ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

北海道らしい絶景と、次々に現れる「難読地名」がドライブを楽しくする『北太平洋シーサイドライン』

2016年9月30日更新

十勝の広尾町と根室市の納沙布岬をつなぐ、全長300km以上におよぶ海岸線の道路『北太平洋シーサイドライン』は、日本百名道の一つとなっています。中でも、厚岸~霧多布~初田牛~落石をへて根室に向かう123号と142号の区間で、広々とした砂浜や、雄大なカーブを描く美しい海岸線など雄大な風景の中をドライブすることができます。
西に広大な霧多布湿原、東に荒々しい大平洋の海岸線を望む琵琶瀬展望台。アザラシの生息地で霧が多いことでも知られる霧多布岬。根室市街の南に位置し、北海道三大秘岬とも呼ばれる断崖絶壁の落石岬。沖にユルリ島・モユルリ島を見渡し、カモメが群れ飛ぶ静かな佇まいの浜松海岸。さらに根室半島の北側ルートには、広さ約75haの平原に、季節ともなればヒオウギアヤメや、エゾカンゾウ、ネムロタンポポ、キンポウゲ、トウゲブキなど100種類もの花が咲く北方原生花園。そして、日本本土の最東端であり、北海道最古の灯台「納沙布岬灯台」のある納沙布岬。雄大な風景の中を気持ちよくクルマを走らせつつ、こうした名勝地を訪れることができるルートなのです。
また、この一帯にはアイヌ語を由来とするユニークな地名が多く存在し(そうした地名看板もよく見かけるため)、人呼んで「難読地名ロード」とも呼ばれています。ドライブを楽しむ家族や仲間と、そうした地名の読み方を考えるのも旅の一興でしょう。

太平洋

太平洋



290-9064_IMG

霧多布岬

霧多布岬



春のきりたっぷ湿原

春のきりたっぷ湿原



夏の湿原(エゾカンゾウ)

夏の湿原(エゾカンゾウ)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 函館に行くなら、ご当地バーガー日本一の味をテーマパークレストラン「ラッキーピエロ峠下総本店(とうげしたそうほんてん)」で体験しよう!

    ロータスな旅 > 北海道

    函館に行くなら、ご当地バーガー日本一の味…

    「ラッピ」の愛称で、地元のお客様に愛される人気ファストフード店「ラッキーピエロ」。函館市を中心に17店舗を展開しており、日本経済新聞が発行する「日経プラス1」の…

    2016.08.19更新

  • 北海道・旭川を代表する菓子舗『壺屋総本店』が運営する、お菓子と、カフェ、フラワーショップ、クラフトショップ、ガーデンが一体化した幸せ空間!『き花の杜』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道・旭川を代表する菓子舗『壺屋総本店…

    1929(昭和4)年創業の『壺屋総本店』は、旭川を代表する菓子店の一つ。小豆や小麦、米、カボチャアロニアなど北海道産の素材にこだわり、『壺もなか』、『生しょうが…

    2019.09.24更新

  • 玉ねぎ×ホタテの絶妙なハーモニー! 北の大地と海の旨味を堪能できる『オホーツク北見塩やきそば』

    ロータスな旅 > 北海道

    玉ねぎ×ホタテの絶妙なハーモニー! 北の…

    日本の最果て、北海道オホーツク地方にある北見は食の宝庫。豊富な日照量と少ない降水量という恵まれた気候風土の中で太陽の恵みをいっぱいに浴びた北見のタマネギは日本一…

    2016.11.28更新

  • 帯広のご当地グルメといえば『豚丼』! 200店を超えるお店の中から、オススメしたいのは『ぶた丼のとん田』

    ロータスな旅 > 北海道

    帯広のご当地グルメといえば『豚丼』! 2…

    北海道帯広市は十勝地方のほぼ中央に位置し、約6割を占める中央部・北東部の平地は、その約半分が農地で、全国でも有数の大規模経営の畑作・酪農地帯になっています。この…

    2017.08.29更新

  • 十勝平野の産物を買って、食べて、大満足!「道の駅なかさつない」

    ロータスな旅 > 北海道

    十勝平野の産物を買って、食べて、大満足!…

    北海道の十勝平野に位置する中札内村(なかさつないむら)は、豆類や小麦、ジャガイモ、鶏卵など、農畜産物が豊富な村です。「道の駅なかさつない」は、そんな村の魅力が詰…

    2023.03.28更新

  • ハセガワストアのやきとり弁当

    ロータスな旅 > 北海道

    ハセガワストアのやきとり弁当

    一般的に「やきとり」は、その名のとおり、鶏肉を焼いたもの。しかし、函館をはじめとする北海道の道南地区では、豚肉を串に刺したものを「やきとり」と呼ぶ場合が多いの…

    2015.10.16更新

< 前のページへ戻る