ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

旧国鉄時代の駅舎などを保存した『相生鉄道公園』のほか、手づくり豆腐や十割そば、『クマヤキ』が人気を呼ぶ『道の駅 あいおい』

2017年5月15日更新

北海道東部オホーツク圏の内陸部に位置する津別町(つべつちょう)。町名はアイヌ語の「トゥペッ」(=「山の出ばなを通っている川」)に由来しています。総面積約716㎢のうち、約86%を国・道有林などの森林が占めており、「緑のふるさと 愛林のまち」を自認しています。
この津別町を通って、釧路と網走を結ぶ国道240号沿いに『道の駅 あいおい』はあります。

あいおい9

この道の駅は、旧国鉄時代に廃止になった相生線北見相生駅跡に設置されており、当時の駅舎・ホーム・鉄道車両が『相生鉄道公園』として保存されています。

あいおい10

あいおい11
中核施設は、地場産品の加工、販売などを行う「あいおい物産館」(津別町相生総合交流ターミナル施設)です。

あいおい7

あいおい6
新鮮な野菜・果物や加工食品、木工クラフト製品等の販売を行っています。地元産大豆を使って昔ながらの製法で手づくりした豆腐・揚げ豆腐・がんもどき・厚揚げ・油揚げや、道産100%そば粉使用の十割そば(乾麺、タレ付き)、変わったところでは保湿効果があると言われている『熊の油』などがオススメ品です。

あいおい1

あいおい8
物産館内の飲食コーナー『そば処あいおい』では、手打ちの十割そばが人気です。そばの風味が濃い田舎そばで、食べ応えは十分。

あいおい12
そして、もう一つ、人気の食べ物が『クマヤキ』。「たい焼き風」のお菓子ですが、かわいいクマの形をしており、この道の駅のオリジナル商品(商標登録もされています)。皮には道産小麦粉・豆乳など、餡には地元産小豆が使用されています。『ヒグマ』(中身は粒餡、豆乳クリームの2種類)と『シロクマ』(タピオカ入りの白い皮で中身は粒餡)は餡と生クリームが中にはいった『生クマ』が販売されています。価格も150円と、お手頃です。

あいおい14

あいおい4

あいおい3
ところで、この道の駅の特徴は、前述したように旧国鉄時代駅舎・ホーム・鉄道車両はある『相生鉄道公園』が一緒になっていることです。駅舎が資料などの展示館になっているほか、2016年7月に『駅舎カフェくるみの森』がオープン。コーヒーなどの飲み物と、スコーン、ブラウニーなどを提供しています。さらに、客車の一つは内部を改造して宿泊可能な『駅の宿』(ライダーハウス)になっています!宿泊無料とあってツーリング中のライダーにはうれしい施設です。
話題豊富なこの道の駅、鉄道ファンはもとより多くの観光客に愛される施設となっています。

詳細情報

名称 道の駅 あいおい
住所 北海道網走郡津別町字相生83-1
電話番号 0152-75-9101
定休日 1~4月の毎週火曜日※火曜日が祝日の時は翌日、年末年始
営業時間 物販:[5月~10月]午前9時~午後6時、[11月~4月]午前9時~午後5時、飲食:[5月~10月]午前11時~午後5時、[11月~4月]午前11時~午後3時
アクセス 国道240号
駐車場 115台(普通車94台、大型車8台、身障者用3台)
津別町ホームページ(道の駅ページ) https://www.town.tsubetsu.hokkaido.jp/03shisetsu/60mininoeki/
津別町道の駅 あいおい物産館フェイスブック https://www.facebook.com/%E6%B4%A5%E5%88%A5%E7%94%BA%E9%81%93%E3%81%AE%E9%A7%85-%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%8A%E3%81%84%E7%89%A9%E7%94%A3%E9%A4%A8-854350851360999/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • フォトジェニックなシーンが広がる北海道美瑛。有名スポット『白金青い池』に近い新しい旅の拠点『道の駅びえい「白金ビルケ」』

    ロータスな旅 > 北海道

    フォトジェニックなシーンが広がる北海道美…

    四季折々の美しい自然が訪れる人を魅了する、北海道の美瑛町。青い水面と、立ち枯れのカラマツが幻想的な風景を作り上げている『白金青い池』は、町の観光スポットの一つで…

    2019.01.15更新

  • 北海道らしい絶景と、次々に現れる「難読地名」がドライブを楽しくする『北太平洋シーサイドライン』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道らしい絶景と、次々に現れる「難読地…

    十勝の広尾町と根室市の納沙布岬をつなぐ、全長300km以上におよぶ海岸線の道路『北太平洋シーサイドライン』は、日本百名道の一つとなっています。中でも、厚岸~霧多…

    2016.07.15更新

  • 北海道の中央部に位置する当麻町にある、スポーツ&アウトドアレジャーの集積地。1万点の標本を展示する世界の昆虫館もある!『とうまスポーツランド』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道の中央部に位置する当麻町にある、ス…

    北海道の中央部、旭川市に隣接する当麻町。標高292mの当麻山を中心に豊かな自然に恵まれた町です。当麻山の麓に広がっているのが、『とうまスポーツランド』。総合グラ…

    2019.06.11更新

  • 白樺のような姿をした北海道銘菓『三方六(さんぽうろく)』ができるところを見学し、ここでしか買えないお買い得品をゲットできる『柳月(りゅうげつ)スイートピア・ガーデン』

    ロータスな旅 > 北海道

    白樺のような姿をした北海道銘菓『三方六(…

    白樺の木肌を連想させる北海道銘菓といえば、十勝・帯広を本拠とする柳月(りゅうげつ)の『三方六(さんぽうろく)』です。三方六プレーンは、十勝産100%の小麦粉をは…

    2018.01.31更新

  • 『絵本』による地域づくりと連携しつつ、地産地消のレストランや焼きたてパンコーナーなどが評判!『道の駅 絵本の里けんぶち』

    ロータスな旅 > 北海道

    『絵本』による地域づくりと連携しつつ、地…

    北海道剣淵町は旭川市から国道40号線を北に向かって約50㎞のところにあります。人口約3,300人の農業を中心とした町ですが、1989年(平成元年)に世界各国から…

    2017.07.11更新

  • 西洋リンゴや男爵イモの発祥の地である北海道渡島半島南部の七飯(ななえ)町にできた新しい観光拠点。『ガラナソフト』『いももち』などこの地ならではの味が楽しめる!『道の駅 なないろ・ななえ』

    ロータスな旅 > 北海道

    西洋リンゴや男爵イモの発祥の地である北海…

    『道の駅なないろ・ななえ』は、2018年(平成30年)3月、北海道渡島半島南部の七飯(ななえ)町の国道5号線沿いにオープンしました。正面には特産品のリンゴと、…

    2018.12.06更新

< 前のページへ戻る