ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)

10分の1サイズの戦艦『大和』を展示。『回天』や特攻乗組員の遺書など「平和学習の場」としても学びが多い『呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)』

2017年9月26日更新

広島県呉市は、歴史の中に“造船のまち”として記憶されています。戦前は、日本一の海軍工廠のまちとして、戦艦『大和』を建造。戦後は、世界最大のタンカーを数多く建造し、世界一の造船国へ発展した昭和期の日本を支えました。
『呉市海事歴史科学館』は、造船や鉄鋼などの産業と、軍港の街として発展した明治期以降の呉市の歴史・文化を未来に伝える博物館です。別名『大和ミュージアム』と呼ばれ、正式名称よりもこちらで知る人の方が多いようです。

大和ミュージアム 提供:大和ミュージアム

大和ミュージアム 提供:大和ミュージアム



大型資料展示室 提供:大和ミュージアム

大型資料展示室 提供:大和ミュージアム



零式艦上戦闘機62型 提供:大和ミュージアム

零式艦上戦闘機62型 提供:大和ミュージアム



多くの観光客を集める目玉展示は、10分の1サイズの戦艦『大和』です。全長26.3メートル、全幅3.89メートル。10分の1とは言え、その姿はかなりの迫力です。この10分の1サイズの戦艦『大和』は、残されていた設計図や写真、潜水調査水中映像などをもとに、可能な限り詳細に再現したものだそうです。戦艦『大和』については、その誕生から最後までの記録、技術的な解説、あるいは最後の沖縄特攻の際の乗組員の遺書や家族への手紙などの資料も展示されています。(「平和学習の場」として、戦没者の遺品などの歴史的資料が展示されているのです)

10分の1戦艦「大和」 提供:大和ミュージアム

10分の1戦艦「大和」 提供:大和ミュージアム



また、呉の歴史を解説する展示コーナーでは、1889(明治22)年の呉鎮守府に端を発する海軍工廠としての発展と、太平洋戦争に中での呉の位置付け、そして戦後の平和産業港湾都市としての再出発と発展などが語られています。

呉の歴史展示室 提供:大和ミュージアム

呉の歴史展示室 提供:大和ミュージアム



その他、1階の大型資料展示室には、九三式魚雷・二式魚雷、特攻兵器として知られる『回天』十型(試作型)、特殊潜航艇『海龍』、零式艦上戦闘機六二型、各種砲弾などが淡々と展示されています。
また、実物の潜水調査船である『しんかい』の屋外展示など、戦後の海事史についての展示物も充実しています。

人間魚雷「回天」 提供:大和ミュージアム

人間魚雷「回天」 提供:大和ミュージアム



特殊潜航艇「海龍」 提供:大和ミュージアム

特殊潜航艇「海龍」 提供:大和ミュージアム



2階は吹き抜けの空間で、10分の1サイズの戦艦『大和』を見下ろせるようになっています。

10分の1戦艦「大和」 提供:大和ミュージアム

10分の1戦艦「大和」 提供:大和ミュージアム



3階の展示は、『船をつくる技術』をメインテーマにしています。操船シミュレーターのほか、船をつくる技術につながる科学的な原理を試すことのできる体験型装置、波の性質を学べる実験水槽があり、科学の不思議を体験するサイエンスショーや工作教室で楽しむこともできます(開催日程はホームページなどを確認のこと)。
さらに、『未来へ』のコーナーでは、地球深部探査船『ちきゅう』や小惑星探査機『はやぶさ』の活動の紹介などがされ、地球や宇宙に関する科学技術の今後への期待が描かれています。

船をつくる技術展示室 操船シミュレーター 提供:大和ミュージアム

船をつくる技術展示室 操船シミュレーター 提供:大和ミュージアム



船をつくる技術展示室 ブロックゲーム 提供:大和ミュージアム

船をつくる技術展示室 ブロックゲーム 提供:大和ミュージアム



4階には、『ライブラリー』が設けられており、船に関する書籍や資料を閲覧できるほか、館が収蔵している写真や図面をパソコンで見ることもできます。さらに展望テラスに出れば、呉の港湾を一望できます。

テラス 提供:大和ミュージアム

テラス 提供:大和ミュージアム



そしてもう1ヵ所立ち寄りたいのが、1階にある『ミュージアムショップやまと』です。戦艦『大和』の模型やキャップやTシャツなども人気ですが、大和ミュージアム限定パッケージの『海軍さんのカレー』(854円)も人気だとか。ぜひお試しあれ!

ミュージアムショップ 提供:大和ミュージアム

ミュージアムショップ 提供:大和ミュージアム

詳細情報

名称 呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)
住所 広島県呉市宝町5番20号
電話番号 0823-25-3017
営業時間 午前9時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
定休日 曜日(火曜日が祝日の場合は翌日休館) ※4月29日~5月5日、7月21日~8月31日、12月29日~1月3日は無休
料金(常設展) 一般(大学生以上)500円、高校生300円、小・中学生200円 ※未就学の幼児は無料
※企画展への入場は別途観覧料が必要
アクセス 車:山陽自動車道 広島東JCTから約35分/山陽自動車道 高屋JCTから約55分、電車:JR呉駅から自由通路経由で徒歩約5分、フェリー:呉中央桟橋から徒歩約1分
駐車場 285台(有料、1時間100円)
ホームページ http://yamato-museum.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 時間をかけて修理・復元が続けられている「鳥取城址」

    ロータスな旅 > 中国

    時間をかけて修理・復元が続けられている「…

    戦国時代、羽柴秀吉(豊臣秀吉)が兵糧攻めで攻略したことで知られる鳥取城。「日本(ひのもと)にかくれなき名山」と言われた、標高263mの久松山(きゅうしょうざん)…

    2023.11.14更新

  • 熱々の瓦の上で焼き上げられら茶そばと数種の具材を出汁のきいたつゆでいただく『元祖瓦そばたかせ 川棚本館』

    ロータスな旅 > 中国

    熱々の瓦の上で焼き上げられら茶そばと数種…

    『瓦そば(かわらそば)』は、山口県下関市豊浦町の郷土料理です。現在では山口県下に普及していますが、ことのきっかけは、豊浦町川棚温泉にある食事処『元祖瓦そばたかせ…

    2017.07.11更新

  • 角島大橋

    ロータスな旅 > 中国

    角島大橋

    かつては連絡船によって行き来していた角島(つのしま)と山口県下関市豊北町神田を結び、コバルトブルーの海士ヶ瀬(あまがせ)をまたいで架けられた角島大橋。2000年…

    2016.04.08更新

  • 戦国時代の城の姿を今に残し、「現存する城の中で唯一の正統天守閣」と言われる、国宝『松江城』

    ロータスな旅 > 中国

    戦国時代の城の姿を今に残し、「現存する城…

    島根県松江市は、江戸期には松江藩の城下町として発展し、現在も山陰最大の人口を擁する都市です。島根半島と宍道湖・中海に挟まれた地域に広がり、宍道湖から中海に注ぐ大…

    2017.07.25更新

  • 水中を飛ぶように泳ぐペンギンたち!神秘的なクラゲ!100種類以上のフグの仲間!そして巨大な関門海峡潮流水槽が見せてくれる海の下の世界!まさに海に楽しさ響く水族館、ここにあり!『下関市立しものせき水族館 海響館』

    ロータスな旅 > 中国

    水中を飛ぶように泳ぐペンギンたち!神秘的…

    下関唐戸の関門海峡沿いに、『下関市立しものせき水族館海響館』はあります。旧・下関市立水族館を立て直し、2001年(平成13年)4月1日に開業しました。巨大な鯨…

    2019.02.26更新

  • 宮島観光に欠かせないご当地グルメ『あなごめし』。100年以上も守り続ける元祖の味を堪能する!『あなごめしうえの』

    ロータスな旅 > 中国

    宮島観光に欠かせないご当地グルメ『あなご…

    広島県の観光スポットとして知られる『宮島』。世界遺産『嚴島神社』をはじめとする神社仏閣や、300種類の生き物を展示している『宮島水族館(みやじマリン)』、絶景を…

    2019.07.23更新

< 前のページへ戻る