ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)

松陰神社

2016年1月29日更新

吉田松陰は、幕末に活躍した長州藩の思想家・教育者として有名です。松下村塾を主宰し、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋ら多くの門人を育てましたが、安政の大獄により30歳の若さで刑死しました。
松陰神社は吉田松陰を祀った神社で、1890(明治23)年に松下村塾出身者などが松下村塾の改修を行った際に松陰の霊を祀る土蔵造りのほこらを建立したのが始まりです。その後、門人の伊藤博文などが中心となり、神社を公のものにしようという運動を起こし、1907(明治40)年に神社創設が許可されました。現在の社殿は、1955(昭和30)年に建てられたものです。このとき、旧社殿を新社殿の北に移築し、松陰の門下生・塾生を祭神とする末社・松門神社が建立されました。学問の神として信仰が厚く、多くの参拝客を集めています。
境内には松陰が主宰した松下村塾や杉家旧宅などもあります。その他、『吉田松陰歴史館』では、松陰の生涯を20シーン70余体の蝋人形で再現しています。また、2009(平成21)年に『松陰神社宝物殿 至誠館』が開館。松陰の遺墨や遺品類などを展示しています。

松陰神社本殿

松陰神社本殿



松下村塾全景

松下村塾全景



吉田松陰が幽囚の身となっていた、実家の杉家旧宅

吉田松陰が幽囚の身となっていた、実家の杉家旧宅



吉田松陰歴史館(展示)

吉田松陰歴史館(展示)



松陰神社宝物殿 至誠館 展示室

松陰神社宝物殿 至誠館 展示室


詳細情報

名称 松陰神社
住所 山口県萩市椿東1537
小郡萩道路絵堂ICから国道490号、県道32号、国道262号経由で20分、駐車場あり
電話番号 0838-22-4643
時間 境内自由
休み 年中無休
料金 境内自由
ホームページ http://www.shoin-jinja.jp/
名称 吉田松陰歴史館
電話番号 0838-26-9116
営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 年中無休
入館料 大人500円、中高生250円、小学生100円
名称 松陰神社宝物殿 至誠館
電話番号 0838-24-1027
営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 年中無休
入館料 大人500円、中高生250円、小学生100円

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 動物とのふれあいや乗馬、農産物の収穫などの農業体験、そして広大な敷地内でのアウトドア体験が楽しめる『おかやまファーマーズ・マーケット ノースヴィレッジ』

    ロータスな旅 > 中国

    動物とのふれあいや乗馬、農産物の収穫など…

    岡山県の北部に位置する勝央町にある『おかやまファーマーズ・マーケットノースヴィレッジ』。農業をテーマにした交流体験型の農業公園として、1997(平成9)年4月…

    2020.10.29更新

  • 熱々の瓦の上で焼き上げられら茶そばと数種の具材を出汁のきいたつゆでいただく『元祖瓦そばたかせ 川棚本館』

    ロータスな旅 > 中国

    熱々の瓦の上で焼き上げられら茶そばと数種…

    『瓦そば(かわらそば)』は、山口県下関市豊浦町の郷土料理です。現在では山口県下に普及していますが、ことのきっかけは、豊浦町川棚温泉にある食事処『元祖瓦そばたかせ…

    2017.07.11更新

  • 吹屋ふるさと村

    ロータスな旅 > 中国

    吹屋ふるさと村

    標高550mの山間にある吹屋(ふきや)地区には、赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観で統一された、見事な町並みが約300mに渡って続いています。ここでは、江戸時代か…

    2015.10.16更新

  • 長い歴史を持つ日本最大級の木造校舎を観光施設にリニューアルした「萩・明倫学舎」

    ロータスな旅 > 中国

    長い歴史を持つ日本最大級の木造校舎を観光…

    山口県萩市は、明治維新に関わる多くの人物を輩出しました。1719(享保4)年に創設された「萩藩校明倫館」では、幕末期に吉田松陰が教え、高杉晋作や桂小五郎が学んだ…

    2022.09.08更新

  • 日本最古の湯の一つとして清少納言の『枕草子』にも記述され、1300年を経た現在も“美肌の湯”の頂点に立つ『玉造温泉』

    ロータスな旅 > 中国

    日本最古の湯の一つとして清少納言の『枕草…

    奈良時代に開湯し、日本最古の湯の一つと言われる『玉造温泉』。この地で産出するメノウを使って勾玉が作られていたことが、その名の由来です。日本神話の神・櫛明玉命(く…

    2019.04.23更新

  • 和の甘味を代表する『ぜんざい』を発祥の地・出雲でいただくなら、地元素材にこだわった『出雲ぜんざい餅』

    ロータスな旅 > 中国

    和の甘味を代表する『ぜんざい』を発祥の地…

    小豆を砂糖で甘く煮て、餅や白玉団子、あるいは栗の甘露煮などを入れた『ぜんざい』。和の甘味の代表格ともいえる存在です。この『ぜんざい』、実は出雲大社で知られる出…

    2017.12.26更新

< 前のページへ戻る