ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

キャンプやカヌーを楽しもう!北海道のアウトドアレジャーの拠点のひとつ「かなやま湖」

2022年5月26日更新

「かなやま湖」は、北海道・南富良野町の中央部にある湖。金山ダムの建設によって出来た人工の湖ですが、周囲の原生林と相まって美しい景観をつくり上げ、まるで自然湖のようだと評されています。



全景を見るなら「金山ダム展望台(かなやま湖展望台)」へ。ダムの北側に設置されていて、湖とダムを一望できます。



美しい景観の魅力だけでなく、かなやま湖はアウトドアレジャーの拠点が集結する観光スポットとして有名です。春から秋にかけてはキャンプやカヌー、冬にはワカサギの氷穴釣りや犬ぞりなど、1年を通して楽しむことができます。







「かなやま湖森林公園」には、キャンプ場や宿泊施設などが併設されています。湖のほとりに広がる「かなやま湖畔キャンプ場」(営業期間:5月~9月、問い合わせ[管理棟]:0167-52-3132)には、テント500張のフリーサイトと、水洗トイレ、炊事場などが整備されています。規模の大きさと設備の充実度は、北海道内でもトップクラスです。キャンプサイト1泊の利用料は、中学生以上620円、子供250円、幼児は無料。7棟のバンガロー(要予約)も用意されています。



かなやま湖畔キャンプ場の東側には、「かなやま湖畔鹿越(しかごえ)園地ラベンダー園」が隣接しています。花の見頃は、7月中旬です。



「かなやま湖オートキャンプ場」(営業期間:4月下旬~9月、問い合わせ[管理棟]:0167-52-2002※4月10日~9月))は、かなやま湖を見下ろす高台にあります。キャンピングカーサイトは1回4190円、スタンダードサイトは3140円。日帰りの場合は、それぞれ半額です。いずれも、利用に当たっては予約が必要です。管理棟の近くには、24時間無料で利用できるドッグランもあり、愛犬と一緒にキャンプを楽しみたい人に最適です。





「かなやま湖保養センター」は、宿泊(素泊まりのみ)と日帰り入浴ができる施設。日帰り入浴は、キャンプ場に泊まる人たちによく利用されています。入浴料は中学生以上410円、小学生200円、幼児は無料です。



その他かなやま湖周辺には、アウトドアレジャーのアクティビティとしてカヌー体験やラフティング、フィッシングなどアウトドアツアーを提供している事業所が複数あります。料金や内容もさまざまなので、ホームページなどで調べてチャレンジしてみるのもよいでしょう。









透明感のある水をたたえた湖と豊かな緑。かなやま湖は、北海道のアウトドアレジャーを満喫したい人にぴったりの素晴らしいロケーションです。

詳細情報

名称 かなやま湖
住所 北海道空知郡南富良野町字東鹿越
電話 [NPO法人南富良野まちづくり観光協会] 0167-39-7000
駐車場 かなやま湖畔キャンプ場800台、金山ダム20台など
アクセス 道東自動車道トマムICから約30分、道東自動車道占冠ICから約30分
ホームページ [NPO法人南富良野まちづくり観光協会] http://www.minamifurano.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • なんと、スキーゲレンデのある道の駅が北海道・遠軽町に出現!しかも、地元食材を味わえるフードコートが充実!『道の駅遠軽 森のオホーツク』

    ロータスな旅 > 北海道

    なんと、スキーゲレンデのある道の駅が北海…

    北海道の中央部から東へ伸びる、旭川紋別自動車道。遠軽ICの開通に伴い、2019(令和1)年12月22日にオープンしたのが、『道の駅遠軽森のオホーツク』です。…

    2020.11.26更新

  • 旧国鉄時代の駅舎などを保存した『相生鉄道公園』のほか、手づくり豆腐や十割そば、『クマヤキ』が人気を呼ぶ『道の駅 あいおい』

    ロータスな旅 > 北海道

    旧国鉄時代の駅舎などを保存した『相生鉄道…

    北海道東部オホーツク圏の内陸部に位置する津別町(つべつちょう)。町名はアイヌ語の「トゥペッ」(=「山の出ばなを通っている川」)に由来しています。総面積約716㎢…

    2017.05.15更新

  • 函館に行くなら、ご当地バーガー日本一の味をテーマパークレストラン「ラッキーピエロ峠下総本店(とうげしたそうほんてん)」で体験しよう!

    ロータスな旅 > 北海道

    函館に行くなら、ご当地バーガー日本一の味…

    「ラッピ」の愛称で、地元のお客様に愛される人気ファストフード店「ラッキーピエロ」。函館市を中心に17店舗を展開しており、日本経済新聞が発行する「日経プラス1」の…

    2016.08.19更新

  • 北の都・札幌に生まれた、クリエイターや職人たちの夢の場所、『space 1-15(スペースイチイチゴ)』

    ロータスな旅 > 北海道

    北の都・札幌に生まれた、クリエイターや職…

    北の都・札幌に『space1-15(スペースイチイチゴ)』という注目のビルがあります。どこの街でも見かけるような普通のマンションですが、この築30年は経ってい…

    2016.12.27更新

  • 北海道は“昆布のふるさと”だ!ファクトリーで昆布製品のできるまでを見学し、ミュージアムで昆布の素晴らしさに納得!昆布製品のお土産もいっぱい!『北海道昆布館』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道は“昆布のふるさと”だ!ファクトリ…

    海の幸・山の幸がたくさんあって、どれもこれも美味しい北海道。その中の一つが昆布です。『北海道昆布館』は、福井県敦賀市に本社を置く昆布の卸売りと、昆布加工品など…

    2018.02.28更新

  • 函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…『ティーショップ夕日』。ノスタルジックな建物の中で、日本茶をいただきながら、ゆったりとした時間が過ごせます。

    ロータスな旅 > 北海道

    函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…

    北海道内で札幌、旭川に次いで人口の多い函館市。観光地として人気が高く、『市町村魅力度ランキング』では、毎年のように第1位を獲得しています。長崎港、横浜港と並んで…

    2019.10.10更新

< 前のページへ戻る