ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

深さ-8.1mのフロア「海底階」の観察窓からオホーツク海の中を覗ける!紋別港の東端、海に突き出した防波堤の先にある、世界初の氷海展望塔『オホーツクタワー』

2018年6月12日更新

北半球における凍る海の南限、オホーツク海。オホーツク海の北海道沿は、冬期に流氷で覆われますが、この風景はかなりレアなものといえるでしょう。

オホーツクタワー8
そのオホーツク海沿岸のほぼ中央に位置する紋別港、第3防波堤先端(海岸から約1キロ沖)に、氷海展望塔『オホーツクタワー』があります。

オホーツクタワー 外観2

オープンした1996(平成8)年当時、このような氷海展望塔は世界初の施設でした。観光施設と研究観測施設の両面を併せ持った施設で、高さは海上38.5メートル、海中8.1メートルです。

オホーツクタワー 外観1
ここでは、凍てついた冬の海の中を覗くことができるだけでなく、春から秋にも豊かな漁場であるオホーツク海のさまざまな表情を見ることができます。

海上の施設は、日の出の写真を集めたギャラリーや連絡橋、売店などがある1階、流氷の旅の映像やオホーツクシアターのある2階、360度の景色を楽しめる3階展望室から構成されています。展望室からは、天気がよくて空気が澄んだ日には遠く知床連山まで見通せ、また日没時の夕陽は感動モノとのこと。それから、 春と秋に蜃気楼、秋と冬には(運がよければ)海面にアザラシやカモ類・ワシ類などを見ることができます。

1階

1階



2階

2階



3階

3階



海底階は、海面下約8メートルのフロアが、アクアリウムになっています。大小18の展示水槽があり、オオカミウオ・クリオネ・フウセンウオなど、オホーツク海で見られる魚介類を見ることができます。

海底階

海底階



直径23mのドーナツ状のフロアの周囲にオホーツクの海をのぞき見できる観察窓が16枚配置されています。オホーツク海に生息する魚たちやイカやタコかカニ、あるいはヒトデやナマコ・・・たまにはアザラシなどを、この観察窓を通してみることができます。

また、夏期の夜間営業では、照明に集まる自然の魚が観察できるという・・・絶好の機会がありますので、お楽しみに!

オホーツクタワー 夏夜間

観察窓(夏夜間)

観察窓(夏夜間)



飲食施設は、3階に喫茶コーナー『流氷CAFE』があります。営業時間は、午前11時から午後2時(営業時間は変更になる場合あり)。オホーツク海を見渡しながら、コーヒーやジュース、軽食でくつろげます。
お土産のショッピングは、1階の売店『流氷SHOP』(営業時間:午前11時から午後4時30分)、ごまちゃんのぬいぐるみ(620円~)などがあります。

紋別港は、アザラシだけを飼育している国内唯一施設『とっかりセンター ごまちゃんランド』、流氷をテーマにした道立の博物館『オホーツク流氷科学センター【ギザ】』、冬は流氷の海を、夏はオホーツクブルーの大海原をクルーズする『ガリンコ号Ⅱ』、ガリンコ号ステーションであるとともに、オホーツク海の流氷観測や氷海海洋科学の研究施設となっている『海洋交流館』などもあります。あわせて、楽しんではいかがでしょう!

ごまちゃん

ごまちゃん



オホーツクタワー

オホーツクタワー6

詳細情報

名称 氷海展望塔 オホーツクタワー
住所 北海道紋別市海洋公園1番地 海洋交流館内
電話番号 0158-24-8000
開館時間 午前10時~午後5時 (最終入館は午後4時30分) ※夏季夜間特別営業あり ※1月1日の営業は午前6時30分~午前10時
休館日 12月29日~31日、1月2日~3日
料金 中学生以上の大人:800円、小学生400円 幼児無料 ※団体料金あり ※障がい者割引あり
アクセス 【車】紋別まで:稚内から214キロ(3時間50分)、網走から116キロ(2時間10分)、帯広から238キロ(4時間30分)、旭川から142キロ(2時間20分)、札幌から274キロ(4時間)※時間は想定
駐車場 400台(無料)
ホームページ http://www.o-tower.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • サケが遡上する千歳川のほとりにできた、テナント充実の『道の駅 サーモンパーク千歳』

    ロータスな旅 > 北海道

    サケが遡上する千歳川のほとりにできた、テ…

    新千歳空港から車で10分。サケの遡上する千歳川に臨む道の駅が、『道の駅サーモンパーク千歳』です。2015年8月にリニューアルオープンした施設は、快適でアトラク…

    2017.04.12更新

  • 旧国鉄時代の駅舎などを保存した『相生鉄道公園』のほか、手づくり豆腐や十割そば、『クマヤキ』が人気を呼ぶ『道の駅 あいおい』

    ロータスな旅 > 北海道

    旧国鉄時代の駅舎などを保存した『相生鉄道…

    北海道東部オホーツク圏の内陸部に位置する津別町(つべつちょう)。町名はアイヌ語の「トゥペッ」(=「山の出ばなを通っている川」)に由来しています。総面積約716㎢…

    2017.05.15更新

  • 北海道は“昆布のふるさと”だ!ファクトリーで昆布製品のできるまでを見学し、ミュージアムで昆布の素晴らしさに納得!昆布製品のお土産もいっぱい!『北海道昆布館』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道は“昆布のふるさと”だ!ファクトリ…

    海の幸・山の幸がたくさんあって、どれもこれも美味しい北海道。その中の一つが昆布です。『北海道昆布館』は、福井県敦賀市に本社を置く昆布の卸売りと、昆布加工品など…

    2018.02.28更新

  • 北海道民ならば一度は食べたことがあるという、旭川発なつかしのソウルフード『ビタミンカステーラ』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道民ならば一度は食べたことがあるとい…

    旭川にとどまらず、「道民ならば一度は食べたことがある」というソウルフードが『ビタミンカステーラ』です。北海道各地で販売されているのですが、製造元は旭川の高橋製菓…

    2018.06.26更新

  • 1本で2役! 北海道・旭川で見つけた、スープにもドレッシングにもなる魔法の調味料『スードレ』

    ロータスな旅 > 北海道

    1本で2役! 北海道・旭川で見つけた、ス…

    スープにもドレッシングにもなる、ちょっと変わった調味料が、北海道・旭川から全国に向けて今じわじわと人気を高めています。それが、『スードレ』。スードレは、北海道…

    2016.11.14更新

  • 旭川・美瑛に行くなら、ちょいと試してみたいB級テイクアウト食品、『ジュンドッグ』

    ロータスな旅 > 北海道

    旭川・美瑛に行くなら、ちょいと試してみた…

    旭川名物『ジュンドッグ』をご存じでしょうか?美瑛町の洋食レストラン『洋食や純平』が発祥とされ、旭川市民なら知らない人はいないとまで言われるテイクアウトのご当…

    2016.12.15更新

< 前のページへ戻る