ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

帯広のご当地グルメといえば『豚丼』! 200店を超えるお店の中から、オススメしたいのは『ぶた丼のとん田』

2017年8月29日更新

北海道帯広市は十勝地方のほぼ中央に位置し、約6割を占める中央部・北東部の平地は、その約半分が農地で、全国でも有数の大規模経営の畑作・酪農地帯になっています。この帯広の名物として今や全国的に知られるようになったのが『豚丼』です。丼に盛られたご飯の上に、厚切りの豚肉を焼いて甘辛いタレで味付けしてのせた『豚丼』の発祥は帯広といわれ、十勝地方では家庭料理としても一般的で、お母さんのお手軽メニューとして日頃から食卓に並ぶほど日常の料理でもあるそうです。
帯広の開拓の祖といわれる依田勉三が豚4頭を連れて入植し、帯広での養豚が始まりました。依田は「開墾のはじめは豚と一つ鍋」と自身の句の中で詠んでいます。この句からも分かるように十勝と豚の付き合いは長く、生活に欠くことのできない存在でした。大正末期には豚肉料理が一般的になりつつありましたが、庶民が食べられる豚肉料理は少なく貴重なものでした。十勝に住む庶民にとってなじみの深い豚肉を使った『豚丼』の誕生には諸説ありますが、古くは1930年代とする説もあります。庶民が食べられる料理を求める中で、うな丼をヒントにした甘辛いタレをからめて焼いた『豚丼』が誕生したというわけです。やがて、市民に愛される郷土料理として定着し、時を経て今では、ユニークな名前と、美味しさがうけ、ご当地グルメとして全国から注目を集めています。

ぶた丼 とん田

ぶた丼 とん田



帯広市内には『豚丼』を提供するお店が200店以上もあるそうで、何十年も続く老舗から注目の新店までさまざまです。その中から今回紹介するのは『ぶた丼のとん田』。帯広駅から車で7~8分程のロケーションで、繁華街から離れた場所にあるにも関わらず、地元の人はもちろんのこと、わざわざやって来る旅行者もいっぱいで、行列をなす店として知られています。創業者が肉の扱いに精通した精肉店の店主だったこともあり、十勝地方の一般的な『豚丼』はロース肉を使用しますが、こちらの店ではロース肉のほか、バラ肉とヒレ肉もあります。嗜好に合わせて好きなお肉を選ぶ、これが『ぶた丼のとん田』の一番の特徴です。しかも、お肉は機械でのスライスではなく、すべて一枚一枚手切り。肉質を見ながら、食べやすい形にカットしています。また、どの『豚丼』にも小さな壺に入ったタレがセットで出てきます。タレの濃さも人それぞれ好みがあるので、濃い目が好きな人は自分でタレをかけて好みの濃さに調整して食べられるというわけです。このタレ・・・お肉屋さんだった時代に先代が作ったもので、今も先代がレシピを誰にも教えず30年以上作り続けているという、マル秘のタレなのだとか。

とん田2

とん田1
テレビなどでの取材も多く、『食べログ北海道ベストレストラン』や、『ミシュランガイド北海道』の掲載店にも選ばれています。

詳細情報

名称 ぶた丼のとん田
住所 北海道帯広市東10条南17丁目2番地
電話 0155-24-4358
営業時間 午前11時~午後6時(L.O.午後6時)※食材が無くなり次第閉店
定休日 日曜日
アクセス JR根室本線帯広駅より約1.5km(徒歩約17分)
駐車場 21台(無料)
『ぶた丼のとん田』メニュー ロースぶた丼 780円
ヒレぶた丼  780円
バラぶた丼  780円

ロースとバラの盛り合わせ 100円増し
肉大盛り   200円増し
ライス大盛り 120円増し
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索

あわせて読みたい

  • 室蘭カレーラーメン

    ロータスな旅 > 北海道

    室蘭カレーラーメン

    日本人にとって超ポピュラーな定番メニューといえば「カレー」と「ラーメン」です。この2つの料理を一つの丼の中で融合させてしまったのが『カレーラーメン』なる一品。北…

    2016.03.04更新

  • 北海道らしい絶景と、次々に現れる「難読地名」がドライブを楽しくする『北太平洋シーサイドライン』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道らしい絶景と、次々に現れる「難読地…

    十勝の広尾町と根室市の納沙布岬をつなぐ、全長300km以上におよぶ海岸線の道路『北太平洋シーサイドライン』は、日本百名道の一つとなっています。中でも、厚岸~霧多…

    2016.07.15更新

  • 歴史的な名作椅子のギャラリーもある!築100年の赤レンガ倉庫群をリニューアルした、旭川の文化・商業施設『蔵囲夢(くらいむ)』

    ロータスな旅 > 北海道

    歴史的な名作椅子のギャラリーもある!築1…

    北海道中央部の上川盆地に広がり、北海道第二となる人口約34万人を有する旭川市。その玄関口・JR旭川駅に近い場所に、百年の歴史を刻むレンガ造りの倉庫群があります。…

    2017.12.12更新

  • 北の都・札幌に生まれた、クリエイターや職人たちの夢の場所、『space 1-15(スペースイチイチゴ)』

    ロータスな旅 > 北海道

    北の都・札幌に生まれた、クリエイターや職…

    北の都・札幌に『space1-15(スペースイチイチゴ)』という注目のビルがあります。どこの街でも見かけるような普通のマンションですが、この築30年は経ってい…

    2016.12.27更新

  • 函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…『ティーショップ夕日』。ノスタルジックな建物の中で、日本茶をいただきながら、ゆったりとした時間が過ごせます。

    ロータスな旅 > 北海道

    函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…

    北海道内で札幌、旭川に次いで人口の多い函館市。観光地として人気が高く、『市町村魅力度ランキング』では、毎年のように第1位を獲得しています。長崎港、横浜港と並んで…

    2019.10.10更新

  • 室蘭の自然を海から眺める『むろらんクルージング』。絶景を巡る『地球岬遊覧』のほか、夜景を堪能する『ナイトクルージング』、6~8月には『イルカ・クジラウォッチング』も!

    ロータスな旅 > 北海道

    室蘭の自然を海から眺める『むろらんクルー…

    北海道南西部に位置する室蘭市。観光地としても、見どころの多い街です。太平洋を望む『地球岬展望台』は、国内有数の景勝地。海抜130メートルの断崖に建つ『チキウ岬灯…

    2020.07.21更新

< 前のページへ戻る