ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

室蘭の自然を海から眺める『むろらんクルージング』。絶景を巡る『地球岬遊覧』のほか、夜景を堪能する『ナイトクルージング』、6~8月には『イルカ・クジラウォッチング』も!

2020年7月21日更新

北海道南西部に位置する室蘭市。観光地としても、見どころの多い街です。太平洋を望む『地球岬展望台』は、国内有数の景勝地。海抜130メートルの断崖に建つ『チキウ岬灯台』を見下ろす位置にあり、絶景が堪能できます。ちなみに、『チキウ』とは、アイヌ語の『チケプ(断崖)』から転じたもの。その後、音の響きが似ていたことから『地球』の文字が当てられました。

地球岬



その他、全長1380メートルの吊り橋『白鳥大橋』や、頂上から360度がぐるりと見渡せる『測量山』、室蘭港に浮かぶ『黒百合咲く大黒島』なども訪れてみたい名所です。

こうした室蘭の魅力を海上から楽しむこともできるのが、クルージングです。運営するスターマリン株式会社では、『むろらんクルージング』と称して、3つのコースを用意しています。

その一つは、迫力ある絶壁を間近で見られる『地球岬遊覧』(運航期間:4~11月、運航時刻①午前10時~11時30分 ②午後2時~3時30分、所要時間約90分)。国の文化財に指定されている『名勝 ピリカノカ 絵鞆半島外海岸』などを中心に海岸線に沿って運航。『地球岬』を含む『室蘭八景』(室蘭市民の投票などをもとに選定された8つの観光スポット)のうち、6か所を海側から眺めることができます。料金は、大人4000円、4歳~小学生2000円です(料金は税込み価格、以下同様)。

地球岬



室蘭沖でダイナミックな海の生き物を観察できるのが、『イルカ・クジラウォッチング』(運航期間:6月上旬~8月中旬頃、運航時刻①午前10時~12時30分 ②午後2時~4時30分、所要時間約150分)。室蘭周辺の噴火湾は、穏やかでエサが豊富なため、イルカやクジラたちにとっては絶好の子育ての場となっています。運航期間の6~8月は、イルカやクジラと出会える確率の高い時期。また、イルカやクジラ以外にも、シャチやキタオットセイなどに出会えることもあるのだとか。料金は、大人6000円、4歳~小学生3000円です。

カマイルカ



そして三つ目のクルージングは、夜景を堪能する『ナイトクルージング』(運航期間:4~11月、所要時間:約60分、運航時刻は月により変動するのでホームページで確認のこと)。室蘭港を取り囲む製鉄業や造船業等の工場群の夜景は、幻想的で一見の価値があります。室蘭市は、2011(平成23)年に川崎市や四日市市、北九州市とともに、『日本四大工場夜景エリア』(今では『日本十大工場夜景エリア』にまで拡大)を共同で宣言した、工場夜景観光の先駆者。工場夜景だけでなく、室蘭港に架かる『白鳥大橋』のライトアップを会場から眺めることもできます。料金は、大人3000円、4歳~小学生1000円です。



室蘭の観光に、海上でしか味わえない経験を加えた『むろらんクルージング』。まさに、ここにしかない旅の記憶になることでしょう。

詳細情報

名称 『むろらんクルージング』(スターマリン株式会社)
住所 北海道室蘭市祝津町1丁目127‐12
電話 0143-27-2870(午前9時~午後6時)
アクセス 道央自動車道室蘭ICから約10分
駐車場 あり
ホームページ http://www.muro-nc.com/
注意 ①各クルージングとも「催行人数は5名より」となっています。5名を下回った場合、催行されないことがあります。 ②天候と海の状況によっては運航できない場合があります。 ③6月~8月の期間は、地球岬遊覧よりもイルカ・クジラウォッチングの運航を優先させるため、予約状況によっては地球岬遊覧を受け付けできない場合があります。 ④電話で予約することをお勧めします。予約しても当日受付が必要です。受付は出航時間の1時間前から開始。乗り場が受付となっているので、出航時間の15分前までに乗り場に必着のこと。 ⑤支払いは乗船前で、現金のみとなっています。クレジットカードは使用できません。 ⑥その他の諸注意がホームページに掲載されているので確認のこと。
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 白樺のような姿をした北海道銘菓『三方六(さんぽうろく)』ができるところを見学し、ここでしか買えないお買い得品をゲットできる『柳月(りゅうげつ)スイートピア・ガーデン』

    ロータスな旅 > 北海道

    白樺のような姿をした北海道銘菓『三方六(…

    白樺の木肌を連想させる北海道銘菓といえば、十勝・帯広を本拠とする柳月(りゅうげつ)の『三方六(さんぽうろく)』です。三方六プレーンは、十勝産100%の小麦粉をは…

    2018.01.31更新

  • 旧国鉄時代の駅舎などを保存した『相生鉄道公園』のほか、手づくり豆腐や十割そば、『クマヤキ』が人気を呼ぶ『道の駅 あいおい』

    ロータスな旅 > 北海道

    旧国鉄時代の駅舎などを保存した『相生鉄道…

    北海道東部オホーツク圏の内陸部に位置する津別町(つべつちょう)。町名はアイヌ語の「トゥペッ」(=「山の出ばなを通っている川」)に由来しています。総面積約716㎢…

    2017.05.15更新

  • 玉ねぎ×ホタテの絶妙なハーモニー! 北の大地と海の旨味を堪能できる『オホーツク北見塩やきそば』

    ロータスな旅 > 北海道

    玉ねぎ×ホタテの絶妙なハーモニー! 北の…

    日本の最果て、北海道オホーツク地方にある北見は食の宝庫。豊富な日照量と少ない降水量という恵まれた気候風土の中で太陽の恵みをいっぱいに浴びた北見のタマネギは日本一…

    2016.11.28更新

  • 北海道をドライブするならぜひ立ち寄りたい!長万部(おしゃまんべ)名物の『かなやのかにめし』が食べられる『ドライブインかなや』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道をドライブするならぜひ立ち寄りたい…

    北海道は、魚介類や農産物が豊富な“食の宝庫”。それらの素材を使って作り続けられている、人気加工食品もたくさんあります。旅のお供として知られているのが、駅弁『か…

    2020.06.09更新

  • 女満別空港から世界遺産『知床』へ向かうルートに立地する、宿泊施設を備えた新しい道の駅。北海道グルメも味わえます!『道の駅 ノンキーランド ひがしもこと』

    ロータスな旅 > 北海道

    女満別空港から世界遺産『知床』へ向かうル…

    世界自然遺産、知床に向かう国道334号沿いに、2017(平成29)年9月にオープン。1階にレストランや売店、2階に宿泊施設が備えられています。ちなみに、ノンキー…

    2019.01.15更新

  • 美幌峠展望台からは眼下に屈斜路湖や雲海も!絶景スポット「道の駅 ぐるっとパノラマ美幌峠」

    ロータスな旅 > 北海道

    美幌峠展望台からは眼下に屈斜路湖や雲海も…

    北海道の北東部・網走市と釧路市を結ぶ国道243号。この道をドライブするなら、ぜひ立ち寄りたいのが、美幌町(びほろちょう)と弟子屈町(てしかがちょう)の間に位置す…

    2021.07.27更新

< 前のページへ戻る