ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

北海道をドライブするならぜひ立ち寄りたい!長万部(おしゃまんべ)名物の『かなやのかにめし』が食べられる『ドライブインかなや』

2020年6月9日更新

北海道は、魚介類や農産物が豊富な“食の宝庫”。それらの素材を使って作り続けられている、人気加工食品もたくさんあります。

旅のお供として知られているのが、駅弁『かにめし』。白飯にカニのほぐし身を敷き詰め、酢漬けのカニ身、味付椎茸などをトッピングした地域ならではの弁当です。道内では、稚内駅の『最北かにめし』、根室駅の『花咲かにめし』、網走駅の『かにめし』など、多くの地でそれぞれに味わいのある名物弁当となっています。



中でも有名なの、長万部(おしゃまんべ)駅の『かなやのかにめし』です。1928(昭和3)年創業の『かにめし本舗かなや』が手掛け、長年にわたりホームや車内で販売していましたが、2019(平成30)年2月末に惜しまれつつ、駅での営業を終了しました。

ほぐし身撹拌作業



駅弁盛付



残念ながら、鉄道の旅では食べられなくなった『かなやのかにめし』。しかし、ドライブを楽しむ人であれば、今も味わうことができます。



『ドライブインかなや』は、『かにめし本舗かなや』の直営店。北海道をドライブする旅行客の休憩と食事の場所として、昭和47(1972)年にオープン。ここでは、今も創業以来変わらぬ『かなやのかにめし』を提供しています。



『かなやのかにめし』は、50種類以上の試作を重ねて、1950(昭和25)年に発売。以来、カニの身とタケノコをじっくり炒って、香ばしさを引き出すという独自の製法を守り続けています。軟らかいカニの身と、歯応えのあるタケノコとで、異なる食感を楽しめるのが魅力。付け合わせの佃煮も自社製です。食堂で提供される重箱入りの『かなやのかにめし』は、佃煮・漬物・味噌汁が付いて1200円(税込、以下飲食メニューは同様)。大盛りは1690円です。

大盛かにめし



自家製佃煮おしゃまんべ物語



もし、駅弁スタイルをどうしても食べたいという方は、食堂カウンターで折詰(駅弁)の『かなやのかにめし』(を販売しているので、そちらを購入して食べることもできます。



食堂ではその他、海鮮類がたっぷり入った塩味のあんかけご飯『かなや飯』(900円)、『特製しゅうまい(カニ・エビ・ホタテ)』(650円)、『かに炒飯』(850円)などのメニューも揃えています。

お土産コーナーには、弁当タイプの冷凍食品、『かなやのかにめし 冷凍版』(850円、税別)もあります。出来立てを急速冷凍した後、真空パックにしているので、電子レンジで加熱するだけでおいしく食べられます。

かなやのかにめし(冷凍版)1食



かなやのかにめし(冷凍版)4食



開業から現在に至るまで、北海道の大地をクルマで移動する多くのドライバーに支持されている『ドライブインかなや』。どこか懐かしい佇まいとともに、歴史ある『かにめし』をゆっくり味わってください。

詳細情報

名称 かにめし本舗かなや直営 ドライブインかなや
住所 北海道山越郡長万部町字平里12-7
電話 01377-2-3255
営業時間 午前10時30分~午後4時(ラストオーダー午後3時30分)
休日 不定休
駐車場 30台
アクセス 道央自動車道長万部ICから約5分
ホームページ https://driveinkanaya.gorp.jp/http://www.e-kanaya.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 旧国鉄時代の駅舎などを保存した『相生鉄道公園』のほか、手づくり豆腐や十割そば、『クマヤキ』が人気を呼ぶ『道の駅 あいおい』

    ロータスな旅 > 北海道

    旧国鉄時代の駅舎などを保存した『相生鉄道…

    北海道東部オホーツク圏の内陸部に位置する津別町(つべつちょう)。町名はアイヌ語の「トゥペッ」(=「山の出ばなを通っている川」)に由来しています。総面積約716㎢…

    2017.05.15更新

  • 函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…『ティーショップ夕日』。ノスタルジックな建物の中で、日本茶をいただきながら、ゆったりとした時間が過ごせます。

    ロータスな旅 > 北海道

    函館を旅したら訪れたい、海の見えるカフェ…

    北海道内で札幌、旭川に次いで人口の多い函館市。観光地として人気が高く、『市町村魅力度ランキング』では、毎年のように第1位を獲得しています。長崎港、横浜港と並んで…

    2019.10.10更新

  • 歴史的な名作椅子のギャラリーもある!築100年の赤レンガ倉庫群をリニューアルした、旭川の文化・商業施設『蔵囲夢(くらいむ)』

    ロータスな旅 > 北海道

    歴史的な名作椅子のギャラリーもある!築1…

    北海道中央部の上川盆地に広がり、北海道第二となる人口約34万人を有する旭川市。その玄関口・JR旭川駅に近い場所に、百年の歴史を刻むレンガ造りの倉庫群があります。…

    2017.12.12更新

  • 北の都・札幌に生まれた、クリエイターや職人たちの夢の場所、『space 1-15(スペースイチイチゴ)』

    ロータスな旅 > 北海道

    北の都・札幌に生まれた、クリエイターや職…

    北の都・札幌に『space1-15(スペースイチイチゴ)』という注目のビルがあります。どこの街でも見かけるような普通のマンションですが、この築30年は経ってい…

    2016.12.27更新

  • 小樽のシンボル的なスイーツの名店。大ヒット商品「ドゥーブルフロマージュ」以外にも絶品スイーツがいろいろ!『小樽洋菓子舗ルタオ(LeTAO)本店』

    ロータスな旅 > 北海道

    小樽のシンボル的なスイーツの名店。大ヒッ…

    何を食べてもおいしく、『食の宝庫』と呼ばれている北海道。地元産の牛乳やチーズなどを使ったスイーツも人気が高く、道内には数多くの名店があります。その中の一つが、『…

    2019.06.11更新

  • 北海道北斗市で漁協が直営するイートイン型施設。濃厚な味わいが特徴の『峩朗(がろう)かき』ほか、新鮮な貝類を鉄板で蒸し焼きにして食べる!『貝鮮焼 北斗フィッシャリー』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道北斗市で漁協が直営するイートイン型…

    函館近郊の北斗市、木古内町、知内町を管内とする上磯郡漁業協同組合。函館湾に面して建つ、同漁協の上磯支所に併設されているのが、イートイン型の直売施設『貝鮮焼北斗…

    2019.05.15更新

< 前のページへ戻る