ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

西洋リンゴや男爵イモの発祥の地である北海道渡島半島南部の七飯(ななえ)町にできた新しい観光拠点。『ガラナソフト』『いももち』などこの地ならではの味が楽しめる!『道の駅 なないろ・ななえ』

2018年12月6日更新

『道の駅 なないろ・ななえ』は、2018年(平成30年)3月、北海道渡島半島南部の七飯(ななえ)町の国道5号線沿いにオープンしました。正面には特産品のリンゴと、七飯の名にちなんで七色のカラーで彩られた、カラフルなシンボルマークが掲げられています。

なないろ・ななえ 道の駅外観

なないろ・ななえ 野菜

館内に入ると、『セブンスリビング』と名づけられた空間があり、ここを中心に右側が飲食店や休憩スペース、左側が農産品直売所などになっています。

なないろ・ななえ4
『峠下テラス』では、この地ならではのメニューを提供しています。おすすめは、3種類のリンゴジュースの飲み比べができる『ききりんご』(500円、税込、以下同様)。酸味や甘味の違いがはっきり分かるので、「おいしくて楽しい」と好評です。『ガラナソフト』(350円)も、他にはない一品。北海道民に親しまれている炭酸飲料『ガラナ』を使ったソフトクリームで、人気ブランド『コアップガラナ』を製造する製造会社の株式会社小原が七飯町に本社があることもあって誕生した、『道の駅 なないろ・ななえ』の限定品です。ほかにも、山川牧場(大沼)の人気商品『山川熟王コロッケ』(350円)や、函館牛乳を使用した『なないろ特製フレンチトースト(土日祝の限定販売)』(350円)など、手軽に味わえるオリジナルメニューをそろえています。

ききりんご

ききりんご



ガラナソフト

ガラナソフト



牛肉コロッケ

牛肉コロッケ



しいたけコロッケ

しいたけコロッケ



『いももちや』では、北海道の郷土料理である『いももち』を提供。メニューは、『いももちクラシック さとうじょうゆ』(200円)をはじめ、『いも豚もち』(350円)、『いももち汁』(400円)など、北海道の食文化を体験できるラインナップです。

なないろ・ななえ5

いももち汁

いももち汁



『マテリアクレープ』は、“持ち歩けるケーキ”をコンセプトにしたクレープ専門店。『カスタードクリームブリュレ』(650円)や、『レアチーズクリームブリュレ』(630円)、『いちごミルフィーユ』(600円)など、ケーキのようなクレープを味わうことができます。

なないろ・ななえ クレープ画像

なないろ・ななえ6
七飯町は、西洋式の農法が日本で初めて行われた場所。西洋リンゴや男爵イモの発祥の地でもあり、現在も農業が盛んです。農産品直売所には、リンゴやじゃがいものほか、地元産の新鮮な農産物がずらりと並びます。風味豊かで、全国的に人気のある『王様しいたけ』も町内の福田農園が生産するブランドです。その大きさと厚みに多くの人が驚きます。

なないろ・ななえ3
リンゴやガラナを使ったお菓子、『はこだてワイン』など、お土産に最適な品もいろいろ。シンボルマークをあしらったトートバッグやボールペン、リングノートを自分用に購入すれば、使うたびにドライブの思い出がよみがえります。

なないろ・ななえ1

なないろ・ななえ2

詳細情報

名称 道の駅 なないろ・ななえ
住所 北海道亀田郡七飯町字峠下380-2
電話番号 0138-86-5195
営業時間 午前9時~午後6時 ※施設によって変動あり
定休日 年末年始(12月31日~1月3日)
アクセス 函館新道 七飯藤城ICより約2分
駐車場 普通車148台・大型車23台・身障者用8台
公式ホームページ http://nanairo-nanae.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 北の都・札幌に生まれた、クリエイターや職人たちの夢の場所、『space 1-15(スペースイチイチゴ)』

    ロータスな旅 > 北海道

    北の都・札幌に生まれた、クリエイターや職…

    北の都・札幌に『space1-15(スペースイチイチゴ)』という注目のビルがあります。どこの街でも見かけるような普通のマンションですが、この築30年は経ってい…

    2016.12.27更新

  • 美幌峠展望台からは眼下に屈斜路湖や雲海も!絶景スポット「道の駅 ぐるっとパノラマ美幌峠」

    ロータスな旅 > 北海道

    美幌峠展望台からは眼下に屈斜路湖や雲海も…

    北海道の北東部・網走市と釧路市を結ぶ国道243号。この道をドライブするなら、ぜひ立ち寄りたいのが、美幌町(びほろちょう)と弟子屈町(てしかがちょう)の間に位置す…

    2021.07.27更新

  • 函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…『ティーショップ夕日』。ノスタルジックな建物の中で、日本茶をいただきながら、ゆったりとした時間が過ごせます。

    ロータスな旅 > 北海道

    函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…

    北海道内で札幌、旭川に次いで人口の多い函館市。観光地として人気が高く、『市町村魅力度ランキング』では、毎年のように第1位を獲得しています。長崎港、横浜港と並んで…

    2019.10.10更新

  • Paard Musée [パド・ミュゼ](大沼流山牧場)

    ロータスな旅 > 北海道

    Paard Musée [パド・ミュゼ]…

    函館から車で1時間弱で行くことができる、大沼公園の流山地区にある『PaardMusée(大沼流山牧場)』では、20ヘクタールという広大な敷地に、北海道開拓に重…

    2016.04.08更新

  • 1本で2役! 北海道・旭川で見つけた、スープにもドレッシングにもなる魔法の調味料『スードレ』

    ロータスな旅 > 北海道

    1本で2役! 北海道・旭川で見つけた、ス…

    スープにもドレッシングにもなる、ちょっと変わった調味料が、北海道・旭川から全国に向けて今じわじわと人気を高めています。それが、『スードレ』。スードレは、北海道…

    2016.11.14更新

  • 夏に北海道富良野を旅するなら、ぜひ立ち寄りたい「道の駅南ふらの」(南ふらの物産センター)

    ロータスな旅 > 北海道

    夏に北海道富良野を旅するなら、ぜひ立ち寄…

    北海道のほぼ中央に位置する南富良野町。夏ともなれば、北海道観光で立ち寄る観光客数も多い地域です。その南富良野町の国道38号線沿いに「道の駅南ふらの」(南ふらの物…

    2016.06.14更新

< 前のページへ戻る