ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

北海道は“昆布のふるさと”だ!ファクトリーで昆布製品のできるまでを見学し、ミュージアムで昆布の素晴らしさに納得!昆布製品のお土産もいっぱい!『北海道昆布館』

2018年2月28日更新

海の幸・山の幸がたくさんあって、どれもこれも美味しい北海道。その中の一つが昆布です。
『北海道昆布館』は、福井県敦賀市に本社を置く昆布の卸売りと、昆布加工品などの製造販売を行うヤマトタカハシ株式会社が、昆布文化のPRを目的として、“昆布のふるさと北海道”に建てた複合施設です。

北海道昆布館 昆布館外観(新)
大規模な駐車場と、大きな施設の構えに「道の駅かな?」と勘違いして立ち寄る人も多いようですが・・・それでもOK! 駐車場も、見学工場も、ミュージアムも、すべて無料!ドライブの休憩を兼ねて立ち寄るには絶好の施設です。
『コンブミュージアム』では、昆布の歴史・生態・科学・人との関わりついて映像や展示で学べます。「精巧なロボット」による案内や、昆布の繊維で出来たドレス、昆布を原料にしたスピーカーなど・・・コンブミュージアムならではの展示もいろいろあります。

北海道昆布館 006
『昆布ファクトリー』は、清潔な工場内で実際にとろろ、おぼろ昆布の製造工程を見学できるスペースです。日頃、食卓に置かれる昆布食品の「できるまで」がよくわかります。(昆布ファクトリーは2018年5月初旬まで、リニュアル工事のため閉館しています。)

北海道昆布館 002
『イマジカドーム』は直径16mのドーム型シアターで、昆布と人との関わりや昆布漁の様子を約10分にまとめた、迫力の映像が楽しめます。
お土産に昆布館オリジナルの新鮮な昆布製品を販売しているのが、『コミュニティーマーケット』です。おぼろ昆布は昆布ファクトリーで作られたばかりの新鮮な一品。函館近海でのみ採れるがごめ昆布は、鉄分が牛乳の数十倍といわれ、美容効果も期待できると人気上昇中。そのほか、焼きごま昆布やわさび焼き昆布など、おつまみ感覚でパリパリ食べられる味つけ昆布製品もあります。最近は、飲むだけでなくダシや調味料としても使われる昆布茶も見逃せません。そして、ボトル1本ずつに昆布の短冊を漬け込んだ昆布しょうゆは、「まろやか」と好評です。

北海道昆布館 売店(新)

北海道昆布館 日高昆布

北海道昆布館 売店1 (2)

北海道昆布館 美味しいだし
「ちょっとお腹がすいた」という方は、いろいろなファーストフードを揃えたテイクアウトスタイルの売店『ピュアグルメ』へ、どうぞ!見逃せないのは、道産昆布の粉末を練り込んだ昆布ソフトクリームです。

北海道昆布館 昆布ソフトクリーム
昆布についていろいろ見て、味わって・・・きっと「昆布ってすごい!」「昆布に感謝!」という思いを抱くのではないでしょうか。

詳細情報

名称 北海道昆布館
住所 北海道亀田郡七飯町字峠下32-1
電話番号 0138-66-2000
営業時間 午前9時~午後5時
休館日 1月1日、12月31日
入館料 無料
アクセス 国道5号線沿い。JR大沼公園駅から車で約15分、JR函館駅から車で約30分、新函館北斗易から約5分。
駐車場 大型バス45台、自動車67台(無料)
ホームページ http://www.konbukan.co.jp/hokkaidou-konbukan.html

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • ニセコの新鮮野菜と山の幸が購入できる直売所が人気!『道の駅 ニセコビュープラザ』(北海道)

    ロータスな旅 > 北海道

    ニセコの新鮮野菜と山の幸が購入できる直売…

    『道の駅ニセコビュープラザ』は、フォートラベル社による「日本全国道の駅ランキングTOP20」(2014年)において、全国に1,000以上もある道の駅の中で、…

    2017.02.13更新

  • 夏に北海道富良野を旅するなら、ぜひ立ち寄りたい「道の駅南ふらの」(南ふらの物産センター)

    ロータスな旅 > 北海道

    夏に北海道富良野を旅するなら、ぜひ立ち寄…

    北海道のほぼ中央に位置する南富良野町。夏ともなれば、北海道観光で立ち寄る観光客数も多い地域です。その南富良野町の国道38号線沿いに「道の駅南ふらの」(南ふらの物…

    2016.06.14更新

  • かつて世界一のハッカ製造を誇った北海道北見市に今も残る、レトロなハッカのメモリー『北見ハッカ記念館・薄荷蒸溜館』

    ロータスな旅 > 北海道

    かつて世界一のハッカ製造を誇った北海道北…

    スーッとする清涼感たっぷりで、食品や医薬品など、身近で幅広く活用されているハッカ。多くの人にとっては、英語の『ミント(mint)』の呼び方のほうが馴染みがあるか…

    2019.08.06更新

  • 北海道北斗市で漁協が直営するイートイン型施設。濃厚な味わいが特徴の『峩朗(がろう)かき』ほか、新鮮な貝類を鉄板で蒸し焼きにして食べる!『貝鮮焼 北斗フィッシャリー』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道北斗市で漁協が直営するイートイン型…

    函館近郊の北斗市、木古内町、知内町を管内とする上磯郡漁業協同組合。函館湾に面して建つ、同漁協の上磯支所に併設されているのが、イートイン型の直売施設『貝鮮焼北斗…

    2019.05.15更新

  • 帯広のご当地グルメといえば『豚丼』! 200店を超えるお店の中から、オススメしたいのは『ぶた丼のとん田』

    ロータスな旅 > 北海道

    帯広のご当地グルメといえば『豚丼』! 2…

    北海道帯広市は十勝地方のほぼ中央に位置し、約6割を占める中央部・北東部の平地は、その約半分が農地で、全国でも有数の大規模経営の畑作・酪農地帯になっています。この…

    2017.08.29更新

  • 函館本線の風光明媚な駅で売られる、全国人気の駅弁『元祖森名物  いかめし』

    ロータスな旅 > 北海道

    函館本線の風光明媚な駅で売られる、全国人…

    北海道函館市の函館駅から長万部駅、小樽駅、札幌駅を経由して旭川市の旭川駅を結ぶ函館本線。森駅は、その函館本線の拠点駅のひとつで、すべての特急列車が停車するほか、…

    2017.08.08更新

< 前のページへ戻る