ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

玉ねぎ×ホタテの絶妙なハーモニー! 北の大地と海の旨味を堪能できる『オホーツク北見塩やきそば』

2016年11月28日更新

日本の最果て、北海道オホーツク地方にある北見は食の宝庫。豊富な日照量と少ない降水量という恵まれた気候風土の中で太陽の恵みをいっぱいに浴びた北見のタマネギは日本一の生産量を誇り、冬のオホーツクでとれた身が引き締まったホタテは日本一の水揚げ量を誇ります。

そんな北見の名産品を見事に融合させたご当地グルメが、『オホーツク北見塩やきそば』です。ソースでもなくあんかけでもない、オホーツクの自然塩を使い開発された特製の塩だれでまとめあげた塩やきそばは、「道内産の小麦を主原料とした麺を使用する」「豚肉ではなくオホーツク産のホタテを使用する」「キャベツではなく生産量日本一の北見産タマネギを使用する」などオホーツク北見塩やきそば推進協議会が定める8か条からなる定義とルールに則って作られます。

北見塩やきそば3

とくに、その美味しさの秘訣は、推進協議会が開発した「塩だれ」にあります。
こだわりその1)粗挽きにおろした北見産のタマネギがたっぷりと入っています。
こだわりその2)ホタテのエキスがたっぷりと溶け込んだ塩水を濃縮して使用しています。
こだわりその3)オホーツクの海水から作り出した自然塩を使用しています。

北見塩やきそば2

北見塩やきそば1

現在、北見市では23店舗のお店がオホーツク北見塩やきそばをメニューとしています。知名度アップなどのためにB-1グランプリにも参戦し、2010年(平成22年)9月に開催された 「第5回 B-1グランプリin厚木」では10位を獲得。その後もチャレンジを続けています。そして、ブルドックソースからご当地グルメ焼きそばの味として、横手や浪江などの焼きそば処のソースと並んで『オホーツク北見塩やきそばソース』がリリースされるまでになりました。

北海道を旅するならば、オホーツク北見塩やきそばを、ぜひお試しあれ!

北見塩やきそば5

北見塩やきそば6

『オホーツク北見塩やきそば』を提供するお店の情報は下記のホームページなどをご覧ください。

北見観光協会
http://www.kitamikanko.jp/eat/eat01.html

オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ
http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 北海道らしい絶景と、次々に現れる「難読地名」がドライブを楽しくする『北太平洋シーサイドライン』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道らしい絶景と、次々に現れる「難読地…

    十勝の広尾町と根室市の納沙布岬をつなぐ、全長300km以上におよぶ海岸線の道路『北太平洋シーサイドライン』は、日本百名道の一つとなっています。中でも、厚岸~霧多…

    2016.07.15更新

  • “赤レンガのまち”江別市に登場した、レンガ造りの工場をリノベーションした商業施設『EBRI(エブリ)』

    ロータスな旅 > 北海道

    “赤レンガのまち”江別市に登場した、レン…

    “赤レンガのまち”として知られる江別市に、2016年3月、古くて新しい商業施設がオープンしました。60年以上もたつ、産業遺産のレンガ造りの工場(土管・陶管・レン…

    2017.10.10更新

  • Paard Musée [パド・ミュゼ](大沼流山牧場)

    ロータスな旅 > 北海道

    Paard Musée [パド・ミュゼ]…

    函館から車で1時間弱で行くことができる、大沼公園の流山地区にある『PaardMusée(大沼流山牧場)』では、20ヘクタールという広大な敷地に、北海道開拓に重…

    2016.04.08更新

  • 帯広のご当地グルメといえば『豚丼』! 200店を超えるお店の中から、オススメしたいのは『ぶた丼のとん田』

    ロータスな旅 > 北海道

    帯広のご当地グルメといえば『豚丼』! 2…

    北海道帯広市は十勝地方のほぼ中央に位置し、約6割を占める中央部・北東部の平地は、その約半分が農地で、全国でも有数の大規模経営の畑作・酪農地帯になっています。この…

    2017.08.29更新

  • 女満別空港から世界遺産『知床』へ向かうルートに立地する、宿泊施設を備えた新しい道の駅。北海道グルメも味わえます!『道の駅 ノンキーランド ひがしもこと』

    ロータスな旅 > 北海道

    女満別空港から世界遺産『知床』へ向かうル…

    世界自然遺産、知床に向かう国道334号沿いに、2017(平成29)年9月にオープン。1階にレストランや売店、2階に宿泊施設が備えられています。ちなみに、ノンキー…

    2019.01.15更新

  • 函館本線の風光明媚な駅で売られる、全国人気の駅弁『元祖森名物  いかめし』

    ロータスな旅 > 北海道

    函館本線の風光明媚な駅で売られる、全国人…

    北海道函館市の函館駅から長万部駅、小樽駅、札幌駅を経由して旭川市の旭川駅を結ぶ函館本線。森駅は、その函館本線の拠点駅のひとつで、すべての特急列車が停車するほか、…

    2017.08.08更新

< 前のページへ戻る