ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

雄大な自然と人の手になる庭園が美しく調和。園内をセグウェイで巡ることもできる。全長250kmの『北海道ガーデン街道』にある8カ所の観光庭園中最大の規模を誇る『十勝千年の森』

2019年8月20日更新

北海道の中央部に位置する上川町から旭川市、美瑛町、富良野市、十勝地方までをつなぐ『北海道ガーデン街道』(国道237号・38号・236号、2009年命名)。全長250kmの街道沿いには、個性的な観光庭園が全8カ所ある他、温泉や景勝地なども豊富で、ドライブ旅行にぴったりの観光ルートとなっています。



『十勝千年の森』は、400ヘクタール(東京ドーム85個分!)の敷地を有し、北海道ガーデン街道の観光庭園・ガーデンの中で最も広大です。日高山脈の麓に広がる、この森の母体は地元企業の『十勝毎日新聞社』。日々、大量に紙を使う新聞社であることから、環境貢献活動『カーボンオフセット(炭素の相殺)』(十勝毎日新聞社の場合は、消費する紙に含まれるカーボンを植樹や森林形成で回復する)に取り組み、『十勝千年の森』を作り上げてきました。



園内には、5つのガーデンがあり、それぞれ趣が異なります。

波打つ芝の丘が日高山脈と一体となり、日本とは思えないような雄大な光景が広がる『アースガーデン/大地の庭』。



川のせせらぎや鳥の声に耳を澄ませ、森の息吹を感じることのできる『フォレストガーデン/森の庭』。



十勝の大自然をモチーフとし、自生種と園芸種の草花が美しく調和する『メドウガーデン/野の花の庭』。



自然と共生する農業の営みをガーデンの中に落とし込み、ヤギやヒツジを間近に見られる『ファームガーデン/農の庭』。



そして、「人類と自然との未来」を考える場を目指して、十勝千年の森を舞台に2012年に開催された北海道ガーデンショー(HGS)において、著名なガーデンデザイナーによって造園された『HGSデザイナーズガーデン』です。



豊かな自然に触れながら楽しめるアクティビティも充実しています。園内では、セグウェイ社公認の『セグウェイガイドツアー』を実施。45分間のレクチャーを受けた後、草原からアースガーデン、標高400mの『千年の丘』へ90分間のツアーに出掛けます。料金は9800円、対象年齢は16~69歳です。





『十勝ナチュラルチーズ作り体験』や『ネイチャーホースライディング(乗馬体験)』も実施しています。アクティビティは、いずれも事前予約が必要です。ホームページの予約フォームから手軽に申込みができるので、ぜひチェックを。





たっぷり遊んだ後は、カフェでほっと一息。『ガーデンカフェ』では、ガーデンを眺めながら、コーヒーやソフトクリーム、ホットドッグなどを味わうことができます。







近年、北海道のドライブルートとして、知名度を高めつつある北海道ガーデン街道。『十勝千年の森』だけでなく、他の7つのガーデンも訪れ、北海道ならではの自然の美しさ・豊かさを満喫してはいかがでしょう。

詳細情報

名称 十勝千年の森
住所 北海道清水町羽帯南10線
電話 0156-63-3000
営業時間 【4月下旬~6月30日】午前9時30分~午後5時、【7月・8月】午前9時~午後5時、【9月1日~10月下旬】午前9時30分~午後4時 ※各年の営業日については公式ホームページでご確認ください。
休園日 開園期間中は無休
入場料 高校生以上1000円、小・中学生500円
アクセス 道東自動車道十勝清水ICから約10分
駐車場 180台
ホームページ http://www.tmf.jp/index.php
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 函館に行くなら、ご当地バーガー日本一の味をテーマパークレストラン「ラッキーピエロ峠下総本店(とうげしたそうほんてん)」で体験しよう!

    ロータスな旅 > 北海道

    函館に行くなら、ご当地バーガー日本一の味…

    「ラッピ」の愛称で、地元のお客様に愛される人気ファストフード店「ラッキーピエロ」。函館市を中心に17店舗を展開しており、日本経済新聞が発行する「日経プラス1」の…

    2016.08.19更新

  • 風力発電がシンボルの苫前町なので、その名も「道の駅 風Wとままえ(ふわっととままえ)」

    ロータスな旅 > 北海道

    風力発電がシンボルの苫前町なので、その名…

    知らない人には読めないのでは?というオモシロ・ネーミングの道の駅です。地元の苫前町は風力発電がシンボルなので、「風W(Wは電力のワットより)=ふわっと」と命名さ…

    2016.05.13更新

  • 北海道民ならば一度は食べたことがあるという、旭川発なつかしのソウルフード『ビタミンカステーラ』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道民ならば一度は食べたことがあるとい…

    旭川にとどまらず、「道民ならば一度は食べたことがある」というソウルフードが『ビタミンカステーラ』です。北海道各地で販売されているのですが、製造元は旭川の高橋製菓…

    2018.06.26更新

  • ハセガワストアのやきとり弁当

    ロータスな旅 > 北海道

    ハセガワストアのやきとり弁当

    一般的に「やきとり」は、その名のとおり、鶏肉を焼いたもの。しかし、函館をはじめとする北海道の道南地区では、豚肉を串に刺したものを「やきとり」と呼ぶ場合が多いの…

    2015.10.16更新

  • 西洋リンゴや男爵イモの発祥の地である北海道渡島半島南部の七飯(ななえ)町にできた新しい観光拠点。『ガラナソフト』『いももち』などこの地ならではの味が楽しめる!『道の駅 なないろ・ななえ』

    ロータスな旅 > 北海道

    西洋リンゴや男爵イモの発祥の地である北海…

    『道の駅なないろ・ななえ』は、2018年(平成30年)3月、北海道渡島半島南部の七飯(ななえ)町の国道5号線沿いにオープンしました。正面には特産品のリンゴと、…

    2018.12.06更新

  • 函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…『ティーショップ夕日』。ノスタルジックな建物の中で、日本茶をいただきながら、ゆったりとした時間が過ごせます。

    ロータスな旅 > 北海道

    函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…

    北海道内で札幌、旭川に次いで人口の多い函館市。観光地として人気が高く、『市町村魅力度ランキング』では、毎年のように第1位を獲得しています。長崎港、横浜港と並んで…

    2019.10.10更新

< 前のページへ戻る