ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

室蘭の自然を海から眺める『むろらんクルージング』。絶景を巡る『地球岬遊覧』のほか、夜景を堪能する『ナイトクルージング』、6~8月には『イルカ・クジラウォッチング』も!

2020年7月21日更新

北海道南西部に位置する室蘭市。観光地としても、見どころの多い街です。太平洋を望む『地球岬展望台』は、国内有数の景勝地。海抜130メートルの断崖に建つ『チキウ岬灯台』を見下ろす位置にあり、絶景が堪能できます。ちなみに、『チキウ』とは、アイヌ語の『チケプ(断崖)』から転じたもの。その後、音の響きが似ていたことから『地球』の文字が当てられました。

地球岬



その他、全長1380メートルの吊り橋『白鳥大橋』や、頂上から360度がぐるりと見渡せる『測量山』、室蘭港に浮かぶ『黒百合咲く大黒島』なども訪れてみたい名所です。

こうした室蘭の魅力を海上から楽しむこともできるのが、クルージングです。運営するスターマリン株式会社では、『むろらんクルージング』と称して、3つのコースを用意しています。

その一つは、迫力ある絶壁を間近で見られる『地球岬遊覧』(運航期間:4~11月、運航時刻①午前10時~11時30分 ②午後2時~3時30分、所要時間約90分)。国の文化財に指定されている『名勝 ピリカノカ 絵鞆半島外海岸』などを中心に海岸線に沿って運航。『地球岬』を含む『室蘭八景』(室蘭市民の投票などをもとに選定された8つの観光スポット)のうち、6か所を海側から眺めることができます。料金は、大人4000円、4歳~小学生2000円です(料金は税込み価格、以下同様)。

地球岬



室蘭沖でダイナミックな海の生き物を観察できるのが、『イルカ・クジラウォッチング』(運航期間:6月上旬~8月中旬頃、運航時刻①午前10時~12時30分 ②午後2時~4時30分、所要時間約150分)。室蘭周辺の噴火湾は、穏やかでエサが豊富なため、イルカやクジラたちにとっては絶好の子育ての場となっています。運航期間の6~8月は、イルカやクジラと出会える確率の高い時期。また、イルカやクジラ以外にも、シャチやキタオットセイなどに出会えることもあるのだとか。料金は、大人6000円、4歳~小学生3000円です。

カマイルカ



そして三つ目のクルージングは、夜景を堪能する『ナイトクルージング』(運航期間:4~11月、所要時間:約60分、運航時刻は月により変動するのでホームページで確認のこと)。室蘭港を取り囲む製鉄業や造船業等の工場群の夜景は、幻想的で一見の価値があります。室蘭市は、2011(平成23)年に川崎市や四日市市、北九州市とともに、『日本四大工場夜景エリア』(今では『日本十大工場夜景エリア』にまで拡大)を共同で宣言した、工場夜景観光の先駆者。工場夜景だけでなく、室蘭港に架かる『白鳥大橋』のライトアップを会場から眺めることもできます。料金は、大人3000円、4歳~小学生1000円です。



室蘭の観光に、海上でしか味わえない経験を加えた『むろらんクルージング』。まさに、ここにしかない旅の記憶になることでしょう。

詳細情報

名称 『むろらんクルージング』(スターマリン株式会社)
住所 北海道室蘭市祝津町1丁目127‐12
電話 0143-27-2870(午前9時~午後6時)
アクセス 道央自動車道室蘭ICから約10分
駐車場 あり
ホームページ http://www.muro-nc.com/
注意 ①各クルージングとも「催行人数は5名より」となっています。5名を下回った場合、催行されないことがあります。 ②天候と海の状況によっては運航できない場合があります。 ③6月~8月の期間は、地球岬遊覧よりもイルカ・クジラウォッチングの運航を優先させるため、予約状況によっては地球岬遊覧を受け付けできない場合があります。 ④電話で予約することをお勧めします。予約しても当日受付が必要です。受付は出航時間の1時間前から開始。乗り場が受付となっているので、出航時間の15分前までに乗り場に必着のこと。 ⑤支払いは乗船前で、現金のみとなっています。クレジットカードは使用できません。 ⑥その他の諸注意がホームページに掲載されているので確認のこと。
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 北海道北斗市で漁協が直営するイートイン型施設。濃厚な味わいが特徴の『峩朗(がろう)かき』ほか、新鮮な貝類を鉄板で蒸し焼きにして食べる!『貝鮮焼 北斗フィッシャリー』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道北斗市で漁協が直営するイートイン型…

    函館近郊の北斗市、木古内町、知内町を管内とする上磯郡漁業協同組合。函館湾に面して建つ、同漁協の上磯支所に併設されているのが、イートイン型の直売施設『貝鮮焼北斗…

    2019.05.15更新

  • 夏に北海道富良野を旅するなら、ぜひ立ち寄りたい「道の駅南ふらの」(南ふらの物産センター)

    ロータスな旅 > 北海道

    夏に北海道富良野を旅するなら、ぜひ立ち寄…

    北海道のほぼ中央に位置する南富良野町。夏ともなれば、北海道観光で立ち寄る観光客数も多い地域です。その南富良野町の国道38号線沿いに「道の駅南ふらの」(南ふらの物…

    2016.06.14更新

  • “赤レンガのまち”江別市に登場した、レンガ造りの工場をリノベーションした商業施設『EBRI(エブリ)』

    ロータスな旅 > 北海道

    “赤レンガのまち”江別市に登場した、レン…

    “赤レンガのまち”として知られる江別市に、2016年3月、古くて新しい商業施設がオープンしました。60年以上もたつ、産業遺産のレンガ造りの工場(土管・陶管・レン…

    2017.10.10更新

  • 白樺のような姿をした北海道銘菓『三方六(さんぽうろく)』ができるところを見学し、ここでしか買えないお買い得品をゲットできる『柳月(りゅうげつ)スイートピア・ガーデン』

    ロータスな旅 > 北海道

    白樺のような姿をした北海道銘菓『三方六(…

    白樺の木肌を連想させる北海道銘菓といえば、十勝・帯広を本拠とする柳月(りゅうげつ)の『三方六(さんぽうろく)』です。三方六プレーンは、十勝産100%の小麦粉をは…

    2018.01.31更新

  • かつて世界一のハッカ製造を誇った北海道北見市に今も残る、レトロなハッカのメモリー『北見ハッカ記念館・薄荷蒸溜館』

    ロータスな旅 > 北海道

    かつて世界一のハッカ製造を誇った北海道北…

    スーッとする清涼感たっぷりで、食品や医薬品など、身近で幅広く活用されているハッカ。多くの人にとっては、英語の『ミント(mint)』の呼び方のほうが馴染みがあるか…

    2019.08.06更新

  • Paard Musée [パド・ミュゼ](大沼流山牧場)

    ロータスな旅 > 北海道

    Paard Musée [パド・ミュゼ]…

    函館から車で1時間弱で行くことができる、大沼公園の流山地区にある『PaardMusée(大沼流山牧場)』では、20ヘクタールという広大な敷地に、北海道開拓に重…

    2016.04.08更新

< 前のページへ戻る