ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

オホーツク圏の遠軽町にある、世界約40か国から集めた1万点の木のおもちゃを展示するミュージアム『木のおもちゃワールド館 ちゃちゃワールド』

2020年1月23日更新

北海道の北東部、オホーツク圏のほぼ中央に位置する遠軽町。面積の約90%を占める森林と、オホーツク海につながる清流『湧別川』を中心に、豊かな自然の景観が広がる町です。1000万本もの花々が咲き誇る『コスモス園』や、オートキャンプ場を備えた『森林公園 いこいの森』など、心安らぐひとときを過ごせるスポットも整備されています。

『木のおもちゃワールド館 ちゃちゃワールド』は、1998(平成10)年にオープンしたおもちゃのミュージアム。世界約40か国から集めた、からくりおもちゃやあやつりおもちゃ、くるみ割り人形など、1万点にのぼる木のおもちゃを展示・収蔵しています。見るだけではなく、実際におもちゃで遊んだり、作ったりできるコーナーが設けられているのが魅力です。



『カプラコーナー』には、フランス生まれの木製ブロックが約3万枚も用意されています。工夫次第で、建物や動物など様々なものを作り上げることができるので、自由な発想で楽しみましょう。



『あそびのひろば』では、滑り台やボールプール、三輪車や木馬などの乗り物、ままごとセットなども用意されたハウスなどで遊べます。もちろん、すべて木製。遊びながら、木の温もりや、手触りの良さを感じられるでしょう。





『木工房ゼペット』では、木を使ったおもちゃ作りが体験できます。動物の形をしたペン入れや小物入れなどを作る『体験キットコース』と、自由に作る『オリジナルコース』があります(いずれも有料)。係の人が丁寧に教えてくれるので、工具の扱いに不慣れな方も安心です。工房が使えるのは、午前10時~12時と午後1時~5時。1年を通して月曜・木曜は休みです。



ミュージアムショップには、国内外の木製おもちゃや、ゲームなどが並んでいます。子どもたちへのプレゼントとしても、またオホーツクを旅した思い出の一品としても打ってつけです。

くるみ割り人形



その他、併設の『コロポックル影絵美術館』も必見です。影絵の巨匠、藤城清治氏の作品30点が展示されていて見応えがあります。2年の歳月をかけて作り上げた、高さ9メートル、幅18メートル、世界最大級の影絵壁画『光彩陸離(こうさいりくり)』は、美しく、迫力満点です。

詳細情報

名称 木のおもちゃワールド館 ちゃちゃワールド
住所 北海道紋別郡遠軽町生田原143-4
電話 0158-49-4022
開館時間 4月~10月:午前9時30分~午後6時、11月~3月:午前10時~午後5時
休館日 11月~3月は月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日~1月1日
入館料 中学生以上:600円、小学生:300円
アクセス 旭川紋別道遠軽瀬戸瀬ICから約20分
駐車場 150台(無料)
ホームページ http://cha2world.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 戊辰戦争の歴史を刻む、北海道で唯一の日本式城郭「松前城」

    ロータスな旅 > 北海道

    戊辰戦争の歴史を刻む、北海道で唯一の日本…

    北海道で唯一の日本式城郭「松前城」(松前福山城あるいは福山城とも呼ばれる)。2006(平成18)年には、文化財としての重要性や歴史的観点など、さまざまな選考基準…

    2021.04.28更新

  • 旧国鉄時代の駅舎などを保存した『相生鉄道公園』のほか、手づくり豆腐や十割そば、『クマヤキ』が人気を呼ぶ『道の駅 あいおい』

    ロータスな旅 > 北海道

    旧国鉄時代の駅舎などを保存した『相生鉄道…

    北海道東部オホーツク圏の内陸部に位置する津別町(つべつちょう)。町名はアイヌ語の「トゥペッ」(=「山の出ばなを通っている川」)に由来しています。総面積約716㎢…

    2017.05.15更新

  • 北海道民ならば一度は食べたことがあるという、旭川発なつかしのソウルフード『ビタミンカステーラ』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道民ならば一度は食べたことがあるとい…

    旭川にとどまらず、「道民ならば一度は食べたことがある」というソウルフードが『ビタミンカステーラ』です。北海道各地で販売されているのですが、製造元は旭川の高橋製菓…

    2018.06.26更新

  • 名物の「パンロール」をはじめ“練りもの三昧”を楽しむ小樽の「かま栄 かまぼこプラザ 工場直売店」

    ロータスな旅 > 北海道

    名物の「パンロール」をはじめ“練りもの三…

    1905(明治38)年創業の「かま栄」は、北海道小樽市に本社を構えるかまぼこ専門店。道内各地に出店していて、多くの道民に商品が親しまれている一方、観光客にはお土…

    2023.05.11更新

  • 深さ-8.1mのフロア「海底階」の観察窓からオホーツク海の中を覗ける!紋別港の東端、海に突き出した防波堤の先にある、世界初の氷海展望塔『オホーツクタワー』

    ロータスな旅 > 北海道

    深さ-8.1mのフロア「海底階」の観察窓…

    北半球における凍る海の南限、オホーツク海。オホーツク海の北海道沿は、冬期に流氷で覆われますが、この風景はかなりレアなものといえるでしょう。そのオホーツク海沿岸…

    2018.06.12更新

  • 網走の天都山(てんとざん)に位置し、市民ボランティアの手により管理されるフラワーガーデン「はな・てんと」

    ロータスな旅 > 北海道

    網走の天都山(てんとざん)に位置し、市民…

    北海道網走市の南西にある、標高207メートルの天都山(てんとざん)。山頂にはオホーツク流氷館・天都山展望台があり、オホーツク海や網走湖などを一望することができま…

    2022.07.07更新

< 前のページへ戻る