、食券機を利用したセルフサービス。『オホーツクお刺身定食』(1500円)、『ねぎとろ長芋丼』(1200円)、『豚ロース生姜焼きセット』(1100円)、『和風パスタ(ホタテ・いくら)』(980円)、チャーシュー麺(980円)などがあります。ディナータイムには、メニューが変わり、『ノンキー定食』(2000円)のほか、『季節のお刺身盛り合わせ』(1200円)や『海鮮サラダ』(780円)、『じゃが芋たっぷりチーズグラタン』(580円)などの一品料理も登場します。(※料金税込)

ノンキーランド6

ノンキーランド7

オホーツクお刺身定食

オホーツクお刺身定食



豚ロース生姜焼きセット

豚ロース生姜焼きセット



ノンキ―定食

ノンキ―定食



さらに新しいメニューとして、『長芋』を使った料理もオススメです。

ノンキーランド5
『ホテルひがしもこと』の客室は、洋室18室・和室2室・バリアフリー洋室(オストメイト設備あり)1室です。宿泊料は、時期により異なりますが、洋室1泊(朝食付)で1人6480円から。子供料金が設定されていて、小学生は利用料金の70%、4歳~小学生未満は50%、2・3歳は1080円、0・1歳は無料です。チェックインは午後3時、チェックアウトは午前10時。

ノンキーランド3

ノンキーランド1

ホテルにチェックインした後、少し足を伸ばし、『ひがしもこと乳酪館』(大空町東藻琴409-1)を訪れてみるのも良さそう。チーズ作りにかかわる展示やチーズの試食、オリジナルソフトクリームの販売などを楽しめます。
広大な北海道の長距離ドライブを無理なく楽しむためにも、宿泊施設を上手に利用したいもの。余裕のあるドライブ計画に取り入れてみませんか。

詳細情報

名称 道の駅 ノンキ―ランドひがしもこと
住所 北海道網走郡大空町東藻琴100番地
電話番号 0152-66-3600
営業時間 ショップあえーる:午前9時~午後6時、レストランくるりんく:午前11時~午後3時・午後5時~9時(LO:午後8時)
定休日 年末年始(ホテルは年中無休)
アクセス 女満別空港より約30分(国道334号と道道102号線の交差点に面したロケーション)
駐車場 普通車45台、大型車3台、身障者用2台
ホームページ http://www.nonkyland.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 小樽のシンボル的なスイーツの名店。大ヒット商品「ドゥーブルフロマージュ」以外にも絶品スイーツがいろいろ!『小樽洋菓子舗ルタオ(LeTAO)本店』

    ロータスな旅 > 北海道

    小樽のシンボル的なスイーツの名店。大ヒッ…

    何を食べてもおいしく、『食の宝庫』と呼ばれている北海道。地元産の牛乳やチーズなどを使ったスイーツも人気が高く、道内には数多くの名店があります。その中の一つが、『…

    2019.06.11更新

  • ハセガワストアのやきとり弁当

    ロータスな旅 > 北海道

    ハセガワストアのやきとり弁当

    一般的に「やきとり」は、その名のとおり、鶏肉を焼いたもの。しかし、函館をはじめとする北海道の道南地区では、豚肉を串に刺したものを「やきとり」と呼ぶ場合が多いの…

    2015.10.16更新

  • 玉ねぎ×ホタテの絶妙なハーモニー! 北の大地と海の旨味を堪能できる『オホーツク北見塩やきそば』

    ロータスな旅 > 北海道

    玉ねぎ×ホタテの絶妙なハーモニー! 北の…

    日本の最果て、北海道オホーツク地方にある北見は食の宝庫。豊富な日照量と少ない降水量という恵まれた気候風土の中で太陽の恵みをいっぱいに浴びた北見のタマネギは日本一…

    2016.11.28更新

  • 風力発電がシンボルの苫前町なので、その名も「道の駅 風Wとままえ(ふわっととままえ)」

    ロータスな旅 > 北海道

    風力発電がシンボルの苫前町なので、その名…

    知らない人には読めないのでは?というオモシロ・ネーミングの道の駅です。地元の苫前町は風力発電がシンボルなので、「風W(Wは電力のワットより)=ふわっと」と命名さ…

    2016.05.13更新

  • 北海道民ならば一度は食べたことがあるという、旭川発なつかしのソウルフード『ビタミンカステーラ』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道民ならば一度は食べたことがあるとい…

    旭川にとどまらず、「道民ならば一度は食べたことがある」というソウルフードが『ビタミンカステーラ』です。北海道各地で販売されているのですが、製造元は旭川の高橋製菓…

    2018.06.26更新

  • 帯広のご当地グルメといえば『豚丼』! 200店を超えるお店の中から、オススメしたいのは『ぶた丼のとん田』

    ロータスな旅 > 北海道

    帯広のご当地グルメといえば『豚丼』! 2…

    北海道帯広市は十勝地方のほぼ中央に位置し、約6割を占める中央部・北東部の平地は、その約半分が農地で、全国でも有数の大規模経営の畑作・酪農地帯になっています。この…

    2017.08.29更新

< 前のページへ戻る