ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…『ティーショップ夕日』。ノスタルジックな建物の中で、日本茶をいただきながら、ゆったりとした時間が過ごせます。

2019年10月10日更新

北海道内で札幌、旭川に次いで人口の多い函館市。観光地として人気が高く、『市町村魅力度ランキング』では、毎年のように第1位を獲得しています。長崎港、横浜港と並んで、函館港は明治以前から海外に開かれ、外国文化の影響を受けていたため、市内には異国情緒あふれる歴史的建造物が多数残されています。

『旧函館検疫所台町措置場』は、明治18年(1885年)に作られた建物。函館港をはじめ、国内6ヵ所の港に設けられた検疫所の事務所として使われていました。役割を終えた後は長く廃屋のようになっていましたが、2006(平成18)年に、コーヒーなどを提供する『ティーショップ夕日』へと再生。さらに、2014(平成26)年には、日本茶専門のカフェに生まれ変わりました。ロケーションは、外国人墓地からほど近い場所。『ティーショップ夕日』の建物はどことなく懐かしさを宿したシンプルな木造平屋の洋館で、ピンク色の彩色がフォトジェニックです。木の温かみを感じさせる店内には、オルゴールや蓄音機、オルガンなどのアンティーク品が置かれ、BGMもオルゴールが流れています。日本茶の香りを楽しむため、店内は禁煙です。



メニューは、日本茶と甘味です。煎茶は霧島茶(鹿児島)、朝宮茶(滋賀)、伊勢茶(三重)等、6種類から選ぶことができ、いずれも季節の和菓子が付いて600円。玉露、抹茶(各1000円)や、ほうじ茶、玄米茶(各600円)もあります。それぞれの特徴が丁寧に紹介されており、お茶に詳しくなくても大丈夫。メニューをじっくり読みこんで、その日の気分も加味して選んでみるとよいかも知れません。

日本茶を注文すると、急須とポットが提供され、2杯目からは自分で入れます。一人なら、自分のペースでお茶を入れて飲んで、『ティーショップ夕日』に満ちる癒しのひとときを過ごすことができます。家族や友人との訪問であれば、お茶ははずむ会話の友になってくれるでしょう。



北海道産米100%の『おだんご(みたらし&あんこ)』(700円)や、北海道産小豆を使った『おしるこ』(800円)には、ほうじ茶1杯と漬物がセットになっています。

夕日や海が見られる、海側のテーブル席が人気あり、満席になることもしばしば。時間があれば別の席を利用しながら、空くのを待つこともできるようです(お店の人が順番に誘導してくれます)。



きれいな夕陽を求めて夕方に訪れるもよし、混み合う夕方を避けて早い時間に訪れるもよし。どちらにしても時間にゆとりを持って出かけることをお勧めします。

詳細情報

名称 ティーショップ夕日
住所 北海道函館市船見町25-18
電話 0138-85-8824
営業時間 午前10時~日没
定休日 木曜日、第2・3水曜日、冬期(12月上旬~3月中旬)
アクセス JR函館駅から車で13分
駐車場 8台
facebook https://www.facebook.com/teashopyuhi/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 西洋リンゴや男爵イモの発祥の地である北海道渡島半島南部の七飯(ななえ)町にできた新しい観光拠点。『ガラナソフト』『いももち』などこの地ならではの味が楽しめる!『道の駅 なないろ・ななえ』

    ロータスな旅 > 北海道

    西洋リンゴや男爵イモの発祥の地である北海…

    『道の駅なないろ・ななえ』は、2018年(平成30年)3月、北海道渡島半島南部の七飯(ななえ)町の国道5号線沿いにオープンしました。正面には特産品のリンゴと、…

    2018.12.06更新

  • 北海道の中央部に位置する当麻町にある、スポーツ&アウトドアレジャーの集積地。1万点の標本を展示する世界の昆虫館もある!『とうまスポーツランド』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道の中央部に位置する当麻町にある、ス…

    北海道の中央部、旭川市に隣接する当麻町。標高292mの当麻山を中心に豊かな自然に恵まれた町です。当麻山の麓に広がっているのが、『とうまスポーツランド』。総合グラ…

    2019.06.11更新

  • オホーツク圏の遠軽町にある、世界約40か国から集めた1万点の木のおもちゃを展示するミュージアム『木のおもちゃワールド館 ちゃちゃワールド』

    ロータスな旅 > 北海道

    オホーツク圏の遠軽町にある、世界約40か…

    北海道の北東部、オホーツク圏のほぼ中央に位置する遠軽町。面積の約90%を占める森林と、オホーツク海につながる清流『湧別川』を中心に、豊かな自然の景観が広がる町で…

    2020.01.23更新

  • 女満別空港から世界遺産『知床』へ向かうルートに立地する、宿泊施設を備えた新しい道の駅。北海道グルメも味わえます!『道の駅 ノンキーランド ひがしもこと』

    ロータスな旅 > 北海道

    女満別空港から世界遺産『知床』へ向かうル…

    世界自然遺産、知床に向かう国道334号沿いに、2017(平成29)年9月にオープン。1階にレストランや売店、2階に宿泊施設が備えられています。ちなみに、ノンキー…

    2019.01.15更新

  • 北海道をドライブするならぜひ立ち寄りたい!長万部(おしゃまんべ)名物の『かなやのかにめし』が食べられる『ドライブインかなや』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道をドライブするならぜひ立ち寄りたい…

    北海道は、魚介類や農産物が豊富な“食の宝庫”。それらの素材を使って作り続けられている、人気加工食品もたくさんあります。旅のお供として知られているのが、駅弁『か…

    2020.06.09更新

  • 網走の天都山(てんとざん)に位置し、市民ボランティアの手により管理されるフラワーガーデン「はな・てんと」

    ロータスな旅 > 北海道

    網走の天都山(てんとざん)に位置し、市民…

    北海道網走市の南西にある、標高207メートルの天都山(てんとざん)。山頂にはオホーツク流氷館・天都山展望台があり、オホーツク海や網走湖などを一望することができま…

    2022.07.07更新

< 前のページへ戻る