ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

美幌峠展望台からは眼下に屈斜路湖や雲海も!絶景スポット「道の駅 ぐるっとパノラマ美幌峠」

2021年7月27日更新

北海道の北東部・網走市と釧路市を結ぶ国道243号。この道をドライブするなら、ぜひ立ち寄りたいのが、美幌町(びほろちょう)と弟子屈町(てしかがちょう)の間に位置する「美幌峠」です。阿寒摩周国立公園内にあり、絶景スポットとして知られています。



景色を楽しむ拠点となっているのは、峠の頂上に建つ「道の駅 ぐるっとパノラマ美幌峠」。2014年度に集計が始まった「景色がきれいだと感じた道の駅(北海道)」ランキングで、6年連続第1位に輝いているほどの“実力”を持つ道の駅です。



道の駅到着したら、まずは標高525メートルの場所にある「美幌峠展望台」へ。幅の広い階段を上っていくと展望台の手前に、昭和を代表する歌手・美空ひばりが歌った『美幌峠』の歌碑が見えてきます。歌碑からは歌声も流れていて、特にファンには喜ばれています。

展望台から一望できるのは、日本最大のカルデラ湖「屈斜路湖(くっしゃろこ)」。約3万年前の噴火活動によって出来た窪地に水が溜まったもので、東西に約26キロメートル、南北に約20キロメートルの大きさは世界でも有数です。

湖には、木々に覆われた「中島」が浮かんでいます。周囲12㎞で、淡水湖にある島の中でやはり日本最大です。



そして、運がよければ眼下に広がる雲海を眺めることができます。水蒸気が冷やされるなど、気象条件がそろった早朝に発生しやすく、見られる確率が高いと言われています。

「道の駅 ぐるっとパノラマ美幌峠」の1階にはレストランや売店があります。レストランは、食券制のセルフサービススタイル。丼物や麺類、カレーライスなど、さまざまなメニューが用意されています。

熊笹ソフト



売店のイチオシは、地元産ジャガイモを使った「あげいも」。丸々2個のジャガイモが串に刺さっていて、食べ応え満点です。「かぼちゃだんご」や「ザンギ」などの北海道グルメも味わえます。さらに、特産品の「クマザサ」を使ったソフトクリームも人気です。

あげいも



2階は展望休憩室(コロナ禍などの影響で入室できない場合あり)。大きな窓から屈斜路湖を眺めることができます。ユニークなのは、合成写真の撮影コーナー。美幌峠の景色など背景写真を選んで撮影できるため、雨天の日に訪れた人や、旅の思い出に楽しむ人などに利用されています。



北海道らしい大きなスケールの絶景を観ることができる道の駅。カーブの多い峠道……安全運転を心掛け、美幌峠を目指しましょう!

詳細情報

名称 道の駅 ぐるっとパノラマ美幌峠
住所 北海道網走郡美幌町字古梅
電話 0152-75-0700
開館時間 (4月下旬~10月)午前9時~午後6時、(11月~4月下旬)午前9時~午後5時
定休日 12月31日~1月3日(冬期は吹雪等で休館する場合あり)
駐車場 普通車120(身障者用4)台、大型14台
アクセス 旭川紋別道上川層雲峡ICから約2時間30分(150㎞)
ホームページ http://www.town.bihoro.hokkaido.jp/docs/2010102500054/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • “赤レンガのまち”江別市に登場した、レンガ造りの工場をリノベーションした商業施設『EBRI(エブリ)』

    ロータスな旅 > 北海道

    “赤レンガのまち”江別市に登場した、レン…

    “赤レンガのまち”として知られる江別市に、2016年3月、古くて新しい商業施設がオープンしました。60年以上もたつ、産業遺産のレンガ造りの工場(土管・陶管・レン…

    2017.10.10更新

  • 北海道は“昆布のふるさと”だ!ファクトリーで昆布製品のできるまでを見学し、ミュージアムで昆布の素晴らしさに納得!昆布製品のお土産もいっぱい!『北海道昆布館』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道は“昆布のふるさと”だ!ファクトリ…

    海の幸・山の幸がたくさんあって、どれもこれも美味しい北海道。その中の一つが昆布です。『北海道昆布館』は、福井県敦賀市に本社を置く昆布の卸売りと、昆布加工品など…

    2018.02.28更新

  • 北の大地の水族館(おんねゆ温泉 山の水族館)

    ロータスな旅 > 北海道

    北の大地の水族館(おんねゆ温泉 山の水族…

    日本で唯一の水族館プロデューサー、中村元氏が手掛けた水族館。海沿いではなく、山の中にあることが、まず驚きですが、それだけではありません。見どころの一つは、日本最…

    2015.10.08更新

  • 函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…『ティーショップ夕日』。ノスタルジックな建物の中で、日本茶をいただきながら、ゆったりとした時間が過ごせます。

    ロータスな旅 > 北海道

    函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…

    北海道内で札幌、旭川に次いで人口の多い函館市。観光地として人気が高く、『市町村魅力度ランキング』では、毎年のように第1位を獲得しています。長崎港、横浜港と並んで…

    2019.10.10更新

  • 北海道らしい絶景と、次々に現れる「難読地名」がドライブを楽しくする『北太平洋シーサイドライン』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道らしい絶景と、次々に現れる「難読地…

    十勝の広尾町と根室市の納沙布岬をつなぐ、全長300km以上におよぶ海岸線の道路『北太平洋シーサイドライン』は、日本百名道の一つとなっています。中でも、厚岸~霧多…

    2016.07.15更新

  • 雄大な自然と人の手になる庭園が美しく調和。園内をセグウェイで巡ることもできる。全長250kmの『北海道ガーデン街道』にある8カ所の観光庭園中最大の規模を誇る『十勝千年の森』

    ロータスな旅 > 北海道

    雄大な自然と人の手になる庭園が美しく調和…

    北海道の中央部に位置する上川町から旭川市、美瑛町、富良野市、十勝地方までをつなぐ『北海道ガーデン街道』(国道237号・38号・236号、2009年命名)。全長2…

    2019.08.20更新

< 前のページへ戻る