ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

函館の洋食・カレーの老舗として多くの人に愛され続ける「五島軒本店 レストラン雪河亭(せっかてい)」

2022年6月23日更新

北海道函館市の「五島軒」は、市内を中心にレストランや洋菓子店などを展開している老舗。特にカレーのおいしさに定評があり、レストランの味を楽しめる同社製造のレトルトカレー「函館カレー」は全国的に有名です。

五島軒は、1879(明治12)年の創業。初代社長の若山惣太郎氏が初代料理長の五島英吉氏とともに、ロシア料理とパンの店「五島軒」をオープンさせました。店名は、料理長の名にちなんでいます。

五島軒本店



1917(大正6)年には、東京の帝国ホテルでフレンチの修業をした、2代目・若山徳次郎氏がオーナーシェフに就任。現在に続く看板メニューとなるカレーを開発しました。

五島軒 カレー



五島軒は、創業以来4度もの火災に見舞われ、店舗焼失の憂き目に遭いますが、その都度再建し、今に至っています。

明治以来の味を伝承する主力店舗の「五島軒本店 レストラン雪河亭」では、北海道産の食材を使ったさまざまな料理を提供しています。

ランチ、ディナーともに、コース料理は来店の3日前までに予約が必要で、予約料は各330円です。ランチでは、あいがけカレーコース、明治の洋食セミコースなどを用意。ディナーでは、シェフのおすすめコース、五島軒グランドコースなどが設定されています。

シェフのおすすめコース



定番の洋食や話題のカレーを手軽に楽しめるセットメニューは、明治の洋食&カレーセット、ロシア料理セットがあります。

明治の洋食&カレーセット



ア・ラ・カルトメニューも、洋食やカレーを中心に充実。伝統のカニクリームコロッケ、海老グラタン五島軒風、イギリス風ビーフカレー、明治のカレー(ポークを使用)などがそろっています。また、イギリス風ビーフカレーと明治のカレーを半分ずつかけられた、あいがけカレーは、一皿で2種類の味が楽しめるとあって人気です。

あいがけカレー



お土産を買うなら、レストランと同じ建物の中にある「スイーツ&デリカショップ Ashibino」へ。レトルトカレーや洋菓子など、五島軒の伝統の味が並んでいます。ショップ内には「メモリアルホール蘆火野(あしびの)」を併設。五島軒の創業時に使用されていた調度品などのほか、北海道出身の小説家・船山馨の作品「蘆火野」にかかわる品々が展示されています。「雪河亭」の名は、この小説が由来となっています。

アップルパイ



明治から大正、昭和、平成、そして令和へ。長く受け継がれてきた味を、北の大地で堪能してみませんか。

詳細情報

名称 五島軒本店 レストラン雪河亭
住所 北海道函館市末広町4-5
電話 0138-23-1106
営業時間 午前11時30分~午後2時30分(LO)/午後5時~午後8時(LO) ※12月31日は午後2時(LO)、午後3時閉店
定休日 1月1日・2日、火曜日(一部期間を除く)
駐車場 40台
アクセス 函館新道・函館江差自動車道・函館新外環状道路函館ICから約20分
ホームページ 上記紹介文中の料理価格を税込としていますが、よろしいいでしょうか?
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 網走の天都山(てんとざん)に位置し、市民ボランティアの手により管理されるフラワーガーデン「はな・てんと」

    ロータスな旅 > 北海道

    網走の天都山(てんとざん)に位置し、市民…

    北海道網走市の南西にある、標高207メートルの天都山(てんとざん)。山頂にはオホーツク流氷館・天都山展望台があり、オホーツク海や網走湖などを一望することができま…

    2022.07.07更新

  • 北海道・旭川を代表する菓子舗『壺屋総本店』が運営する、お菓子と、カフェ、フラワーショップ、クラフトショップ、ガーデンが一体化した幸せ空間!『き花の杜』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道・旭川を代表する菓子舗『壺屋総本店…

    1929(昭和4)年創業の『壺屋総本店』は、旭川を代表する菓子店の一つ。小豆や小麦、米、カボチャアロニアなど北海道産の素材にこだわり、『壺もなか』、『生しょうが…

    2019.09.24更新

  • ハセガワストアのやきとり弁当

    ロータスな旅 > 北海道

    ハセガワストアのやきとり弁当

    一般的に「やきとり」は、その名のとおり、鶏肉を焼いたもの。しかし、函館をはじめとする北海道の道南地区では、豚肉を串に刺したものを「やきとり」と呼ぶ場合が多いの…

    2015.10.16更新

  • 北海道北斗市で漁協が直営するイートイン型施設。濃厚な味わいが特徴の『峩朗(がろう)かき』ほか、新鮮な貝類を鉄板で蒸し焼きにして食べる!『貝鮮焼 北斗フィッシャリー』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道北斗市で漁協が直営するイートイン型…

    函館近郊の北斗市、木古内町、知内町を管内とする上磯郡漁業協同組合。函館湾に面して建つ、同漁協の上磯支所に併設されているのが、イートイン型の直売施設『貝鮮焼北斗…

    2019.05.15更新

  • ビュッフェスタイルの農村レストランが人気!食の宝庫・北海道を味わい尽くすグルメ旅に欠かせない!『ホクレン 食と農のふれあいファーム くるるの杜』

    ロータスな旅 > 北海道

    ビュッフェスタイルの農村レストランが人気…

    豊かな大地と清らかな水、冷涼な気候に恵まれ、農産物や畜産物を多数生み出している北海道。良質な食材や商品は『北海道ブランド』として、全国で高い評価を受けています。…

    2020.03.05更新

  • 美幌峠展望台からは眼下に屈斜路湖や雲海も!絶景スポット「道の駅 ぐるっとパノラマ美幌峠」

    ロータスな旅 > 北海道

    美幌峠展望台からは眼下に屈斜路湖や雲海も…

    北海道の北東部・網走市と釧路市を結ぶ国道243号。この道をドライブするなら、ぜひ立ち寄りたいのが、美幌町(びほろちょう)と弟子屈町(てしかがちょう)の間に位置す…

    2021.07.27更新

< 前のページへ戻る