ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

深さ-8.1mのフロア「海底階」の観察窓からオホーツク海の中を覗ける!紋別港の東端、海に突き出した防波堤の先にある、世界初の氷海展望塔『オホーツクタワー』

2018年6月12日更新

北半球における凍る海の南限、オホーツク海。オホーツク海の北海道沿は、冬期に流氷で覆われますが、この風景はかなりレアなものといえるでしょう。

オホーツクタワー8
そのオホーツク海沿岸のほぼ中央に位置する紋別港、第3防波堤先端(海岸から約1キロ沖)に、氷海展望塔『オホーツクタワー』があります。

オホーツクタワー 外観2

オープンした1996(平成8)年当時、このような氷海展望塔は世界初の施設でした。観光施設と研究観測施設の両面を併せ持った施設で、高さは海上38.5メートル、海中8.1メートルです。

オホーツクタワー 外観1
ここでは、凍てついた冬の海の中を覗くことができるだけでなく、春から秋にも豊かな漁場であるオホーツク海のさまざまな表情を見ることができます。

海上の施設は、日の出の写真を集めたギャラリーや連絡橋、売店などがある1階、流氷の旅の映像やオホーツクシアターのある2階、360度の景色を楽しめる3階展望室から構成されています。展望室からは、天気がよくて空気が澄んだ日には遠く知床連山まで見通せ、また日没時の夕陽は感動モノとのこと。それから、 春と秋に蜃気楼、秋と冬には(運がよければ)海面にアザラシやカモ類・ワシ類などを見ることができます。

1階

1階



2階

2階



3階

3階



海底階は、海面下約8メートルのフロアが、アクアリウムになっています。大小18の展示水槽があり、オオカミウオ・クリオネ・フウセンウオなど、オホーツク海で見られる魚介類を見ることができます。

海底階

海底階



直径23mのドーナツ状のフロアの周囲にオホーツクの海をのぞき見できる観察窓が16枚配置されています。オホーツク海に生息する魚たちやイカやタコかカニ、あるいはヒトデやナマコ・・・たまにはアザラシなどを、この観察窓を通してみることができます。

また、夏期の夜間営業では、照明に集まる自然の魚が観察できるという・・・絶好の機会がありますので、お楽しみに!

オホーツクタワー 夏夜間

観察窓(夏夜間)

観察窓(夏夜間)



飲食施設は、3階に喫茶コーナー『流氷CAFE』があります。営業時間は、午前11時から午後2時(営業時間は変更になる場合あり)。オホーツク海を見渡しながら、コーヒーやジュース、軽食でくつろげます。
お土産のショッピングは、1階の売店『流氷SHOP』(営業時間:午前11時から午後4時30分)、ごまちゃんのぬいぐるみ(620円~)などがあります。

紋別港は、アザラシだけを飼育している国内唯一施設『とっかりセンター ごまちゃんランド』、流氷をテーマにした道立の博物館『オホーツク流氷科学センター【ギザ】』、冬は流氷の海を、夏はオホーツクブルーの大海原をクルーズする『ガリンコ号Ⅱ』、ガリンコ号ステーションであるとともに、オホーツク海の流氷観測や氷海海洋科学の研究施設となっている『海洋交流館』などもあります。あわせて、楽しんではいかがでしょう!

ごまちゃん

ごまちゃん



オホーツクタワー

オホーツクタワー6

詳細情報

名称 氷海展望塔 オホーツクタワー
住所 北海道紋別市海洋公園1番地 海洋交流館内
電話番号 0158-24-8000
開館時間 午前10時~午後5時 (最終入館は午後4時30分) ※夏季夜間特別営業あり ※1月1日の営業は午前6時30分~午前10時
休館日 12月29日~31日、1月2日~3日
料金 中学生以上の大人:800円、小学生400円 幼児無料 ※団体料金あり ※障がい者割引あり
アクセス 【車】紋別まで:稚内から214キロ(3時間50分)、網走から116キロ(2時間10分)、帯広から238キロ(4時間30分)、旭川から142キロ(2時間20分)、札幌から274キロ(4時間)※時間は想定
駐車場 400台(無料)
ホームページ http://www.o-tower.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • “赤レンガのまち”江別市に登場した、レンガ造りの工場をリノベーションした商業施設『EBRI(エブリ)』

    ロータスな旅 > 北海道

    “赤レンガのまち”江別市に登場した、レン…

    “赤レンガのまち”として知られる江別市に、2016年3月、古くて新しい商業施設がオープンしました。60年以上もたつ、産業遺産のレンガ造りの工場(土管・陶管・レン…

    2017.10.10更新

  • ハセガワストアのやきとり弁当

    ロータスな旅 > 北海道

    ハセガワストアのやきとり弁当

    一般的に「やきとり」は、その名のとおり、鶏肉を焼いたもの。しかし、函館をはじめとする北海道の道南地区では、豚肉を串に刺したものを「やきとり」と呼ぶ場合が多いの…

    2015.10.16更新

  • 北海道北斗市で漁協が直営するイートイン型施設。濃厚な味わいが特徴の『峩朗(がろう)かき』ほか、新鮮な貝類を鉄板で蒸し焼きにして食べる!『貝鮮焼 北斗フィッシャリー』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道北斗市で漁協が直営するイートイン型…

    函館近郊の北斗市、木古内町、知内町を管内とする上磯郡漁業協同組合。函館湾に面して建つ、同漁協の上磯支所に併設されているのが、イートイン型の直売施設『貝鮮焼北斗…

    2019.05.15更新

  • 北海道・旭川を代表する菓子舗『壺屋総本店』が運営する、お菓子と、カフェ、フラワーショップ、クラフトショップ、ガーデンが一体化した幸せ空間!『き花の杜』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道・旭川を代表する菓子舗『壺屋総本店…

    1929(昭和4)年創業の『壺屋総本店』は、旭川を代表する菓子店の一つ。小豆や小麦、米、カボチャアロニアなど北海道産の素材にこだわり、『壺もなか』、『生しょうが…

    2019.09.24更新

  • 北海道をドライブするならぜひ立ち寄りたい!長万部(おしゃまんべ)名物の『かなやのかにめし』が食べられる『ドライブインかなや』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道をドライブするならぜひ立ち寄りたい…

    北海道は、魚介類や農産物が豊富な“食の宝庫”。それらの素材を使って作り続けられている、人気加工食品もたくさんあります。旅のお供として知られているのが、駅弁『か…

    2020.06.09更新

  • 風力発電がシンボルの苫前町なので、その名も「道の駅 風Wとままえ(ふわっととままえ)」

    ロータスな旅 > 北海道

    風力発電がシンボルの苫前町なので、その名…

    知らない人には読めないのでは?というオモシロ・ネーミングの道の駅です。地元の苫前町は風力発電がシンボルなので、「風W(Wは電力のワットより)=ふわっと」と命名さ…

    2016.05.13更新

< 前のページへ戻る