ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

函館本線の風光明媚な駅で売られる、全国人気の駅弁『元祖森名物 いかめし』

2017年9月1日更新

北海道函館市の函館駅から長万部駅、小樽駅、札幌駅を経由して旭川市の旭川駅を結ぶ函館本線。森駅は、その函館本線の拠点駅のひとつで、すべての特急列車が停車するほか、函館本線の砂原支線への分岐駅でもあります。また、駒ヶ岳と噴火湾を望む風光明媚な駅としても知られています。

いかめし4
この森駅の駅弁が、あの『元祖森名物 いかめし』です。東京の百貨店が開催する全国有名駅弁大会でも、不動のナンバーワン人気を誇っています。午前中に駅のキヨスクに行けば、できたての温かい『元祖森名物 いかめし』を購入できるほか、夏期はホーム上での立ち売りも行われています。キヨスクは一度改札を出ないと行けませんが、途中下車ができない近距離のきっぷでも、改札で「駅弁を買いたい」旨を伝えれば通してくれるとか。また、取り置きにも対応してくれるそうです。(森駅キヨスク:電話01374-2-6362)

いかめし2
この『いかめし』が誕生したのは、1941(昭和16)年。製造元の阿部商店(創業1903[明治36]年)が、それまで利用価値がなかった小型のスルメイカを使って何かできないかと考案したもので、味付けや製法も発売当時のままほとんど変わっていないのだそうです。地元よりも全国での各種物産展などでの販売数のほうがはるかに多いようですが、やっぱり森町で食べてみたい逸品です。

いかめし3
『元祖森名物 いかめし』の内容はいたってシンプル。国産の一般的なお米(うるち米)と、もち米を混合したものをイカにつめてボイルして、甘辛の“秘伝のたれ”で味付けします。イカが2杯入って、780円(税込)というお値段。実際に食べてみると、そのままかぶりついても、柔らかいイカがスッと歯で輪切りにできます。醤油ベースと思われる“秘伝のたれ”が染みこんだイカとご飯がとても美味で、長年多くの人に愛されてきた理由がよくわかる懐かしい味です。ご飯のモチモチとした感触もたまりません。特に耳の部分はイカの味を十分に堪能できるので、「ここを食べるのが『元祖森名物 いかめし』の楽しみ」という人もいるようです。

いかめし1
函館本線の車窓を眺めながら、いかめしを頬張るという至福の時を味わってみてはいかがでしょう。

いかめし阿部商店では、いかめしのオリジナルグッズも販売しています。お弁当柄の携帯クリーナーストラップ(350円、税別以下同様)や、キーホルダー(420円)、いかめしトート(1,900円)、いかめしTシャツ(1,900円)などがあります。これらは、森駅のキヨスクでも販売しています。

詳細情報

名称 ㈱いかめし阿部商店
住所 北海道茅部郡森町御幸町112
電話番号 01374-2-2256
営業時間 駅構内営業所(=キヨスク、電話:01374-2-6362)、駅前の柴田商店(住所:北海道茅部群森町字本町32、電話:01374-2-2797)にて9時過ぎから売り切れまで販売(※販売時間、個数は季節により変更があり)
休業日 1月1日
料金 650円
アクセス JR函館本線森駅からすぐ
ホームページ http://www.ikameshi.co.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 北海道士幌町の恵みがいろいろ!「新たなB級グルメ登場か!」と話題の『しほろ牛カレー棒』や、剣先スコップに載ったハンバーグやステーキもインパクトあり!『道の駅 ピア21しほろ』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道士幌町の恵みがいろいろ!「新たなB…

    酪農・畜産と、ジャガイモなどの畑作が盛んな北海道河東郡士幌町にある『道の駅ピア21しほろ』。2017年(平成29年)4月、国道241号と国道274号の交差点角…

    2019.01.29更新

  • かつて世界一のハッカ製造を誇った北海道北見市に今も残る、レトロなハッカのメモリー『北見ハッカ記念館・薄荷蒸溜館』

    ロータスな旅 > 北海道

    かつて世界一のハッカ製造を誇った北海道北…

    スーッとする清涼感たっぷりで、食品や医薬品など、身近で幅広く活用されているハッカ。多くの人にとっては、英語の『ミント(mint)』の呼び方のほうが馴染みがあるか…

    2019.08.06更新

  • 北海道遺産に選定されたモール温泉にプール感覚で入れるスパ施設と十勝のグルメを楽しめる!『道の駅 ガーデンスパ十勝川温泉』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道遺産に選定されたモール温泉にプール…

    北海道の東部、音更町に位置する十勝川温泉は、世界的にも珍しいモール温泉が湧くことで知られています。モール温泉は、植物が堆積してできた亜炭層を通って汲み上げられる…

    2020.11.12更新

  • 函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…『ティーショップ夕日』。ノスタルジックな建物の中で、日本茶をいただきながら、ゆったりとした時間が過ごせます。

    ロータスな旅 > 北海道

    函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…

    北海道内で札幌、旭川に次いで人口の多い函館市。観光地として人気が高く、『市町村魅力度ランキング』では、毎年のように第1位を獲得しています。長崎港、横浜港と並んで…

    2019.10.10更新

  • 札幌に一番近い道の駅はまるでスウェーデン!北海道イタリアンほか各種のグルメ、スイーツが充実!さらにショッピングも楽しい!『北欧の風 道の駅とうべつ』

    ロータスな旅 > 北海道

    札幌に一番近い道の駅はまるでスウェーデン…

    『北欧の風道の駅とうべつ』は、2017(平成29)年9月に当別町にオープンした、札幌から一番近い道の駅です。スウェーデンのレクサンドとの姉妹都市交流が盛んなこ…

    2018.08.07更新

  • 西洋リンゴや男爵イモの発祥の地である北海道渡島半島南部の七飯(ななえ)町にできた新しい観光拠点。『ガラナソフト』『いももち』などこの地ならではの味が楽しめる!『道の駅 なないろ・ななえ』

    ロータスな旅 > 北海道

    西洋リンゴや男爵イモの発祥の地である北海…

    『道の駅なないろ・ななえ』は、2018年(平成30年)3月、北海道渡島半島南部の七飯(ななえ)町の国道5号線沿いにオープンしました。正面には特産品のリンゴと、…

    2018.12.06更新

< 前のページへ戻る